2017年02月10日

ラブホテル。。


『ドンガラガッシャーン』

言葉だけで状況が伝わる秀逸さについて。
そして
『どくどくどくだらだらだら』
ナニが出てるのか大体想像できる。
そりゃおめーに勢いがないだけですかそうですか。



どうも、隊長です。最近やっと肛門に力が入るようになってきました。(誇らしげ

訳あってラブホテル行ったんですよね。
訳は言わないですよ。いつか言うかもしらんけど誰と行ったかは今回は言わないです。
しかもクソクソ近所なんですよね。歩いてでも行けなくは無い距離です。
そんなあらゆる意味で危険な近所のラブホにはじつに18年ぶりに行きました。
すると色んな興味深いものが見えたんですよ。
まず車の少なさにびびった。入り口のまん前にしかみんな車を置かない。
次に部屋の安さである。
平日の夜でしたが、3000円で4時間。
なんだこりゃ。今はスーパー銭湯でも結構高いんですよ。(5千円の部屋もあったよ)
昔は順番待ちしてた待合室が真っ暗で入り口には風俗情報誌が置いてある。そういえば駐車場に男がひとりでエンジン掛けた車でスマホいじってたがあれはデリヘルのドライバーだな、きっと。。なんかスゲーな。

部屋に入って気がついたのだが、昔はあったカラオケが無くなっている。当時はプレイステーション的なゲーム機も置いてあったがそれもなくなっている。サービスを簡略化して安くしてるんでしょうね、または若者のセックス離れ、的なモン?俺昔、延長に延長を重ねて5時間居て15000円払ったことあるけど時代の流れを感じる。

と、まぁ3時間半ぐらいで部屋から出る。
フロントでお金を払うシステムだったのが今は変わってロビーの清算機で支払うようになっていた。先客が清算していた。非常に気まずいけど後ろに並ぶ。えらいくたびれたオッサンと恰幅の良い中年女性だった。ぼくらが清算すると3000円プラス消費税がかかった。なんで消費税かかんのや。。

外へ出るとさっき清算してた、くたびれたおっちゃんと中年女性がいた。
「うわー寒いね」恰幅のよい中年女性
「…」くたびれたおっちゃん
「気を付けて帰ってよー」恰幅のよい中年女性
「…うん」くたびれたおっちゃん

2人は別々の車に乗り込む。

デリヘル嬢とお客やんけ。。
『おい、おっちゃん。今回はハズレ引いたな』
おれは心の中で思った。(お前もおっちゃんやないか)

車に乗り、俺はエンジンをかけた。

「あの人たち別々に帰ったよね?出会い系かな?」
「うーんそうかもね」
車がまた1台入ってくる。
男が2人降りて中へ入っていく。
「な、なんでオトコ2人?ほも?」
「色んな人がいるからね。あはは」

男色には見えないのでどうやら若者2人で別々の部屋に入ってデリヘルを呼ぶようだ。
※憶測です

アツいなアツすぎる。田舎のラブホはアツいぞ。(外は氷点下)

なんか面白かったです。
まぁおれはこの日不発だったんですけどね。(不発かよ)

しかしこんなにお安いなら4時間休憩しに1人で来ても良いかな、と本気で思いましたね。デリヘルはあんなレベルを見せられたらこの地域では呼ばないかもw そうだ、今度エネマグラオナニーしにこのラブホに来ようそうしよう。そう思いついたらこれは女なんぞと来てる場合じゃないですよ実際。(?)





どらえもん2.jpg





でわまた。。



posted by 隊長 at 19:48 | Comment(14) | ウラ話

2017年02月03日

本を読もう。


鬼とは人間の内なるものだ。
福とは人間の外なるものだ。

『そこのお嬢さん、ぼくと一緒にマメ蒔きませんか?」ハァハァ

どうも、隊長です。
ちょうど節分だったので時事ネタ飛ばしてみました。(どこがやねん)



さて、、

今年はなるべくたくさん本を読もうと思う。(エロ本)
漫画とかじゃなく活字のやつだ。(エロ本)
読みかけて読了してない本もたくさんあるしね。(エロ本)
おい、さっきからエロ本エロ本言うとるやつは誰だ。エロ本ちゃうわ。ああそうだよエロ本も読むさ見るさ、眺めるさ、でも今言ってんのはエロ本ちゃうの!
活字。字が活きると書いて活字のやつ!(エロ本)

ああっもう!



さて、、

ぜんぜん求められてないけど自分的に人に読んどくと良いよという本を紹介させてください。



古本.jpg







今回は4冊ほど簡単に。
古い本が多いのでアマゾンなどでお安く買えます。


『うる星やつら』

いきなり漫画ぢゃねーか。それもラムちゃんかよ。
いやいや、高橋 留美子先生は天才ですよ。他の作品も良いけどぼくは断然『うる星やつら』を推すね。アニメじゃなくて漫画で読むのが良いです。アニメは少々ラムちゃんのイメージが強すぎる感じがしますので。まぁラムちゃんは男が成長するのに避けて通れないと思いますけど。どちらにしろこの漫画を読まずして男子がまともな大人になんかなれませんよね。(お前が言うな)

『哭きの竜』

また漫画じゃねーかよ。あンた背中が煤けてるぜ。
説明不要の麻雀漫画の金字塔。

『スローニン』

また漫画。。
吉田 聡先生の作品。
吉田先生は湘南爆走族があまりに有名ですがぼくはスローニンを推します。
わずか4冊完結ですが本当に面白いですよ。
なにげに宮崎パヤオさんもこの作品を絶賛してます。
あのヒゲヅラもたまには見る目あるね。

『迷走王 ボーダー』

狩撫麻礼先生の原作。
うん、漫画っスよ。薄々気付いてるかもしれんけど全部漫画の紹介だよ。
これはオトコの為の漫画だと思います。
ギャンブルで大勝した事がない人は読むと良いかもしれませんね。開眼するかも。
※内容はギャンブル漫画でもないし責任は持たん!



と、いう訳で、読んどいて損は無いとぼくが思う漫画のご紹介でした。
難点はどれも結構古いので漫画喫茶や貸し本では読めないから中古でも買わざるをえないというところですかね。ただぼくはどれも何周も何周も読んでいるので軽く家宝になっています。

でわ股。。




posted by 隊長 at 19:26 | Comment(16) | 日記

2017年01月10日

いんちき商売


何じゃかんじゃでやっぱり人生の最高の魅力は博打だと思うんです。ボードレールさんも言うし寺山修司さんも似たような事言ってましたよね。その通りだと思いますよ。シャルル・ボードレールさんは他にも粋でアイロニーなことを言ってくれています。とくに目に付いたのが。

『女と猫は呼ばないときにやってくる』
うーんこの。

とか考えていたら賭博絡みで年明け早々良い儲け話を思いつきました。

まずNPO法人を立ち上げ政府援助を引き出して賭博依存症の救済コールセンターを立ち上げます。(主にパチンコと競馬依存症が対象)
そこにかかってくる電話の中から割とガチで欲にまみれて依存症になってる人をピックアップして、『いやなにね、依存しててもいつも勝てれば良くないですか?』と悪魔の囁きをします。
それで乗っかってきた人に30万ぐらいの高額のいわゆる『必勝法』みたいな商材を売るわけです。そんでウハウハ。(ウハウハじゃねーよ詐欺じゃねーか)
さて詳しい話が聞きたい人は電話をください。500万円ほどで競馬の商材売っても詐欺にはならないアイデアを売ります。(お前は色々とダメだなw)


さて、冗談はさておきます。(ほんまに冗談なんか?)


新成人の方々、おめでとうございます。
なんか分からんけど毎年、成人の日はじつにメデタイと思うのです。
ハタチになったからって何って訳じゃないけどね、酒とかタバコとか、ソープで働けるぐらいで、、
いやなんでもないですよ。。

それはさておきなんつーかね、芸能人がAV出るからってAV女優をセクシー女優とか言ってみたりジャニタレが関係持ってたからって艶系女優とか言ってみたりすんのやめませんか?(マスカキメディアに言ってる)配慮しすぎて逆に訳わかんなくなっちゃってるよ。艶系ってなんだよお前は軽四でもカスタマイズしまくってるアレなのか。(そりゃむしろ艶消しだろ)
まぁいいや、存分に傾かれよ。(どっちやねん)

ん、なんの話だっけ?



そうだ、新成人の方々、心からおめでとうございます!

では股。。




麻生さん.jpg




posted by 隊長 at 18:27 | Comment(10) | 日記

2017年01月01日

幸せってなんだっけ。


訳あって(ノロウイルス)風呂にしばらく入ってなかった。
濡れタオルを温めて身体を拭こうと思った。
チンコをそっと熱めの濡れタオルで包んでみる。
じんわりと温かみが股間に広がる。
あ、
あ、
なんかピンサロに居るみたいな気分になった。

幸せってこういうことなんだと思った。



思わねーよ、この野郎。
謹賀新年だ、こんちくしょー。

どうも、隊長だよ。

ちょっと訳あって(ノロウイルス)年末寝込んでいました。
まぁ理由なんて良いでしょ。治ったんだし。(ノロウイルス)

だから、おれ言ったじゃん、去年の早い時期から「今年はまともに終わる気がしないから早く来年になってほしい」って。おれ見える人だもん。おれに恨まれて不幸にならんかったやつおらんからね。(後半うそだから本気にしないでください)べつにおれが恨んだからその人不幸になったんじゃなくてその人がそういう宿命だっただけだから。(なんかこえーよ)

冗談ですよ(笑顔)
それはともかく人を妬まず恨まないようにしています。
人を呪わば穴2つ、と言いますから。(これは本当なんですよ!)

去年良いことあったっけ?
思いだせんね。。そのぐらい良くない年だった。
良いというか印象深い話はあった。
またしてもオカルトちっくな話なのでへらへら笑いながら聞いてください。

ある修行場に偉い神主的な人がいる。
そこでは月に一度集会が行われ修行場にて護摩焚きを行うとその神主的な人か、教祖的な人に毎回違う神様が降臨するらしい。
いやー聞くも語るもアヤしい話だ。
思わずマユゲがよだれで光るね。
そこでは名前と生年月日だけで占い(というと失礼なの?)ができるらしい。
頼んだ覚えがないがそこにおれの名前あった訳です。



神降臨



おれの名前の書いた紙を神様が指をさす。



神はこう言われた。









GOD2.jpg








『こやつは本当に頑張っておる!』












な、なんというナナメ上の展開!
他の人の名前はのきなみ叱られていたそうだ。

いやいやいや。
うそだろ。

あるとしたら何の神様が降りたんか、だいたい想像できるわ。

あーあかんあかん。神様。お褒めいただき畏れ多いです。
わたくしめ、今年もますます精進したくそうろうちろう。





文末にはなりますが、


明けましておめでとございます。


たいちょうより。(よろちんこー)


また。

posted by 隊長 at 14:55 | Comment(16) | 日記

2016年12月30日

ご挨拶


くれーのげんきなご挨拶!

なんですけど、

管理人急病の為、まともに更新できません。
精子じゃない生死にはかかわりませんのでご心配なく

皆様におかれましては良いお年をお迎えください

たいちょうより
posted by 隊長 at 11:48 | Comment(12) | 日記