2023年01月02日

脳内会議(年頭のご挨拶にかえて)



まずは本年もよろしくお願い申し上げます(´・ω・`)

時系列はぐちゃぐちゃですが昨年11月に行われた脳内会議の模様です。
登場人物は『たいちょ』本人とその師匠の『親方』で話し合われます。

『新年特別企画。たいちょと親方のスペシャル対談』



たいちょ「ぼくもそれなりに仕上がった50歳になりましたのでコロナ禍で3年風俗行かなかったのでそろそろ動き始めたいと思います。」

親方「その前にお前は五十肩だしインポぎみだし全然仕上がってへんで」

JK「ていうかキモい」

たいちょ、親方「だ、誰なの?(´・ω・`)」

たいちょ「なんか変なの入りましたけど無視しましょう。ぼくはですね、せっかく50歳になったんでなんか特別な事したいんですよ。」

親方「じゃ、けつあな確定な!」

たいちょ「やめてください。アナル性感は何度も行きましたし。」

親方「性感やないがな。ニューハーフに掘られるんや。金払って」

たいちょ「以前ニューハーフは最後の砦と言いましたよね。ぼく言いましたよね。あとぼくアナルが生まれつき人より弱いんです。」

親方「やっぱ、けつあな確定な!」

JK「やだ 痛い」

たいちょ、親方「だから誰なんだよお前(´・ω・`)」

JK「初体験は13歳の時、近所の大学生のお兄ちゃん」

たいちょ「ずいぶんとませてますがほっといて話を進めましょう」

親方「じゃあニューハーフを掘るというのはどないだ?」

たいちょ「一旦、けつあなから離れましょうね。ぼくはですね候補がすでにあるんですよ実は。」

親方「言ってみたら良いがな」

1.超高級ソープ
2.ソープで3P

たいちょ「上記のどちらかですです。ズバリ。」

親方「ソープ好っきやな」

たいちょ「親方も好きでしょ。まぁ約3年風俗行って無いしまぁその割には現金が貯まってないような気がしますが忘れられない体験したいです自分」

親方「金が無いのは競馬やり過ぎやんけ。で、お幾ら万円?」

たいちょ「高級ソープが75000円で三輪車プレーが52000円ですね。ちなみにどちらもお時間は120分です」

親方「それ価格設定どないなっとんねん。あああれかゴムの有り無しとかやな」

たいちょ「いいえ、どちらもNN確定です」

親方「分かった分かった。高級ソープは極端に若いんやろ」

たいちょ「さすが、お察しの通り、もっと言うともう一個はBBAと3Pです」

親方「美味しいなぁ」

たいちょ「BBAと3Pと超高級ソープ。悩みますね。」

親方「アンケート取るかい?」

たいちょ「いいえ、そんなん『両方行け』言われるに決まってるじゃないですか」

親方「両方行けよ」

たいちょ「行きません」

親方「お前、けつあな確定な」

たいちょ「マジでけつあな忘れましょう。いやしかしぼくはもう決めましたので次回報告しますね」

JK「両方行けよ、超キモい。ついでに梅毒になれ」

たいちょ、親方「だからお前は誰なんだよ(´・ω・` )クチワルイゾ」



と言うわけで、新年明けましたね。(´・ω・` )アケオメコー 
まぁ嫌な予感しかしない2023年ですが取り合えず良い事だけ考えましょう。『笑う門には福来る』←これは本当です。ただ何しろキナ臭いんですよね。ウクライナ紛争が第三次世界大戦に発展する、と答えた人の割合が欧州ではこれ実に80%を超えています。ちなみに日本では50%の割合です。おそらく識者に聞いたアンケートなんで国民意識は言わずもがな。日本が平和ボケと言われる所以ですね。

外れるに越したことはないですけど(´・ω・` )

タモリさんが徹子の部屋で『2023年は新しい戦前』と言って話題になりました。すでに戦中のような気がしてならんのですが、ぼくとしては戦前と言えば風俗でしょそら。(やっぱりか)いつなんどき何があるか分からないのなら後悔しない生き方をしないとね。てな訳で脳内会議を経て昨年末にソープに行きました。その答え合わせは次回お送りしたいと思っています。


皆さん良い年にしましょう!


パンツ下ろす女子高生.jpg

アーニャ、知ってるー、たいちょうはーおしりがすきー
アーニャ、知ってるー、たいちょうはーおぱいもすきー




posted by 隊長 at 11:27 | Comment(10) | 日記

2022年12月22日

君たちはどう生きるか


「言っとくけどお前は今が人生のピークだからな!」

と、子役がちやほやされているとつい叫んでしまう大人げない50歳の隊長です。
※ただし芦田愛菜さんとまいんちゃんは除く。

そう、そうなのだ。50歳になっちまったんだよお母ちゃん。

あえて三度言おう。50になった。

まぁだいぶ前だけどねー。いやいいいい。プレゼントとかいらない。お金?いやレターパックでお金送れ、は詐欺です。どうしてもと言うなら一口100万円からね(´・ω・` )カモン

それはさておきだ。50になったんだから自由に生きたいと思った。若干親の介護とかもあるけどさ、それはそれよ。人知れずこのブログもver.2.0になったのだ、深めのプライベートな事もぶっちゃけていく方針になります。

あえて2度言おう「50になったんだから自由に生きたい」と思った。そしておそらくぼくに残された時間はそんなに長くはないだろう。べつに余命宣告されたとかの話ではなくてね。健康寿命とかセックス寿命みたいな感覚でね。たとえばソープで2回イケるのもあと僅かだろうと思うのね。そんな感覚でぼくに残された時間は少ないと言えるのだ。なお心も年を取る。そうだね、肌感覚としては35歳を超えたぐらいで急に心が年を取る。疲れは取れないし覚えは悪いし大切な閃きが無くなっていくのをぼくは感じた。そんなこんなでいざ50になると焦った。50にもなると毎日体のどこかは痛いし寒さは堪えるし暑さにも弱いし女の子にも弱いし(?)
おお、このままぼくは再び輝きを取り戻せずに老いていくのか、と。
※昔は輝やいとったんか?とかいう突っ込みをした者は明日イヌのうんこ踏むからな。
ひとり息子も大学生になり成人した。ぼくなりの子育ての責務も終わったように思う。
ナニ?お前結婚してたのかって。
うん。そうだけど。いつの間に?
いや、このサイト開設したときはもう余裕で結婚してたんだ、今や22年目ぐらいやなぁ。いまだにラブラブですよ。(ほんとかよ)て言うか子ども生まれた年にこのサイト開設したんだねーこれが。(意味が分からんがたぶん父親になるのが怖かったのかもしれん)
まぁぼくが既婚者なのは知ってる人は知ってる話でとくに真新しくもないのだけども。

だから逆にね、開設当初はマジで結構バレるのが本当に怖かったのよ(´・ω・` )盛大な暇つぶしのつもりで作って、どうせ誰も見ないだろうと思ってたらあれよあれよという間に知る人ぞ知るマニアサイトとして当時は想像を超えるアクセスを集めるサイトになってしまったからね。これきっかけで並行して文章書いてお金貰う売文的な事もやっててそれなりにお賃金も美味しかったのでそれを捨てるのも惜しかったのもあった。(でも今はやってないよ。ていうか〇〇ショックの度にクライアントが全部潰れていったよ)

ともかく何しろだ。何しろ内容がナニでアレ過ぎるから身内にバレたらタイヘンやで、正味の話。

まぁぼく自身は良いのよ。通りすがりの変態だから。でもそれで子供がいじめられたら可哀そうやん。まぁいじめた奴はぶちころすけどね(はぁと)社会的にも抹殺する方法をぼくは知っているわけだし。(最終奥義ですが)まぁとにかくこの温厚な生き仏なのではないかと噂されるぼくですらそう思うぐらい子どもはかわいい訳ですよ。子育てもじつに楽しかった。意外かもしれんがぼくはどんな家庭よりも家に居る時間が長いトーチャンだったと思うよ。実際子育てはウマ娘なんかの育成ゲームより楽しいと思う。楽し過ぎてなんか超良いヤツなトモダチが一人増えた感覚だった。経済的に自信が無かったので一人っ子になってしまったので余計ぼくがトモダチになってやらないと、と思ったのもあるけど。
でもJKも育成したかったな、とも今では思う。もしその娘が彼氏連れてきたら「どこの馬の骨とも分からんやつに大事な娘をやれるか!」と噛まずに言って大暴れするイベントもやってみたいし。年頃の娘に「きもい!」とかって罵倒されて興奮するイベントもぜひ体験をしたかった。(病んどるのう)

それはさておき子が大学生になった今。もう心配ないのね。いじめられる云々はさておき、もしぼくがこのサイトの管理人だとバレても。『そうだがなにかね?(´・ω・` )オホン』と言えるだろう。それでどんな反応されてもどーって事ない。むしろ『とーちゃんスゲーだろ(´・ω・` )エッヘン』みたいな。(凄くねーよチョー恥ずかしいよ)

とにかく『まーいっかー(´・ω・` )ウンコチンチン』の精神です。では、およめにバレたらどうする?うーん。たぶん見てもぼくが書いたとは信じないんじゃなかろうか。そのぐらいオンとオフではぼくのキャラは違うと思うので。ネットでの『隊長』はあくまで別人格(ある意味本物だけど)なので現実のぼくは基本『女に興味もない面白みのないチンカス』だと思われていると思う。(誰がチンカスじゃボヶい)ぼくは基本滅多に出かけない引きこもりだし『付き合いの悪いヤツ』だと思われているだろう。とくに仕事関係のひとたちには。

気のおけるトモダチ同士では違うけどね。(´・ω・`)

どちらにしろ遊ぶのも一人で行動するのが好きなんで。
仲間と連れ立ってフーゾク行くのもあんまり好きじゃない。

身勝手だけど一つだけ言い訳をさせて貰うと、フーゾク以外の浮気はしてない。これは頑なにしなかった。まぁ明日雷に打たれたような恋をする可能性はゼロじゃないけど、少なくとも金銭の絡まない出会いはしなかった。(ただの自己弁護だけどね)でもネット上の『隊長』はめちゃくちゃモテたんですよ。「会いたい」と言われた数は正直数えきれない。
それでも一度もお誘いには乗らなかった。基本陰キャだってのもあるけどぼくが言うのもアレですが、その行為はじつに不道徳で、不誠実な感じがしてなんかそれだけはおよめさんに悪いと思った。あ、誤解の無いように言っておくと個人的にはフーゾクは立派な浮気だと思っています。(キャバクラもスナックもだ)

ネット上の人でイレギュラーで会った人も居ますがそれは男性のみです、でも行きがかり上とはいえ会ってしまった以上、リアルと繋がってしまった訳でね。そこで何かが終わった気がしてね。そこでぼくの中で一区切り付きました。(7年ぐらい前かしら)

今ではぼくの方から会ってみたい人も居ますね。もし会う運命なら会うのでしょう。
※これも男性のみですね。

と、いう訳で一度死んだ(と思っている)現在のぼくはとても開き直っている。

もはや余生である。されど余生をどう過ごすかは大問題だ。繰り返すがぼくに残された時間はおそらくそれほど永くはない。

取り敢えず、コロナ禍での五十肩の戦いと白内障の手術のイベントがなんとか終わりが見えつつあるので、約3年ぶりに動き出すやわね。

久しぶりに脳内会議は開かれた。

その激論の様子は次回お送りします(´・ω・`)イヤーン



これが今年最後の更新になります。ほとんど更新しなかった今期ですが懲りずに覗いてくれてた方々には心から御礼申し上げます。

最近しみじみ思うのですが、ぼくらは誰が何と言っても幸せを求めて、幸せになるために生きているのだと思います。そしてその幸せの形は人それぞれです。小さな事でいい。子どもに『 人はなぜ生きるのか 』と問われたら『 しあわせになるためだよ 』と答えれば良いのかな、といまさらながら思う今日この頃です。

皆様良いお年をお迎えください。



次号。

たいちょう、嫁に刺される!?

股ね〜

まーいっか号.jpg
幸せの『まーいっか号』たいちょう書

posted by 隊長 at 17:50 | Comment(10) | ウラ話

2022年11月17日

目がー目がー


おかしいおかしいとは思っていたのです。PCの画面が長時間見れなくなった。さらにはテレビの光や店舗の光もあまりにも眩しいというか痛い。階段を降りるのもふらふらする。よって大好きな本を読むのも厳しくて、それどころか夜に運転するのも危ない。なんとか仕事を片付けたら部屋の明かりをピンサロなみに落として静かに音楽などを聴いておりました。

目がやられたのだ。よりによって目がね。知人がマン臭事変で、鼻ではなく目がやられた。と言っていたがそれに似ていると言えるだろう。(ぜんぜん似てねぇよ)

時を同じくして右肩が五十肩になり何をしてても痛い。結局治るのに2年かかった。
と、思ったら今度は左肩が五十肩になった。

おそらくコロナ禍の自粛も関係している。きっとストレスにやられているのだろう。
こうしてぼくの約3年間は体ガタガタで過ごした。
この3年、有名人を含めコロナが無ければ生きていたであろう人たちが沢山死んだ。
それもコロナ死より多いのが自死だ。ぼくは自死を否定しない。だって死ぬ権利は誰にだってあると思うから。でも哀しいしあってほしくないというのも本心だ。だからってぼくに何ができる?絶望の淵に居る人に、なんと声をかけるのだ。そうだね、例えばFXで破産した人が居るとする。投資で作った借金は自己破産出来ないからみんなたいてい電車に飛び込む。『迷惑だからやめろ』とは言えるけど『生きていれば良い事あるよ』なんて言えますか?あなたはその人の代わりにお金を払えますか?少なくともぼくには払えない。

芸能人の人たちはお金はあったはずだ。
希望に溢れていないといけない若い人たちだって自ら死んでしまう。
ぼくはテレビの電源を切る。そこに楽しいことなど無いからだ。

ぼくの目はいよいよおかしくなった。

コロナショックの暴落で米国株に賭けたぼくは儲けて資産は半年で3倍になった。
(元が大したことありませんよ)

でも、だから何だと言うのだ。

目がおかしくてPC長く見れなくて本も読めない、肩は痛いし、流行り病で風俗も行けない。
書くのが趣味だったブログの更新もできない。欲しいものもとくに無い。

はたしてそんな俺に存在価値はあるのか?

そんな事ばかり考えていた。
たぶん、こんなことばかり考えている人が死を選ぶのだろう。

恐ろしいのだ。自分が風俗のHPを持ってる事さえ恐ろしくなってしまった。
俺はなんという大それた事をしてきたのか、と。
どうせもう俺は書くことなどできはしないだろう。たとえ書けたとしてもおそらくそれは自分が楽しく書いた物ではないだろうし人が読んで面白いものでもないだろう。

消してしまおうと本気で思った。

ある日、突然。

実はそれはとても簡単でサーバーに金を払わなければそれで勝手に解約される。
ウェブ上の俺が消えるという事。それは裏モノ探検隊:一風堂 隊長の死を意味する。
概念的な死だ。

さよならみんな。

少しばかり残念に思ってくれる人がいると良いな、と思うのと同時に10日もあれば『ああそんなクソサイトあったっけ』と思うぐらいだろう。もはや更新をやめて半年以上経っているし誰も待ってもいないだろう。

そんなぼくを何とか思いとどまらせたのはTwitterだった。
Twitterはやめたくなかった。だってあれほど便利な情報収集ツールは他にないもん。

わいはギリギリのところでネットの世界にしがみついていたのである。



最初に戻るが、おかしい、おかしいとは思っていたのだ。
おかしいと思ったのはもう6年も前かなぁ。最初は母親を割と急に亡くしたショックで目がおかしくなったと思った。そのうち治るだろうと思っていた。しかし年々ひどくなっていくのです。

このままだと失明してしまう恐怖が襲う。
ついに眼科へ行った。3人の眼科医にかかり、最終的に白内障だという事が判明した。
白内障?あのじじぃとばばぁがなるヤツかい?
でも少しほっとした。何しろ理由が判明したのである。

すぐに手術の日程が決まった。
なんかね、『近くが見たいか、遠くが見たいか』選べるらしいの。遠近両用は無いのか?と聞いたら今の技術ではまだ出来ないらしい。結構ひどい乱視があったのでそれもある程度は矯正できるみたい。

究極の選択だ。

例えるなら『遠くのパンチラ』か『近くのビラビラ』を選べと言われてるようなもんだ。
わいは遠くのパンチラを選んだ。だってわいは女子高生のパンチラさえ見れれば満足だもん。
お巡りさんこの人です(´・ω・`)

そして両眼を日にちをずらして手術した。お盆前だね。
結構、手術で地獄を見たけどもうそれは書かん。終わった事だ。

もう二度とやらなくて良いのが救いである。
それと次の日から遠くはバッチリ見えるようになった。
急激に0.2まで落ちてた視力も両眼1.5に回復した。
その代わりにピント調整機能は無いので近くは老眼鏡必須だ。(遠くなる近くのビラビラよ、、)

すると途端に元気が出てきた。諸悪の根源は目の不調だったのだ。
その矢先、パソコンが死んだ。きっと俺の代わりに死んでくれたのだろう。
今は新しいPC(中古の再生品だけど)でこの駄文を書いている。データの引っ越しもなんとかできた。

でもまだね、ビミョーにね、まだリハビリ中なんだ。
少しづつ少しずつ良くはなっていってる。

今やPCには向かえるし光も痛くないので手術して良かったと思う。
こうして文章も書けるようになったしね。

「あん時、サイトやめなくて良かったなー」

って思えると良いな(´・ω・`)ト、オモウキョウコノゴロ

コロナ禍と同時に五十肩になったのも『今は自粛せい』というお告げだと受け取ります。
何しろダークなマッサージ屋にすら行って無かったんンだぜ。
で、左肩の五十肩も治ってきた。って事は 

あとは分かるな?

個人的に自粛もコロナ禍も終わったという事です。

たいちょう動きます。ゴゴゴゴゴゴゴゴ

ご安全にー(おい梅毒流行ってんぞー)

そういやさ、手術前に血液検査したんだけどその中に『梅毒検査』と『肝炎検査』も入っててね、(そんな検査するって聞いて無かったけど)どっちもネガティブ(陰性)でした。それはナニゲに嬉しかったよね。

でわまた。。

イノキ.jpg
「元気があれば何でもできる」 これはガチだと思う。アントン永遠に。。


※すいません。まだ本体のHPが更新出来ない状況になっています。
posted by 隊長 at 17:14 | Comment(12) | 日記

2022年10月18日

嬢の近況2022



カウントダウンティビーをご覧の皆様、こんにちわ、一風堂の隊長です。
皆さんチャンネル登録および高評価をよろしくおねがいします。

さて、懇意にしてる嬢の近況です。

まず経緯とおことわりを。

ぼくみたいにけして短くは無いフーゾク人生を送っておりますと風俗嬢と必要以上に仲良くなり外で会う事が何人かはあります。これはぼくがイケメソ過ぎるからではありません。どっちかって言うとたいちょはブ、、ブンデスリーガ(イミフ)

何というか趣味が極端に合ったりぼくの本職で接点を持つ場合もあります。直引きとかタダマン目的の天蓋とかはむしろ好きじゃないので外で会うにしろ基本エロ行為はしませんのよ。少なくともぼくからお誘いする事は皆無です。向こうから誘われたらそりゃねぇ、、でもぼくはおにゃの子が滅茶苦茶好きってよかお店で会う嬢が好きなのです。もっと言えば箱が好きなのです(非日常感が味わえて)まぁ早い話が責任が伴わない状態で、金ビラですべて解決したいんや!(サイテーやんけ)

そんな中、気付いたのが彼女たちは客と外で会うと何というかご飯でもお茶でもぼくに一切お金を払わせようとしないのです。なんかうまくいえないけど一度信用してしまうと『中の人扱い』になって奢りたがる。このあたり風俗嬢がホストに貢いでしまったりヒモ持ち人生になりがちなヒントがあるような気がします。

10年ぐらい前かなぁ、風俗嬢に『美容外科クリニックに付き合ってくれ』と言われて拉致られたのですが『これはワイが凄い額の金払わされるやつやでオジキ、、』と身構えたのですがなんか『誰か新規で連れて行くと両者が半額になる』らしく、ぼくが受ける施術なんて顔のレーザーぐらいで安いもんでして(それでも2マンぐらいしたけど)、一方嬢は『涙袋を作る』とか言うお前はAKBか(´・ω・`)というお高いコースなのでとってもお得なんですって奥さん!で、フタを開けてみれば、ぼくの施術代も嬢持ちでした。駐車場の料金も嬢が払おうとしたので流石にかっこ悪いから払わせてくれ、と逆に頼みました。後日会った時にその『涙袋完成』で何が変わったのか、わたくしめにはサッパリパリパリチキンでした。イエス高須!(高須クリニックではありません)

学生時代にちゃんと付き合った嬢とは流石に関係はありましたけどこれはノーカンで
(´・ω・`)フラレタンダヨ−



前置き長くなったけどまだ繋がってる嬢が一人だけ居てね。コロナ禍中も本業で2回ぼくのお仕事のお客さんになってもらったり会ってはいました(´・ω・`)アイヤーオカネトッタアル
今現在もラインで定期的にやり取りしたり普通に電話掛かってきたりします。なんだかんだで10年近い腐れ縁になっちゃった。この嬢とはストーカーの相談受けたり彼氏がどうしたら結婚してくれるかリアルに一緒に作戦を練ったりしたんです(作戦成功で無事結婚で現在旦那ATM扱いw)ぼくまで危なく結婚式に呼ばれそうになったぐらいなのでまぁ一生付かず離れずの奇妙な関係になると思います。(ダンナさんもぼくの事は知っています)これであっても天蓋で関係持ったコト無いのよ。あーなんかワイはホンマモンの聖人な気がしてきた(´・ω・`)チキンナダケヤン

今年は連絡とってなくて久しぶりに呼び出されてお話したのですがその時のお話。

『コロナ禍でおみせ死ぬほどヒマだった』 嬢
『でしょうなー(´・ω・`)ワイモミセイットランシナ』 わい
『昨年末コロナなりました』 嬢
『お、おう』 わい
『なんでなったかぜんぜん分かんないの』 嬢
『お、おう。そうだな(´・ω・`)』 わい

なんや40℃の熱が10日続いて死ぬるかと思ったそうで旦那にはうつらんくて安心したと思ったら入れ代わりで高熱だしてタイヘンやったそうで。自宅療養でしたがご飯は運ばれてくるので最初は喜んで食べてたけど全く味がしないそうで(´・ω・`)味覚障害は3か月以上続いたそうです。軽い後遺症も現在残ってるって。危なー。わい昨年末前に仕事絡みでこの嬢に会ってる。その半月後やんけ。

それは良いんだけどさ(良くないけど)

『あんまりヒマになったからオプション取引始めました』 嬢
『チョマテヨ( ゚Д゚)フーゾクノオプションジャナクテ?』 わい

※ここからぼくは心の声になったりならなかったりします。

『月額3万円のセミナー受けてます』 嬢
『セツコそれアカンやつやで(´・ω・`)』
『でも怪しくないんです』 嬢
『みんなそう言うんだよ(´・ω・`)』
『あと、3人紹介すると月額タダになって』 嬢
『ちょ、ま、それねずみ、、( ゚Д゚)』
『私は3か月でタダにしました』嬢(ドヤ顔)

タダになったのは良いけどね、、嬢の話によるとそれで世界中に何千人もの会員が居て信頼できるそうな。医者や有名人や学者もメンバーにいる。そして10人以上紹介すればさらに上のコースに行けるそうな。ってだからそれ典型的なマルチもしくは投資詐欺やんけ(´・ω・`)ヒガイシャノカイカクテイアンケン

『紹介しなくてもその他の方法で月額の3万円はペイ出来る仕組みがあって、例えばiPhoneの転売とかPS5の転売とかですぐ利益出ちゃうんです』 嬢

オプション取引どこいってもうたんや(´・ω・`)ヤバイヨヤバイヨ

『あとオプションは儲かった時に税金の申告せなあかんよ』 わい
『何ですかそれ?』 嬢
『何でもないッス(´・ω・`)スイマセンデシタ』 わい



なお、ぼくはわりかし投資歴が長いのを嬢も知ってるからか誘われませんでした。
ただ単純に近くに来たからサテンに誘われただけで本当の近況報告だったみたい。

てな訳でとくにオチはナイのですが嬢の近況でした。
(読んでる方はいろいろ察してください)



最後に嬢と外で会うコツ。

まず何度か指名すること。嬢に忘れられないうちにね。
『こちらが裏を返す』ってことは嬢にとっては『あんたアタイのこと好きなん?』って思われます。
そのへんは結構単純な構造です。初回から外で会う約束を取り付けられた事がある人は逆にすごいです。何らかのスタンド能力を持っていますね。とてもうらやましいです。あーでも嬢にラストで入って気が合ってその後に食事に誘うってのも意外と成功しますね。お金かかりますけどね(´・ω・`)ヨノナカカネヨー


あと関係あるようで関係ないけど『ロマンス暴風域』っていう漫画があります。ドラマ化もされましたね、見てないけどおそらくは原作とは別物だと思うので原作漫画をおすすめします。たったの2冊で完結なのでそれがまた良い。鳥飼茜さんという女性が書いたフーゾク嬢と客をテーマにした恋愛ストーリーというカテゴリーになるとは思いますが『フーゾク嬢』という人種の内面を見事に描いています。本当に見事です。

こちらも参考図書としてたいちょうが自信を持って推薦します。(無能な味方やなぁ)



長文読んでくれて(*ゝω・)ノ アリガd♪

でわ。また〜

あ、言い忘れたけど店外で会えた後もまた指名でお店に行くのも大事ですよ。


神事?.jpg
※本文と写真は関係ありません。


posted by 隊長 at 22:06 | Comment(4) | 日記

2022年09月06日

隊長と嬢の近況。。



べつに辞めた訳じゃねーんだよ
ただヤル気が出なかっただけだ(ダメじゃん)


言い訳だけどコロナ禍もあって長らく風活してないのは事実でして(約3年)取り立てて書くことも無いし無理に書いても読むに値しない駄文がさらにセンス無くなるのが目に見えてたので長期放牧に出てました。

ども。たいちょうです。

そして現在若干絶賛リハビリ中で本業もセーブぎみなので(ただの不景気な気もするが)リハビリついでに更新でもしてみます。休みすぎて、もはや誰もみてないかもだけど(´・ω・`)パンチラピョーン

何のリハビリかはまたの機会に書きますが生命の危機が無いちょっとした手術をしました。ちなみにコロナは関係ないです。

そういや今んトコはコロナからは逃げ切っていますね。
いつなるかは分かりませんけどね実際。

でも『コロナ怖いから風俗行かなかった』がすべてな訳ではなくてね、右側のひどい五十肩が治ったと思ったら今度は左側がなりましてね。服を着るのも痛いのでね、そんな気になれないってのもありますしぼくはこれは『今は風俗行くな』というお告げだと思いました。でもホントはおそらく何らかのバチが当たってるんだと思いますので甘んじて受け入れているというのが事実かもしれません。

もうひとつの理由としてお店のコロナ対策(※対策は実に正しい)が煩わしくて行きたくなくなった。

ほらフーゾクってさ、非日常を味わう場所やん。そんな場所で病院の窓口みたいなやり取りすると思うとゲンナリするのです。なんちゅーか例えば夢の国のミッ○ーが休憩時間にアタマ取ってタバコ吸ってるの見ちゃうような萎え方と言うかね。(ぜんぜん違うぞ)

あと中の人なんて居ませんから!

ハァハァハァ

かと言って半ワクチン勢や反マスク勢、反自粛勢もウザいのでそっち側にもいかないですよ。最低限の決められたルールは守りました、小中高生がみんなルール守って生活してんのに恥ずかしくないのかお前らIQ2かよ。ちなみに反それ系の我が家のお隣さんは先日無事2回目のコロナになりました。死ねば良いのに。(心の声)まぁ2020年春の絶賛緊急事態宣言中の1回目のコロナではその人マジで死にかけてましたけどね。(温泉で芸者上げて大騒ぎで帰ってきたら発病) 集中治療室で喉にぶっ刺すような呼吸器付けて一週間意識なしで退院してきたら異常にハゲ散らかしてましたね。ホント冗談抜きでその時点で死ねば良かったんですよ。2回目とか税金の無駄遣いですよ。あいつらただの風邪や言うとるんやで治療なんかせんとその『ただの風邪』で死ねばよろしい。※あくまで反ナントカの人の話ですよ

一般の不可抗力でなった人は手厚く助けるべきです。風俗嬢も助けてやってください。客は知らん、覚悟の上でしょ。(風俗嬢えこひいき奴) まぁさすがにぼくもそろそろ動き出す予定ですがそれなりの覚悟は持って伺います。梅毒も流行ってるしね。それはおいておいて善良な知人やお友達も沢山、コロナに罹っているのでね。一家でなった人たちも沢山居ますのでそういう方々はとにかく手厚い治療をお願いしたいです。後遺症で苦しんでいる人も身近に沢山いますので。ただ今の波が過ぎたらええかげんもうそろそろ扱いを変更すべきだとは思いますけどね。

不可抗力で運悪く罹ってしまった。善良な方々のご快復を心より願っております。

時は少し戻って、友人はキャバ通いをしてたんだけど自粛してたら『嬢がどうしても』と言うので行ってみたらお互いにマスクとフェイスシールド付きでアクリル板越しで飲み物無しで話すだけのプレイだったそうで。。何それ楽しいの?刑務所の面会の方がまだマシじゃねーのか。友人も流石にしばらくは行かなかったそうです。(このエピは2020年の出来事で現在は普通にやってると思う)

そんな訳でねー風俗業界の客離れもヒドイもんですよ。このままだとただの不景気に突入しそうです。ていうか2019年の終わりにはすでに日本は景気後退局面に突入していましたのでコロナの補助金で助かったトコも多いと思いますけどね。補助金出てるうちはまだその人たちが経済を若干回してたんですよね。
インフレ?材料費の高騰?知らんよ。散々休業して国や市から協力金で補助金バブルを謳歌してた飲食店がそれが終わったら 『インフレなんで値上げします×3(便乗含む)』 とかやってたらそりゃ客足遠のくよ。それなりのクォリティのある飲食店は許されると思うけどね。少しは値上げしないソープ店を見習わんかい。(だいぶ潰れちゃったけど、、(´・ω・`))

と、このような絶賛不景気になると、こんなぼくのところにも実に2回目の『パパ活1回5千円』という話が回ってきました。ヨモスーエですよ。5千円って。ご飯食べるとか言う話ちゃうよ、ホテル直行ですがなチョッコー。なんか色んな意味でこわいので断りましたけどね。熟キャバで食えなくなった人たちみたいだけど。※ここポイントです。候補は複数人でした、なお3千円の人も居たらしいですね ワロエナイ

すいません。喋り過ぎました。本当は懇意にしてる風嬢の近況を書きたかったのですが流石に長くなるので次回にします。

次回予告『隊長、ヘアヌード写真集発売?』

んな訳あるかー

なんでぼくはコロナならんのだろ。(周りの人たち罹りまくり)
あーアホだから?そうですか。そうですよね。気付いてないだけかも。(納得)

でわまた。。

煙草で一服.jpg

posted by 隊長 at 22:00 | Comment(12) | 日記