2017年04月10日

インバウンド


人はなぜ心と体が疲弊すると大阪へ行きたくなるのか。
その疑問と謎を究明するために調査員は現地に飛んだ。

どうも、隊長です。

期間が開きましたね。
調子はむしろ絶好調です。
絶好調すぎて階段から転げ落ちるし(打ち身と擦り傷のみで無事)ってそれは無事とは言わんね。絶好調過ぎて風邪も引く。※どちらも割と好調で油断してるからこそです。

さて、大阪の繁華街と風俗街について少しだけ、、



随分と数は減ってはきたけど道頓堀沿いのメイン通りにはアジア系の人たちで溢れている。それも『朝から真夜中まで』だ。ここは女の子が飲み屋に誘う違法キャッチが多いのだが、外人多すぎて日本人がこの道を避ける傾向があるのでキャッチの人達は大打撃だろうね。
それにしてもこの夥しいアジア系外国人のすくつで真っすぐ俺のところに声を掛けてくるのは何なんでしょうか?

『飲み屋どうです?』

最近は

『NO!』

と答えています。
そうです俺はNOと言える日本人なのです。彼女ら最近トリッキーな動きで声を掛けてくるのでビビります。そして1人が声かけると1歩進むたびに他の女の子から波状攻撃のように声が掛かります。ジェットストリームアタックかよ。

後ろを歩いていた男女二人連れの男の方が熱く語る。

「諦めたらアカンて!もう30近いんやろ?30になってしもたらソープでも働けへんようになってまうで。もっと頑張って稼がーなー!がんばらな、ア、カ、ン!てー!」(売れないお笑い芸人の声で再生希望)

キャッチの女の子に叱咤激励してる店の者なのか寄生してるヒモなのかのどちらかしら。まぁどっちでもいいや、クズオブクズや。
振り向いてみたら

『なんだ、金津なら30になっても22歳のプロフィールで働けるレベルやないか!』

ああやって最終的には飲み屋より、より稼げる風俗へと誘導していくんでしょうね。
やっぱクズオブクズや。

そう言いながらくずおぶくずの俺は今里へ行く。
前の日は信太山へ行った。いやぁ清々しいほどのチン子旅である。

その内容についてはHPの勃起薬レポートでやる予定です。
勃起薬についてはちょっとだけHPのここの上のほうにプチ解説付きで書いてあるよ。
今回はケミカルのお薬です。

今里とか信太山に行くとホッとするのは外国人が居ないからだと思います。
が、女の子が言うにはすでに中国人も今里や飛田にたくさん来店してるようです。調べてやってくるみたい。基本的に日本語のやり取りが出来ればOKな店も多いみたい。景気悪い業界なんでね、ついに日本もここまできたかと複雑な思いです。あーあいつらのせいで日本でやらたと梅毒が流行りだしたんだね、えらいインバウンドやな。。



さて、花粉がひどすぎて眠くてしゃーないです。(眠いのはいつも)
今年から花粉の免疫治療でも始めようかと思う今日この頃です。

また。


意味不明.jpg




posted by 隊長 at 18:47 | Comment(11) | 日記

2017年03月14日

大阪定点観測。


3月です。

春めいた日が続くかと思えば急に冷え込んだりしてまさに三寒四温といった感じですね。皆様におかれましては風邪など召さぬよう、

ソーリーベイベー。誰かさんみたいに、俺に明日見えないから。
ソーリーベイベー。約束なんて、とてもできたもんじゃないんだ、そんな俺を、恨むかね?

それはSIONだ。(唐突ですが)
我ながら渋いトコを突いたな。名曲中の名曲ですよ。若い時にはこの曲の良さがわからんかったね。



春になると大阪へ行きたくなるのだがなぜだ?
捜査員はその謎を解明すべく現地へ急行した。



大阪には定期的に行きます。
一応ネットの仕事には毎回繋げているつもりですが日本経済という側面を見る上で(趣味と実益)結構重要な気がしています。東京の話はたまのテレビでも観てればある程度分かりますのでね。

さて、俺のスーパーガラケーが割れ割れで死にそうだ。どうしよう。。
別にガラケーに熱いこだわりがある訳ではないのですよ。(あるけど)
そりゃね、仕事用はガラケーじゃないとダメです。ぼくの場合は。
プライベート用でのネックはやはり文章作成なのです。

大阪の帰りに近鉄列車の中でHPで今度新しくカテゴリー化する勃起薬レポートを書いていたのですが新地で地雷を踏んで(ああ踏んださ、ちゅどーんと踏んださ)脳みそがアツくなったせいか、勃起薬等々の説明も含めたせいか、じつに五千字になりました。それをPCのメルアドに飛ばして叩き台にするのですがスマホのフリックだと1時間で五千字ってイケるもんかな?そこが気になります。(集中力も含めて)現時点で持ってるけど外付けのキーボードとかは無しですよ、めんどっちいから。パッと開けて、あくまで頭で考えた言葉を有る程度のスピードで打ち込んでいくワープロ的な作業をしたいのです。旅行中に結局1万5千字ぐらい書いてた。
ぼくの作業用ガラケーは元々スライドで一瞬でローマ字打ちのキーボードが出てくるやつなんです。予測変換も古い割には充実しています。短文のツイッターや見るだけのブラウジングなんかは移動中だとタブレットを使っています。
そのタブレットでも電話はできるんですが通話には使いません。タブレットはツイッターの短文を打ち込むのは便利ですがブログとかHPのレポートを書くとなると二の足を踏んじゃうからです。
スマホは便利だけど不便だね。ガラケーは不便だが便利なのです。
で、それがもうヨレヨレですわ。困った困ったこまどり姉妹。
でもまぁそのうち替えざるを得んね。機種が色んなモンに対応してないし。(と言ってから3年経つけど)

さて大阪は今回10ヶ月ぶりになっちゃった。
前回あまりの外国人の多さに嫌気が差しちゃったのと、あとは去年の俺のやる気の無さね。

行ってから気付いたけど10ヶ月ぶりってのにビビったね。
そしたらえらい変化があったの。

外国人激減やね。
沢山居るは居るんだけど外国人が発着する旅行会社のバス停の混雑状況が昨年とは全然違う。
春節のゆり戻しもあるかもしれんけど去年も似たような時期に来てるから状況がやっぱり全然違う。
俺の良く行く飲食店も外国人が減ったせいで結構余裕で入れるようになった。(嬉しい)
ナロンエースが安い薬局があるのでそこへよく行きますがアナウンスはほとんど中国語と韓国語でやっててレジも外国人でなんか俺はまるっきり歓迎されてない感すらしますwその他爆買いな雰囲気もあんまありませんね。ポツポツは見ますが。あっちの観光客は到着するとすぐにアタッシュケースを買い求める様子が印象的です。ぼくはナロンを爆買いします。1回だといやらしいので5回に分けて10個買います。10個買うと地元の薬局と差額が7000円以上出るのです。あら不思議。これだけで交通費が出ちゃうじゃないですか!

中国人は『強力わかもと』を異常に愛しています。(豆知識)
中国人はお好み焼屋の『千房』と豚骨ラーメンの『一蘭』をとてもとても愛しています。(豆)
ぼくはそれを眺めるだけですけどね。

しかしこのまま爆買いとか減っていったら、どう考えても飽和状態なドラッグストアとかどうするんだろうね。ま、いいか店舗作るのにあんま金かからんもんね。


長くなっちゃったね。
『大阪風俗と中国人』の話もしたかったのですがまた今度にします。

でわ股。。





美しき黒い肉体.jpg
全然関係ないけど最近黒人に憧れてしゃーない。




posted by 隊長 at 18:36 | Comment(14) | 日記

2017年02月28日

どくポケモン。。


去年観た映画は結局シンゴジラと君の名は。の2本だけでした。
2本だけだけどどちらも控え目に言って最高でしたね。
たたたたいちょうです。

昨日ブログを書いたのですが最後に保存せずに消えました。
そういう訳で一部内容を変更してお送りいたします。
(それはお前のサジ加減ひとつやんけ)



ぼくの今の年齢、まぁぼくは40代半ばになるんですが40代から先がソープが本当に面白くなる時期なような気がします。21歳からソープ通いを始めた俺はいささか異端というかクレイジーだったのかもしれません。そりゃ21で40代の嬢が出てきたら『ああっ』って思いますよね。それが今ならほぼ誰が出てきてもまず大丈夫だしとにかくソープが楽しい。
とは言え思い出してみれば21の頃ってまだバブルの残り香みたいなものが漂っていてその頃のソープ嬢は若い子も多かったのです、それが今や壊滅状態でその当時若かった嬢たちが今なおベテランストッパー(何の火消しやねん)として登板していると思うと感慨深いものがあります。山本昌さんですら引退したんだからお前らええかげんにしとけ、と思わないでもないですがカモナ高齢社会って事で。(いみふ)



てな事をメモとして年末に書いていたのですが、先日バケモン出てきましてね。若いんですがなんて言うかポケモンで言うところのベトベターみたいな嬢です。そういう訳で上記にあります『誰が出てきてもまず大丈夫』という一節につきましてはお詫びして訂正いたします。ついでに謝罪と賠償もセットで出さんかーい。(ウァァァン


さて、
じつは今年とっても調子が良いです。
なんていうのかな、去年はどうも何らかのスタンド攻撃を受けていたようでしてね(知らんがな)というかここ数年ばかり不調だったのがナンだか今年に入って公私共にモテキ到来☆さらにモテてもそれを次々と袖にしていくストロングスタイルで連戦連勝です。(そこまででもないけど、、)

それはさておき今年はすごくやる気がある。(コレ大事よ)
くだらないアイデアが浮かんでくる。(コレも大事よ)
高価な墓石を立てるより 安くても生きてる方が素晴らしい、みたいな。
(大事MANブラザーーーーーズ)


ていう訳でこいつは春から縁起が良い。
うん、昨日書いたブログは消えたけどね。
ホントに調子良かったらそんなヘマせんよね。

うわははは。

でわまた。。





ベトベター.png
※『どく』の文字は隊長マウスにて直筆。(だからなんやねん)



posted by 隊長 at 19:02 | Comment(14) | 日記

2017年02月10日

ラブホテル。。


『ドンガラガッシャーン』

言葉だけで状況が伝わる秀逸さについて。
そして
『どくどくどくだらだらだら』
ナニが出てるのか大体想像できる。
そりゃおめーに勢いがないだけですかそうですか。



どうも、隊長です。最近やっと肛門に力が入るようになってきました。(誇らしげ

訳あってラブホテル行ったんですよね。
訳は言わないですよ。いつか言うかもしらんけど誰と行ったかは今回は言わないです。
しかもクソクソ近所なんですよね。歩いてでも行けなくは無い距離です。
そんなあらゆる意味で危険な近所のラブホにはじつに18年ぶりに行きました。
すると色んな興味深いものが見えたんですよ。
まず車の少なさにびびった。入り口のまん前にしかみんな車を置かない。
次に部屋の安さである。
平日の夜でしたが、3000円で4時間。
なんだこりゃ。今はスーパー銭湯でも結構高いんですよ。(5千円の部屋もあったよ)
昔は順番待ちしてた待合室が真っ暗で入り口には風俗情報誌が置いてある。そういえば駐車場に男がひとりでエンジン掛けた車でスマホいじってたがあれはデリヘルのドライバーだな、きっと。。なんかスゲーな。

部屋に入って気がついたのだが、昔はあったカラオケが無くなっている。当時はプレイステーション的なゲーム機も置いてあったがそれもなくなっている。サービスを簡略化して安くしてるんでしょうね、または若者のセックス離れ、的なモン?俺昔、延長に延長を重ねて5時間居て15000円払ったことあるけど時代の流れを感じる。

と、まぁ3時間半ぐらいで部屋から出る。
フロントでお金を払うシステムだったのが今は変わってロビーの清算機で支払うようになっていた。先客が清算していた。非常に気まずいけど後ろに並ぶ。えらいくたびれたオッサンと恰幅の良い中年女性だった。ぼくらが清算すると3000円プラス消費税がかかった。なんで消費税かかんのや。。

外へ出るとさっき清算してた、くたびれたおっちゃんと中年女性がいた。
「うわー寒いね」恰幅のよい中年女性
「…」くたびれたおっちゃん
「気を付けて帰ってよー」恰幅のよい中年女性
「…うん」くたびれたおっちゃん

2人は別々の車に乗り込む。

デリヘル嬢とお客やんけ。。
『おい、おっちゃん。今回はハズレ引いたな』
おれは心の中で思った。(お前もおっちゃんやないか)

車に乗り、俺はエンジンをかけた。

「あの人たち別々に帰ったよね?出会い系かな?」
「うーんそうかもね」
車がまた1台入ってくる。
男が2人降りて中へ入っていく。
「な、なんでオトコ2人?ほも?」
「色んな人がいるからね。あはは」

男色には見えないのでどうやら若者2人で別々の部屋に入ってデリヘルを呼ぶようだ。
※憶測です

アツいなアツすぎる。田舎のラブホはアツいぞ。(外は氷点下)

なんか面白かったです。
まぁおれはこの日不発だったんですけどね。(不発かよ)

しかしこんなにお安いなら4時間休憩しに1人で来ても良いかな、と本気で思いましたね。デリヘルはあんなレベルを見せられたらこの地域では呼ばないかもw そうだ、今度エネマグラオナニーしにこのラブホに来ようそうしよう。そう思いついたらこれは女なんぞと来てる場合じゃないですよ実際。(?)





どらえもん2.jpg





でわまた。。



posted by 隊長 at 19:48 | Comment(14) | ウラ話

2017年02月03日

本を読もう。


鬼とは人間の内なるものだ。
福とは人間の外なるものだ。

『そこのお嬢さん、ぼくと一緒にマメ蒔きませんか?」ハァハァ

どうも、隊長です。
ちょうど節分だったので時事ネタ飛ばしてみました。(どこがやねん)



さて、、

今年はなるべくたくさん本を読もうと思う。(エロ本)
漫画とかじゃなく活字のやつだ。(エロ本)
読みかけて読了してない本もたくさんあるしね。(エロ本)
おい、さっきからエロ本エロ本言うとるやつは誰だ。エロ本ちゃうわ。ああそうだよエロ本も読むさ見るさ、眺めるさ、でも今言ってんのはエロ本ちゃうの!
活字。字が活きると書いて活字のやつ!(エロ本)

ああっもう!



さて、、

ぜんぜん求められてないけど自分的に人に読んどくと良いよという本を紹介させてください。



古本.jpg







今回は4冊ほど簡単に。
古い本が多いのでアマゾンなどでお安く買えます。


『うる星やつら』

いきなり漫画ぢゃねーか。それもラムちゃんかよ。
いやいや、高橋 留美子先生は天才ですよ。他の作品も良いけどぼくは断然『うる星やつら』を推すね。アニメじゃなくて漫画で読むのが良いです。アニメは少々ラムちゃんのイメージが強すぎる感じがしますので。まぁラムちゃんは男が成長するのに避けて通れないと思いますけど。どちらにしろこの漫画を読まずして男子がまともな大人になんかなれませんよね。(お前が言うな)

『哭きの竜』

また漫画じゃねーかよ。あンた背中が煤けてるぜ。
説明不要の麻雀漫画の金字塔。

『スローニン』

また漫画。。
吉田 聡先生の作品。
吉田先生は湘南爆走族があまりに有名ですがぼくはスローニンを推します。
わずか4冊完結ですが本当に面白いですよ。
なにげに宮崎パヤオさんもこの作品を絶賛してます。
あのヒゲヅラもたまには見る目あるね。

『迷走王 ボーダー』

狩撫麻礼先生の原作。
うん、漫画っスよ。薄々気付いてるかもしれんけど全部漫画の紹介だよ。
これはオトコの為の漫画だと思います。
ギャンブルで大勝した事がない人は読むと良いかもしれませんね。開眼するかも。
※内容はギャンブル漫画でもないし責任は持たん!



と、いう訳で、読んどいて損は無いとぼくが思う漫画のご紹介でした。
難点はどれも結構古いので漫画喫茶や貸し本では読めないから中古でも買わざるをえないというところですかね。ただぼくはどれも何周も何周も読んでいるので軽く家宝になっています。

でわ股。。




posted by 隊長 at 19:26 | Comment(16) | 日記