2016年03月15日

長い髪の女。


髪の長い女だって?ここにはたくさん居るからねぇ。
悪ぃな。他をあたってくれよ。

ちゃらっちゃっちゃっちゃちゃ♪

『どうも、ぼ、く、が、隊長です!』



さて。

半年どころか遠い昔ですよ。
『髪の長い女、』で、思い出したんです。
そうですね25年ぐらい前かな。(ホントに昔やのぅ)
電車に座って乗ってましてね、ええ横座りのシートですよ。ぼくは始発駅から乗ってたので角に陣取っておりました。当時住んでた駅の1つ前くらいでね、隣に座ってた女の人が眠っててぼくによっ掛かってきたんですわ。長い髪のOL風の女の人です。化粧の匂い、香水の匂い、髪のにほひ。まぁフル勃起ですわ。この時ほど勃起しても周りにバレない粗チンである事をGODに感謝した時は無かったよね。
さて問題は次の駅で俺は降りねばならんと云うことだ。この人生のBonusタイムを自ら断ち切らねばならんという残酷な現実に直面しているのだ。例えるなら初代アラジンで単チェリーが連続して出て次のゲームでラクダが揃ったのにすぐに蛍の光が店内に流れ出す的な、『お客さん、うちは翌日持ち越しとかやってないから(パンチパーマの店員)』みたいな悪魔が囁く絶望感。わからん?25年ほど前の話だからね。すまんね、読者の数パーセントしか気持ちが分からんであろう例えを出してしまったよ。

結論を言うと俺は自分の降りる駅を通り過ごした。でもね、BONUSタイムを継続させたかったばっかりな訳じゃないんだ。きれいごとを言うんじゃないけどその亜麻色の長い髪の女の人を起こしたくなかったんだ。

次の駅のアナウンスが聞こえた時かな?
その長い髪の人が目を覚ましたようだった。

「あら、ごめんなさい」
彼女はぼくにもたれ掛かって寝て居た事に気づいて申し訳なさそうに詫びた。
「いえ」
ぼくはそう返した。勃起はなおも継続状態である。

てか声が太い。ていうか酒焼け声?

次の駅で降りて行く長い髪の女を見送る俺。

それは驚くほど痩せこけたBBAだった。
いやまじで俺、女の人にBBAとか言わないけど(言うけど)クソBBAぢゃねーか。軽く50オーバーやんけ。
別にそんな事は良いとしてさっきまでビキビキに勃起してた俺の勃起を返してくれ。そしてその勃起を起たなかったあの日の俺にくれよ。(泣いている)

なんやねん。。

俺は泣きながら2駅乗り過ごしたあと反対ホームへ行き寒さに震えながら電車を待った。
いつしか勃起は消えていた。
とんだ棒茄子タイムと言えよう。
いやスマン茄子ほどじゃないわ。マツタケの細い奴ぐらいだ。(そんな高級でもないだろ)

そんなあの日を思い出す。2016年の3月中旬です。
しかしあのBBA元気かな?軽く見積もっても今頃75ぐらいだけど。。


でわ股。。


※この文章は寝る寸前に暗闇の中でガラケーで書いたものです。(だからナニ)


posted by 隊長 at 18:34 | Comment(12) | ウラ話
この記事へのコメント
隊長どの

わかりますわかります。

僕も若かりしころ本サロで真っ暗な店内で、ゆりの花のゆりでーす。とBBAが出てきたときと多分似てます。

美形なBBAだったので結局最後までしましたけど。

ちんこ
Posted by shin at 2016年03月15日 19:32
中々にほろ苦い思い出ですねぇ…

わかりますよ…スメルというものは我々の変態成分を大幅分泌させるのに効果的な要素ですわ。

名残惜しさも相まってしまったのですね…例えるなら閉店間際にバトルボーナス19連目、みかんに倒れた7つの傷を持つ男が復活するかどうか?そこで店員に肩を叩かれて遊戯終了…。ヤツを天に還すことが出来たのか…?みたいな…
Posted by 愚息69号 at 2016年03月15日 20:28
( `ー´)ノ
こんばんわん。

アラチャン懐かし。
当時、オイラはコンチ派でしたわ。
(;´Д`)y─┛~~
ギャンブルってギャンブルから
足洗って7〜8年経つってのは
ウソみたいだけどホントの話。
まぁ、オンナ遊び・風俗遊びの類いも
ギャンブルみたいなモンだから
完全には足抜けできてませんけどねw

前振り長すぎでスマソ。
m(_ _)m
電車と言えば・・・今から30年前
オイラがイケメン高校生だった頃
ガッコ遅刻して空いてる電車に乗ってた時の話。
(東急東横線下り桜木町行の白楽駅から横浜駅までの間に
ウソみたいな出来事が起きたのでございますよ)

東白楽駅で向かいにミニスカ履いたちょっとスレた感じの
女子大生風のオネぇが座りましたとさ。

オイラはそのオネぇのミニスカの奥に秘めた
パンティが無性に見たくなり腰をズラしズラし
オネぇにバレバレの超・不自然なゲキ淺な体制まで
腰をズラすとオネぇの膝がパカっと開きましたとさ。
驚いたたオイラ・・・
思わず顔を上げるとオネぇと視線が
バチーーーーーと合いましたとさ。

オネぇはニヤリと笑う。
オイラの心臓がバクバクと高鳴る・・・
オネぇは反町駅に停車すると立ち上がり
オイラの前までやってきて
オイラの耳元で「セックスしょっか!?」
と囁きましたとさ。

再び驚いたオイラは暫しの硬直の後
「う・うん」と戸惑いながらも言いましたとさ。

横浜駅でオネぇはオイラの手を取り
「一緒に降りよ」と言いましたとさ。
そのまま手を繋がれ改札を抜けて通称ナンパ橋を渡り
横浜ビブレの横を抜けオネぇとオイラはホテル街へ。

まるで桃源楼のような時をオネぇと過ごしましたとさ。
そのオネぇと一年近く交際したってのもウソみたいだけど
ホントの話でございましたとさ。
オシマイ。
(。・_・。)ノ

これってコメント違うだろ!
手前ぇのブログネタにでもしれ!
って突っ込んでくだされ。
ε-(´∀`; )


またまたカンケーないですが
今日、年下の社長とケンカして会社ヤメました。
明日から無職(爆)
大丈夫か?
オレ。
(´・_・`)
Posted by じょー at 2016年03月16日 00:42
shin さん〜

訓練されたソルジャーなら美形でないBBAでも最後までいかないとダメですよ。





まんまん
Posted by 隊長 at 2016年03月16日 09:16
愚息69号さん〜

うん、キミの本当のニオイを嗅ぎたいんだ!とか言ってえらい目に遭った友人も居ますが。。

そう、途中で消えちゃてる裏ビデオがあってもしかしたらあの後に、とてつもない抜き所が在ったんじゃないかと想像して悶絶するアレですわ。。
Posted by 隊長 at 2016年03月16日 09:21
じょーさん☆

中部地区だけはなぜはアラジンチャンスがアラジンパニックと呼ばれてたんですよ。


なんですか、その超絶リア充を超えた俺の中ではエロ小説かエロ本でしかあり得ない神展開は。。
25年前の俺がその話を聞いたらマウスぶん投げるならまだしもモニター叩き割るレベルですよ。


それはさておき血気盛んですね。
人間は熱を失ったらお仕舞いです。
理不尽さ(かどうかは知りませんが)に我慢ならなかったじょーさんの行動を少なくとも俺は支持しますよ。


Posted by 隊長 at 2016年03月16日 09:30
隊長 今日は。
よく言いますね。「〇〇は七難隠す」と。まぁ大抵は「色の白いは」ですが、この「〇〇」に何が入るかで性癖がくっきりと浮かぶわけですな。そんな学説はありませんが。「髪の長いは」はもちろんですが、隊長と私なら、「カタコトニホンゴハ・・・」ですかね。最近しつこいですが。まぁ年とともにストライクゾーンが広くなり、岩鬼化(悪球打ち)する昨今やけれども。
私なら「ムッチリ下半身は」ですかね。パチは
レッドライオンが最後です〜(古っ!)
Posted by リターンライダー at 2016年03月16日 14:04
リターンライダーさん〜

巨乳は。。。

いやなんでもありません。

ええ、今やわたくしめも50歳が出てきても、『あー少し年上やなぁ』と思うぐらいですわ。
Posted by 隊長 at 2016年03月16日 19:45
あ、小さい松茸なんだ〜

シメジじゃないんだ〜

なんてぼんやり読んじゃってたよ(ノ∀`)
Posted by こつぶ at 2016年03月17日 18:53
こつぶち〜

シメジ…なんか懐かしい響きね(泣)
エノキタケじゃないだけマシかも(´Д`)ウワァァン
Posted by 隊長 at 2016年03月17日 20:46
会社からの帰り道
前を歩いていたお姉さんから
めっちゃええかほりがして
しかもめっちゃスタイルよくて
どんなお姉さんなんやろ?と思って
改札のところですれ違ったら

男性でした!!!

というのが最近よくあるんですよね。
地元のスーパーとかでもありますもん。
しかもホンマモンの女性のわたしより
細くて美しいという。

どないなってるんでしょうか!
激おこ!

Posted by うましかとりりん at 2016年03月17日 23:02
とりりんさん〜

ロン毛のバンドマンでしょうか、それとも佐藤かよ的な何かかもしれませんね。(何かってなんだ)香りを振りまく辺りは確信犯ですね。

都会ってこわいな()
Posted by 隊長 at 2016年03月17日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]