2015年05月29日

ろりるれろ


アッチョンブリケ。

どうも、隊長です。


先日じょししょうがくせい(6ねんせい)2名と触れ合う機会がありました。
おい、待て、通報はまだ早い、容疑者の話をちゃんと聞け。(容疑者かよ)
ちょっとえんあって小6女子2名と絡んだだけだ。
いや待て、違う、誤解だ。援ぢゃない、縁だ!
いいからそこの受話器を置け、メールの送信ボタンから手を離せコラ。

まぁいいや、詳細は割礼します。(割愛だろ)



むかしのね、、
自分の小6のときの事を思い出したんです。
ええ小生が小等科6年生だった時代です。(戦前かお前は)

当時、同級生の女の子たちはそれなりに色気があってエロチックで大人びていて完全にエロスの対象としてぼくたちは見ていた訳です。
(いきなり『ぼくたち』とか言い出したぞこいつw)
しかしね、今の小6を見るとどこにも色気は感じないんですよね。
いや、まぁ当たり前と言えば当たり前で中学生を見ても感じないし高校生ですら怪しいんですよ。当時いったい同級生の女の子のどこにエロスを感じてたんだろうな?と、思ったんですわ。
ていうか、俺は幼稚園のときにも同級生にエロスを感じてたはw
俺はいちおう時と共に成長できたから今の『24歳以上〜天井知らず』という守備範囲に落ち着いた訳ですがそのままその世界にとどまったままの人はそういうラインをさ迷っているのかな、と感じた次第です。

以上、被疑者の供述でした。(誰が被疑者やねん)



さて、今週はダービーです。
ダービーと言えばなぜかテレンス・トレント・ダービーを思い出して聴いてしまいます。
TTD。テレンストレントダービー。
すべてがかっこいい。なんか思わず声に出して読みたくなるよね。
※今では名前は変わってるけども。

さてダービー。
社台、ノーザンGの運動会みたいな状態ではありますが楽しみです。
勝つ馬はちゃんと資格があって、ドラマのある馬だと思っています。







アッチョンブリケ.png


おっと言っておくが今の小6は俺よりよっぽど精神年齢は大人だぜ。
あと、ピノコの中身は18歳。(これはどうでもいいか。。)

でわまた。。






posted by 隊長 at 21:20 | Comment(4) | 日記

2015年05月25日

ガビーン


「ガビーン」

これは先日、あるソープ嬢が発した言葉である。

なにやら買っておいたはずのお客(俺)への来場記念的な品を忘れたらしかった。
お土産くれるなんてステキな心遣いです。
が、やばいおみやげは 『い、ら、な、い、』 からな。(意味深)

にしても、『がびーん』って。。

久々に聞いたわ。
『がびーん』て。漫画やん。それも昭和中期の漫画やん。
姐さん、完全に俺より年上ですよね?
それも結構上な50くら、、いややめとこう。
いずれ俺も通る道だし。(そういう問題なの?)

パネルには27歳って書いてあったような。。

まぁいい。ソープと人妻ヘルスは年齢も設定もファンタジーだから。ピクシーですよ。(意味不明)

しかし『がびーん』て。(しつこい)

もう、当分頭から離れんわ。





ん?

プレイ内容?
そんな残酷な事を聞くのか貴様!
俺が必死に『ガビーン』ネタで現実逃避をしとるのがわからんのか?




なに?

プレイ内容?
見損なったぞ貴様!
俺が必死に、(以下略)





うん。
ファーストコンタクトでね。
強い(確信)
って感じ。

うん。
タイマンなら俺は負けるね。あらゆる意味で負けるね。
久しぶりに中学時代に片思いしてたあゆゆを想像してイッたよね。
誰だよあゆゆって。
うるさい、俺の美しい思い出を汚すな。(汚しとんのはお前じゃ)

うん。
当分あの店には行かないから。行ってやらないから。
47なら47と言ってほしい。それならそれで俺も覚悟ができるし準備もできるし。
『W59』が腕周りのサイズならそう言ってほしい。※言い杉。
なに?真実を言ったら客が付かない?
そうか、そうだ、確かにそうだよね。

って納得してんじゃねーよ。

ギャフン。(死語2)

でわまた。。

posted by 隊長 at 19:03 | Comment(6) | 日記

2015年05月20日

憑き物が落ちた。。


まったく人の夢の話を聞くのは億劫だよな。

↑ これを踏まえた上で、夢の話をつれづれと語る。



ぼくは車を運転していた。真夜中だが車のテールランプが澱みなく流れる国道19号線を、金山、大曽根、守山から春日井の中心地に入った頃合いだ。前の車が妙なハンドルを切った。『ああ』とぼくは思い同じ様にハンドルを左へ、そして車体を少しひねるアクションをした。
『やはりな。。』
過ぎ去る時に運転席から見えたのは何かの動物の死骸だった。
その残酷な運命を辿った不幸な動物が何者なのかは窺い知れなかったが、踏まなくて良かったと思う。

たとえ不可抗力であっても死者にムチを打つような行為をしなくて済んだから。
車のタイヤを汚したくないから。

後者が本音で前者は神様への言い訳である。


そして、その夜に夢を見た。



俺の深層心理を体現したと言えば聞こえが良いだろう。
本当はそうじゃない。それは吐き気がするほど欺瞞に充ちた偽善的行為だった。

俺はその動物(夢の中では轢かれていたのは猫だった)を近くの公園に埋めてやっていた。土を被せながら俺は言う。

『次に生まれ変わったならもっとうまく生きればいい』

すると猫の墓から声が聞こえてきた。
いや、そうじゃなく自分の耳の奥底から聞こえてくる。

『その猫はお前の未来の姿だよ』 声

「そりゃずいぶんと残酷な運命だな」 俺(努めて冷静に)

『あははは。何を言ってる?その猫は自ら車道へ飛び込んだのだ。あははは』 声

「猫が自殺を?」 俺

『お前は人間以外の動物が自殺しないなんて思っているのか?それは傲慢も甚だしいね、人間のエゴイズムだよ。たとえば今のお前は自分が自殺するなんて思ってもみないだろう?しかし10年先、いや3年先はどうだかね?分かるもんか!あはは。本当はすでに結論は出ているのだ。本当はお前も気付いているだろうよ。破滅的に残酷にお前は死ぬのだよ。そしてお前を殺すのは他でもない、お前自身だよ。そしてお前は喜んで死んでいくのだよ、あの国道で轢かれた猫のようにな。あははは』 声


声の主は俺の目の前に姿を現し抑揚の無い乾いた声で笑い続けている。

「あはははははは。」

それはやはり、鏡でいつも見慣れている醜悪なオレ自身の姿だった。





最近、ふっと憑き物が落ちたような気がします。
何が憑いてたと言うんでもないんですけどね。
でもどこかで憑いたのかもしれない。

死神か、疫病神か、貧乏神か、悪魔か。

どちらにしろロクなもんじゃなかった。
でも今は生きてるのか死んでるのかよくわからんような気持ちが消えた。
たぶんそいつは死んだんだろう。または俺が殺したのかもしれない。
まぁ良かったんだと思う。深く考えてはいけない。そんな気がする。



「そして俺たちはしぶとく、そしてずぶとく生き抜いていかねばならんのだ。」




まったく人の夢の話を聞くのは億劫だよな。


でわ股!

posted by 隊長 at 19:58 | Comment(4) | 日記

2015年04月24日

強靭なハート。



『くたばるまでが消化試合だぜ!』(ニヒル)

どうも、隊長です。
格好つけて格好悪い事を言ってみました。



さて地方のなにやら選挙。



「○○です。皆様のお役に立ちます。是非清き一票をっ!」(うぐいす嬢)絶叫系
「ウールセーんだよ!バァヤロウ!」(通行人)じじぃ

「ひときわ大きなご声援、ありがとうございます!」(うぐいす嬢)動じず


オゥ。。


地方とは言え選挙の闇を見たような気分がするのと同時にこのぐらいのライオンハート(ちょっと違)がないと選挙戦など戦えないのだと思い知りました。そんなわたくしめも、かれこれ20年ほど前に縁あって1日限定で選挙カーを転がした事があるのですがなかなか貴重かつ、くだらなくも面白い1日となったのを思い出します。
ちなみに『神輿は軽い方が良い』これは本当です。だから世の中のセンセイが軽く見えるのは俺たちの目の錯覚ではありませんのです。

取りあえず俺は選挙カーを見たら、手を振り返す事にしています。(政党など関係ない)
手を振ってくれたから振り返すだけの事ですわ。言わば条件反射ですな。


で、こないだなんですが。。(関係あるよで関係ない話)


片側2車線の俺は右側で右折車線に信号待ちして居たのですが隣の車線のワンボックスカーから幼女がしきりに俺に手を振ってくれるのです。(可愛い)そりゃ振り返すわな。ずっと振ってくれるので俺も振り返すわな。(可愛い)俺氏、スマイル&スマイル。

そしたら幼女が手を振ってた相手は道の向こう側のおともだちとお母さんだったの。
大きいおともだちの俺はじぇんじぇん関係なかったの。(ともだちちゃうしな)

またやっちまった。
こりゃ通報や。事案発生や。オッサンが幼女に車から手を振る事案、シーズン2や。

まったくとんだ貰い事故だわ。(全部お前のひとり相撲やんけ。。)

キヲツケル。オレ、キヲツケル。

でわまた。。



ちなみにシーズン1はこの話な。(1も2もねーよ)



posted by 隊長 at 12:02 | Comment(8) | 日記

2015年04月16日

ナロンエース!


「こないだいきなり電車で知らない男の人におっぱい揉まれた訳!」嬢
「そんな大きなおっぱいが目の前にあったら揉みたくなるのが人情だよね」某サイト運営者
「は?人情?」嬢(眉間にシワ)
しまった。どうやらまた俺は対応を間違えてしまったようだ。
「いや、一般論として」某うんこサイトマスター
「いっ、ぱん、論?」嬢(方眉上げ)
あかん。またやらかした。って方眉上げってお前はビーバップかよ。
つまり俺としてはこう言いたかった。
『そんな魅力的な豊満な乳房が目の前にあったら思わず、理屈抜きで触ってみたいじゃない?』
流れ的にこれもダメか。。ただの痴漢には変わりないもの。。

その後のプレイが非常に冷えたものになったのは言うまでも無い。
しかもなんかおっぱい触ると叱られそうだったから触らんかった。。



どうも、隊長です。
高めのボール球に手が出ちゃうタイプです。

ネタは作るものでも探すものでもなく、気が付けばそこにあるものです。(ミスチル風)

人間生きてるだけで色んな事がありますからね。ただそれだけです。
「たいちょ、ようネタが尽きませんよね」27歳ニート様より
この質問の回答なんですが何でも良いからお前はまず外へ出て働け、外の世界を見ろ。話はそれからだ。

さて、先日、某大阪でナロンエースを買いました。
そこはいつもナロンエースの80錠入りを買います。(いつも安いんです)
そして大阪で好感が持てるのは関西展開しているお店や飲食店の多くが税込み表示が多いんです。
このドラッグストアも税込み表示である。素敵やん。(しゃくれ)
で、『お一人様2つまで』と表記してある。
ここは男らしくわき目も振らずナロンエース80錠入り2箱のみを持ってレジへ。
『ドーン!』
イケメン全開でレジへ置く俺。

おっと、ツイッターで俺を見てる人はご存知でしょうがこっちではあまり触れてないよね。
頭痛持ちの俺にとってのナロンエースは生命線と言えるのだ。
何にでも効くのだ。※個人の感想です。
ロキソニン?
なんだそりゃ高いだけで俺には効かんね。無駄無駄無駄無駄ァ!※個人の感想です。

レジが薬剤師だった。

「お客さん、この薬はね、副作用というか常習性があるらしいんですわ。それで厚生省からあんまり、まとめ買いは避けてもらうように指導が来とんですわ。ほんまにこの量要りますか?」薬剤師

いやいや、『1人2個まで』てお前の店が言うとるやん。
と、言うツッコミは心にしまう。ていうか要るから2箱買うねん。
「ぼく旅行先でね、地元では高いんですよ。だから今年1年分買っときたいんですわ。」
※そんな持ちません。
「はぁ。分かりました。くれぐれもあんま飲み過ぎないようにしてくださいね」薬剤師
ナニその『チッ、しゃねーな』的な感じは。薬剤師ならぬヤクザ医師め。(ひどい言いようやな)

で、店を出て10秒でナロンを飲み込んだ訳ですが。。

さっきも言ったように俺にとってはナロンエースは生命線である。
よくよく考えるとさっきの『厚生省の指導で』という言葉は非常に気になるというか引っかかるものがある。そういうパターンで成分が変わったりする事が多々あるのだ。買い占めるか。。
いや、ロキソニンをごり押ししてるだけかもしらんからな。取りあえず様子見。

ていうかどんな薬にも副作用はあるわ!

※この記事は個人の感想であり。ナロンエースのステマではありません。

鷲のマークの大正製薬です!

やっぱステマやんけ。

違う!けどナロンが無いと俺は生きてゆけない。。


でわまた。。




posted by 隊長 at 09:55 | Comment(9) | 日記

2015年04月07日

プロとの戦い。


どうも、隊長です。
生まれてこのかた敗戦処理です。

ああもう4月になっちゃいましたね。
桜は咲くは散るわ、春の甲子園は終わるわ、やきうは始まるわ、で大騒ぎです。
競馬も外れるしね。(関係ない)

で、関係ないけど、寺山 修司さんが俺は好きなんですね。
競馬が大好きな作家さんだった訳ですが若くして亡くなっており、ミスターシービーがダービーを勝つ3週間前ぐらいに亡くなられたらしく俺が11歳ぐらいの時なので全盛期はまるで知らない人物です。しかし彼の競馬のコラムは今読んでも本当に面白いし何というか競馬の光と言うよりは陰を感じてそれがまたたまらんのです。どこかの1節で非常に好きな言葉があってたしか『彼はツイてない人生だったから博打を打ち続けたのだ』みたいなニュアンスだったと思うのですがその言葉には俺の胸に響くものがあります。

さて、本当に関係なかった。

で、ペナントレースが始まったという話なんですよ。
あんま野球関係ないんだけど。(関係ないんかい)

ズバリ。今回の着目点は『プロとの対戦』である。

俺たち素人がね、プロと対戦するチャンスはなかなか無いのですよ。
野球しかりゴルフしかりテニスしかりボクシングしかり。
実力差があり過ぎてなかなか対戦してもらえない。格も違い過ぎる。
ボクシングなど仮に対戦してもらえたとしても死を覚悟してリングに上がらねばならないのだ。

で、我々が割と気軽にプロと対戦できるのが風俗である。
強引じゃないぞ。今日はもともとこの話がしたかったのだ。

で、関係ないけど、狩撫 麻礼さんが俺は好きなんですね。
狩撫 麻礼さんは漫画の原作を主に手がけています。
その中の某漫画の中のセリフにこんなようなのがあった気がします。
『セックスはハートとハートがぶつかり合う素敵なボクシングなんだ』

うむ。素晴らしい。俺は勝った事がないがな。。

話は戻ってセックスのプロと気軽にお手合わせできるのは風俗に他ならない。
たまには『貴様、育成からやりなおせ!』と言いたくなる嬢も居ますけどね。
『オマエモナー』みたいな。
ばか、俺はもともと育成枠でプロに挑んでんだよ。

昔から『男は半年で童貞に戻る』とか言いますがあれは本当だと思います。
だから、
だから、何度失敗しても何度でもやり直せば良いんだよ。(遠い目)

『オナニーはストイックなシャドーボクシングである』裏モノ探検隊:隊長

かっけー。

どこがやねん。


でわまた。。

posted by 隊長 at 09:53 | Comment(10) | 日記

2015年03月30日

ロックンロール


趣味でサイトやってます。
趣味で仕事してます。(号泣)

どうも、隊長です。



俺、小学校の時、人気あったんだぜ。(なんだ唐突に)

仲間の1人はとても賢くて他県の有名私立中学に進学したんだけど、「たいちょ(仮名)と離れるのが1番つらい」とお母さんに泣いて言っていたらしい。(何年後かに聞いた)
また仲間の一人は俺と遊びたいからという理由で有名私立に行くのをやめて俺と同じ中学に入った。しかもやった事もない癖に俺と同じ運動部の部活に入った。また彼は医者の息子でもあり3人息子の末っ子で兄弟で初の公立中学へ入学した男だった。おかげでまぁバカみたいに一緒に遊んだ。(放課後は勉強ばかりで外へ出られないので学校内だけどね)でも今でもその日々は俺の宝物だ。学力に差がありすぎる俺たちは当然高校で離れ、あいつは3浪の末に医大へ進んだ。そして医大に入って3年目で不慮の事故で逝っちまったけどね。
それを思うと小中とあいつと本気でバカみたいに遊んだのは幸せだったと思う。ただ、、
ただ、悪い方に考えると俺なんかの為に公立中学に進まないでもし兄弟たちと同じように私立へ進んでいれば…

もしかしたら、早々と鬼籍に入らずに済んだのかもしれないと考えてしまう事があるんだ。

神様も残酷だよね。
何もこれから人の命を救おうっていう外科のタマゴを事故であっさり死なせてしまうなんてね。
そして遊びほうけて生きてきた俺はこうして生きながらえている。

思えばこの時だね。
俺がこの世に神も仏もいやしねぇと思ったのは。
まぁ神様は存在はしてんだろうけど正しい人の命を護れるほど万能ではないし逆に殺人者の犯罪を防いだりクズの命を被害者の代わりに奪ってくれるほどには万能では無いという事だ。

まぁ今はなるようになったんだと思っているし、そう思わないと誰も救われやしない。

あいつの事は桜が咲く季節が近づくたびに思い出す。
そして桜は忘れずに毎年咲き誇るんだから大したものだとも思うのです。





ちょいと話がズレましたが俺は昔から絶大な人気がありました。※ただし野郎に限る
今も割とそうだ。※くどいが野郎に限る

でもこれには非常に満足している。
だってごく一部の女性にしか俺のROCK'N'ROLLは理解出来ないだろうからだ。
(てかあんたロックだったの?)

当たり前じゃ。バリバリの六軒茶屋だ。違ったロックンローラーだ。
便所でうんこ座りするとすぐにうんこするんだぜ。ロックにもほどがあるだろ?
(ただの軟便やないか)

まぁいいや

やっぱりこの季節になると異動やらなんやらで別れも多い。
年齢が上がってくると出会いより別れのほうが圧倒的に多くなるものです。

でもぼくはネットに生きてるおかげで様々な出会いがあります。

うーん。良い天気だ。

「春の季語はオナニーである」 裏モノ探検隊:隊長

でわまた。。
posted by 隊長 at 09:40 | Comment(12) | 日記

2015年03月20日

ニッカウヰスキー工場見学の話。


俺は酒が好きである。(飲めないけど)
酒を取り巻く世界観が好きなのである。
同時に個人的には世界最悪のドラックは酒だとも思っている。



で、まぁ飲めない癖にBARへ行ったり(1人でもな)する訳です。

そうすると最近やたらと『マッサンネタ』をよく耳にします。
結構マスターと常連とかで盛り上がってるの。
そんで、竹鶴飲んだりスコッチ飲んだりしてるの。

ウイスキーが流行ってる。それはよろしいがな。喜ばしいがな。



ふと記憶が戻る。。

さくら散りだす 思い出す 意味なく灯り出す あの頃また気になる..
花びら舞い散る、記憶舞い戻る、、

すまん、唐突にケツメイシをねじこんでしもうた。
春じゃないし、夏だったし。


うむ。

もう21年も前の事になるのか。

俺は北海道に居た。
ススキノのソープでこじらせていた童貞を治した次の日だ。(実際治ってないのだが)
童貞治療も大事だったがその次に大事だったのはウイスキー工場の見学である。
なぜって?オイラは酒好きだからさ。(飲めないけど)
俺は北海道は余市へ向かい、ニッカウヰスキー工場見学に参加したのである。
工場見学は無料。
初夏という事もあり結構たくさんの人が見学に参加していたッッ!!
なお、ソロで来てるのは俺だけだった。(全道が泣くわ!)
ってあほか!もう童貞じゃねーんだぞ!(関係ないし、威張れんし)

それはさておき、誰よりも俺は熱心に見学したと思うのだ。
その歴史を学んだり、ピートの香りを嗅いで見たり、透明な蒸留酒が琥珀色になっていく様を順番に見学したり。とても満足だった。
なお、スコッチウイスキーはスコットランド以外で作られ寝かしたモノをスコッチと呼ぶのは許されない。メリケンのバーボンも似たようなもんだ、だが落ち込む事はない。ジャパニーズウイスキーも世界5大ウイスキーの中の1つなのだ。世界一に選出されたりもする。自信と誇りを持ってほしい。(お前は誰やねん)
シャンパンも似たようなもんでフランスのシャンパーニュ地方の品種で作ったもの以外はシャンパンではなくただのスパークリングワインである。よく後者を「シャンパン、シャンパン」と言ってる酔っ払いが居るがそれを突っ込むと嫌な顔をされるのでスルーするのが無難です。シャンパンと言えばドンペリが代名詞みたいになってますね。修道士のドン・ペリニヨンというお方が発見したのでその名が付いたそうだ。あんな酒屋で1万も出せば買えるようなモンをどこぞのクラブで2、30万で注文するヤツはまったくのアホなのでやめるように!(だからお前は誰やねん)

純白のメルセデス、プール付きのマンショーォン。
最高の女と、ベッドでドンペリニヨーォーン。

すまん、唐突に浜省をねじ込んでしもうた。



「皆さんお待ちかねの試飲のお時間でーす」


ガイドさんが言い、みんな嬉しそうだった。
試飲したら解散という事だったので俺はすぐに外へ出た。
ちょっと用事を思い出したのだ。
昨日の中途半端な童貞喪失をススキノでもう一度やり直さねばならんからだ。
自分、涙いいスか?

それはさておき、、、


たぶんだけど、、

1人で来て熱心に見学した癖に試飲もせずに帰った俺を見て彼らは。

「あいつはナンなの?」

みたいな感じだったかもしれん。

裏モノ探検隊:隊長の42年モノ(価値無し)がお送りしました。
ちったぁ価値あるわボケ。(←またまたぁ)

でわまた。。


※すいません、そういやマッサン観てません。

posted by 隊長 at 19:34 | Comment(12) | 日記

2015年03月01日

その先へ


『チンコが後退しているのではない。むしろ俺が前進しておるのだッ!』

と、孫さんの名言をパロったところで、どうも隊長です。



2月は無茶苦茶な月だったな。
風邪を強引に治したというか押さえ付けた煽りで客との約束をすっぽかしたり納期を3日間違えて平謝りしたり思いもよらぬ事が続く散々サンタクロースです。(イミフ)

さらにプライベートで嬢がうちにやってきました。先に言っておきますがエロい展開もないしぼくがモテた訳でもありません。期待と嫉妬した人には申し訳ないです。(嫉妬はせんか、、)

まぁ人生相談を兼ねたお仕事のアドバイスです。ぼくは一応ネットビジネスが少しは分かるので助言と手助けをね。彼女は数十キロの道のりを来てくれましたよ。

まぁ詳しく書くと俺は良いけど彼女が身バレしちゃうのでこのへんで。

実はうちにわざわざプライベートで訪ねてきてくれたのは彼女が初めてではなくてですね、以前、ソープ嬢も来てくれています。彼女はぼくの持ってるある物を買いにきたのとこれまた今後の副業の手伝いを少しだけしてあげました。
その後、彼女がどうなったかは知りません。店からは消えてしまったの。メルアドと携帯番号は知ってるけど連絡はしてませんし連絡も来ません。色々とうまくいってると良いのだけどね。
なお、このソープ嬢ともプライベートでエロい事はありません。ていうか俺はそういうトコだけ変に真面目でしてね、店外で会う事すら気が引けるんです。あの業界は店外で客に会うのはもちろん本名を明かす事すら本来は御法度なんです。(本名は割とすぐ教えてくれるけどねw)

まぁ俺が言いたいのは彼女たちはとてもけなげに生きていて、このままじゃだめだと思ってもいて必死に知恵を捻り出して自分にやれる事を探して頑張っているという事ですよ。

まぁ俺はそんな彼女たちからお金を取りましたけどね。わはは。
(でも元々はそのお金、こないだまで俺の財布にあったお金かもしれんからなw)

で、またそのお金を持って俺は彼女たちのお店に行くの。まさにウィーンウィーンな関係です。(Win-Winだバカ)




しかしこうやって健気に生きてる彼女たちの姿とかは偉い人たちにはちゃんと見えてるのかな?偉い人でなくとも、『女なんて性サービスで働けば簡単に莫大に稼げるじゃないか!』とかって思い込んでいる人たちも構図はまったく同じなんですよ。(もちろんそんな子も居るけど簡単ではないと言う事です)
汚れてるのは彼女たちでも俺たちでもなく、それを眉をひそめて見下している奴らの方なんです。心にどうでも良いようなコンプレックスを抱えて生きていて自分自身が裸になれないからこそ奴らはそう思うのです。
確かに彼女たちは安易な部分が無いとは言いません。ルーズで朝起きれなかったり仕事が続かなかったりね。少し生き方が下手だな、とも思います。でも女が実家にも男にも頼らずに1人で生きていくって想像を超えるほど不安で大変だと思うんですよね。(とくにシングルで子供が居たり、年齢が上がってきたりすると、ね)


頑張る嬢が大好きです。


ぼくは嬢の悪口も言うしそれをネタにする。でも同時に嬢を愛してもいるのです。だからいろいろと許されているのだな、と最近思うようになりました。

風俗嬢に幸あれ、

いつも俺を癒してくれてありがとう。

でわまた。。


PS.サイト(HP)が10年を迎えました。でも別に10周年とかじゃなくて、ただ単に10年経ったと言うだけで普通に11年目に突入する事に先週決まりました。(本当は10年で閉鎖するつもりでしたの)まぁいつかは更新が止まるんでしょうがその時は死んだと思ってください。閉鎖する時は予告無しで消えると思いますのでね。












not.jpg
404 - File Not Found




こんな感じでね。(古いよ。。)


ってまだやめへんわボケ!

posted by 隊長 at 16:54 | Comment(15) | 日記

2015年02月25日

おなにー、せんずり、墓参り。。


寝台車でしんだ医者ーーーー!

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。



どうも、隊長です。心はずっと小学生のままです。

さて、何度も言ってますが俺の担当医がやたらと俺の血を抜きたがるのです。

昨年の12月に「年明けたら採血2、3本するから。お正月食べ過ぎないでね、数値跳ね上がっちゃうよ、ハハッ」と、ミッキーマ○スのように担当医が言いました。ああ、なんという憂鬱な言葉でしょう。俺の年末年始が思い切り食えないじゃないか(食ったけど)それになんだよ「2、3本」て。はっきりしろや。2本と3本じゃ俺の心積もりがずいぶん変わってくるがな。

結局2本だった。(やったね☆)


でさ、結果が出るのは1ヶ月あとな訳。
まぁ重大な結果だとすぐ電話かかってくるから良いんだけどこの待ち時間がまたねぇ。。
なんて言うのかなぁ。初めて行った裏風俗の待合室に居る感じ?いや違うな。
三者懇談でオカンと学校の廊下で待ってる感じとでも言うのかな?落ち着かないの!ああ、お前らみたいに学生時代からここまでエリート街道ひた走っとる奴らにはわからんわい!俺は参観日とか家庭訪問とか地獄やったぞ。

それはわりとどうでもいい。



で、結果は。


「優等生!なんも悪いトコは無し!非常に良いよ!血も濃いね!」せんせ

うーむ。
何も悪いところがないとか言われると少々不安になるのはなぜでしょうか?
『血が濃い』て、ドロドロ血とは違うのか?貧血じゃないと言いたいなら良いが。
『血が濃い』という事はつまりは『ザーメンも濃い』という事かもしれんな。それは良いかも。(勝手な解釈)あ、居ないとは思うけど今ラーメン食ってる人はごめんね、濃いザーメンの話なんかしちゃって。しかも食ってるのがつけ麺の濃いつけ汁だったりしたら(おいヤメロ)すいません要らん事言いました。まぁ要らん事削ると俺の文章は3行ぐらいで終わっちまうからさ。

で、前回も「優等生!」とセンセに言われたんですが、じゃあもう採血しなくていいんじゃね?
いらんストレスになるし、結果出たあとでアホ食いするパターンもあるしさ。
仕事関係の含めたら年4回よ。なんで四季折々に血を抜かれなあかんねん。金もかかるし。


『皆さんにも朗報』

と、言う訳で怪しい勃起サプリをヘビーに飲んでてても今のところは内臓に影響ないみたいです。
※他の人は知らんぞ。

とにかく心穏やかに暮らしたいと願う今日この頃です。



おなにー、せんずり、墓参り。



でわまた。。

posted by 隊長 at 18:56 | Comment(12) | 日記

2015年02月17日

勃起サプリの条件って無理ゲーだよね。。


以前、某大都市で少し休憩したくても駐車できるスペースが全然なくて少しだけなら、と思い、有料駐車場に入れてシート倒して休んでたらそのまま寝てしまい、起きてから料金を2400円払うハメになった事があります。おそるべし大都会、アアー果てしない大都会。(お前がアホなだけや)

どうも、隊長です。

今年に入って周辺機器が調子悪いです。※チンコの事ではない。
誰かに昔、機械類が壊れるのが続くと何やら『気の流れ』みたいなんが悪い証拠だと言われました。
これはいかん、早急に気の流れを変えねばならん。

そうだ、ソープへ行こう。(なんでそうなるかな)

いや、まぁそうなるでしょうよ。

それはさておき、鬼に肉棒じゃなかった鬼に金棒と言われる勃起サプリ(ケミカル含む)の話ですわ。
ご存知の通り一部の勃起薬を除いてさ、空腹じゃないと効きが悪くなりますよね。
食事にあまり左右されない勃起薬だってさ、やっぱ空腹の方が効くもの。

でも他のどんな薬でも「空腹時は避けて服用してください」って書いてあるのが常じゃない?
それはなぜかと言えば胃を炒めるからじゃない?あーもう誤字ったよ胃を炒めるのはホルモン焼きだ。マキシマムにハラペコだ。って全然関係ないし。じゃあ言うな、そう、「胃を痛める」んだよ。



なのにーなーぜー 歯をくいしばりー
君は行くのかー 
そんなにしてまでー



いや、そこに勃起があるから。うん力強い勃起があるからさ。(若者ちゃうけどな)
そうなんだけど、これは胃の弱い人からしてみたら相当な無理ゲーだと思うのよ。
ある意味で劇薬なんだからさ。

でも。

その胃を痛めそうな勃起薬を空腹で飲み込んで俺たちは戦うのだ。

でも昔から「腹が減っては戦はできん」言うやん。
てことは最初から無理ゲーの負けゲーやんけ。



なのにーなぜー なにをー探してー
君は行くのかー
あてもないのにー



あてはあるわい。(若者ちゃうけどな)


俺もホントは胃が弱い。
しかし俺は勃起薬を飲んで飛び出していく。
そこに果てしない勃起があるかもしれないからだ。
果てはあるわい。



俺たちの行く道は果てしなく遠い。



でわまた。。
posted by 隊長 at 10:11 | Comment(14) | 日記

2015年02月09日

被害妄想に駆られた男。。



先日、昼間に友人が仕事先に来た。
その時の会話。

「最近どうなの?」友人
「どうもこうもないよ」俺
「そっちはどうなの?」友人
「どうもこうもないよ」友人

「そろそろどう?」友人
「うーん。節分明けてからだね」俺

「あーわかった。その頃にね」友人



まぁ時間にして5分足らずの会話なんですが40年近くも友達でいられるとこんな感じで会話が成り立ちます。彼とは風俗抜きで遊びに行くのでこれは彼からの近々飲みに連れてってくれ、という誘いになります。俺は飲めないけど飲む場所は好きなので(スナックとかキャバクラ以外ね)たまに連れだって飲みに行きます。出来れば知り合いに会わなくて済む少し遠くへ行きたい場合にぼくが運転手になるしね。

なお冒頭のやりとりは風俗に一緒に行く友達(これはレアだけどね)とでもまぁまぁ同じ内容になります。

俺は友達は少ないけど割と強固に繋がっているので俺自身はそんな友達が作れた事が幸せだと思います。
なんか、俺って不器用なのか知り合いと友達の境界線がハッキリし過ぎているのです。まぁ人に対する好き嫌いが激しいのです。ただし相手を気に入ってしまうと男女問わず徹底的にエコひいきしますけどね。



で飲みに行った居酒屋での話。

俺と友人はカウンターでした。
うしろのボックス(カーテン仕切り)の声が聞こえる。

「俺はね、だいたい飯時にジュースとか飲んでる奴は認めないの。マックだろうがなんだろうがジュース飲んでたら飯の味が台無しだろう。俺の子供にも飲ませなかったね。食べ物とジュースの組み合わせはね、許せんね。」(酔っ払いの団塊)

なんでしょうか、このフツフツとこみ上げてくる怒りは。。

そのオヤジの頭叩いたろうかと思った。それも上から叩くんじゃなくて手首のスナップ効かせて水平に、しかも若干すくい上げる感覚で「パーン」叩いてズラが真横に「スポーン」飛んでくような叩きかたで頭叩いたろうかと思った。(ズラかどうか知らんけど)

確かに、ジュースとご飯はあまり良い組み合わせではありません。
ぼくだって飲みにくるとご飯がまずくなるのでウーロン茶かホットウーロンですよ。
※この時はジンジャーエール飲んでたのである。

でもお前もビールとか焼酎とか飲んでるやーん。
ビールなんて結構な糖分やーん。やーん。やーん。

こうやって自分の意見を下の者に押し付けるから団塊は嫌われるんですよ。
かといって自分の意見は曲げないし間違いも一切認めないしね。(立派な人も居るよ)

「今の医者はさ、抗生物質をすぐ出したがるんだよな。でもあれはさ、悪い菌を殺すけど良い菌も殺しちゃうんだよね。だからダメなんだよ」

あーーーーもう。キーーーー!

真正面から正拳突き食らわせて銀ぶちメガネ「パリーン」割りたいわ!

※後ろ姿なのでどんな人かも分かりません。

こないだ、ヤヴァめの風俗行っただけで予防に抗生物質飲んだ俺に対するイヤミかボケ!
戦う男には時には抗生物質が必要なんだよ。




と、被害妄想に駆られた男の話でした。












ナニが出てんだよ.jpg
ぐぉおおおおおおおおおおお!





でわまた。。













posted by 隊長 at 10:58 | Comment(4) | 日記

2015年02月04日

節分


生まれてこのかた厄年です。

どうも、隊長です。
って誰が万年厄年やねん。産まれてこのかたむしろ福男じゃい。

と、強がってみましたが節分をもってつつがなく後厄が終了しました。
節分だし接吻でもするか、と接吻過剰サービスなピンサロに行きかけたんですが不謹慎だし駄洒落にすらなってないし色んな意味でさぶいのでやめときました。

まぁね。

そんなに信心深い方でもないんですけどね、大厄ではあったので一応3年間は大人しくしてたんです。(自分的にな)なのでこの3年間はあまり風俗活動はしていなかったのです。(真顔で噓をつくな)

いやいや、俺としてはね、本当に自粛してたんだって!

だけど厄年の間はお金をパーっと使うと良いと聞いたので散々散財したのでこの3年間ですっかりお金に不自由な人になりました。(潔く貧乏と言えよ)

しかし厄も明けたし暴れようと思っています。
ああ、そうさ、勃起サプリ飲んでオナニーするようなバイオレンスさ!(暴れてへんやん)

だ、か、ら、

今はお金が無いの。

今はね。

まぁ、ボロは着てても心は錦ですよ。
言ってる意味は良く分からんがグダグダやないか。


とにかく大丈夫。
すぐに1発当てるからさ。

でかいヤツをドカーンとな。











どらえもん5.jpg





でわまた。。



posted by 隊長 at 18:52 | Comment(8) | 日記

2015年01月30日

無題



「俺のチンコが粗末なのではない。諸君たちのチンコが立派なのだッッ!」  

と、ギレン・ザビ風にカッコつけたカッコ悪い演説が冒頭からキマったところで、、

どうも、隊長です。

何やら世間はキナ臭いですが俺は平常運行いたします。
俺のマスメディア嫌いは有名ですが最近特にマスコミは死んだというより世間(ネットを使える人たちな)から無視されているような気がします。人間はスルーされるのが一番辛いんですよね。スルーされるから雑誌は廃刊になる訳ですからね、現在は少々炎上させても良いから注目を集めて部数を売って(視聴率を上げて)広告主を集めるのが彼らの主なお仕事です。

さて、あんま好きじゃない類の本の話。

風俗の本とかあるじゃない。それもなんか「風俗嬢の本音」とか「風俗嬢への取材」「出会い系サイトの女」みたいなどっちかっていうとその人の人生にスポットを当てたようなインタビュー記事をまとめた本とか雑誌の特集とかのわりかし「筆者は真面目に風俗嬢と向き合いました」的な本。
ぼくはこの手の本はあんま好きじゃないんです。
何というかね、確かに風俗嬢がいかにして風俗嬢になったかは興味をそそる部分はあります。
でもこの手の本を読んで見えてくるものからはぼくの心には何も訴えかけてはくれないのです。
まぁなぜかというとこの手のインタビュー記事はほぼ、嬢の一人語りの形式になっていて嬢がいきさつから今までの家庭環境や人生をとつとつと語り、または筆者が脚色と注釈を付けて都合よく補足(編集)する。そんな内容。

で、気に入らないのは筆者は嬢たちにはインタビューを申し入れているだけで店に客として行ってる訳でも出会い系の女と絡んだあとで話を聞いている訳ではないものが多い。
つまりなるべく特殊な生い立ちであったりドラスティックな人生を歩んだ人だけにスポットを当てていて逆にリアリティが無くなってしまっているのです。

例えば去年、風俗嬢になった子が言った訳です。
「うん、セカオワの野外コンサート行きたいから」嬢
「そ、それだけですか?」アムロ  ※実話です。

でもそんなドライで割と現実的だったりする話も入れてほしい訳です。

あとはさっき言ったみたいにこの手の本には嬢との絡みが入っとらん!

かいつまんで言うと「客として嬢にサービスを受けずして一体その嬢の何が分かると言うのか!」という事。

例を変えると危険ドラックをやった事がないような評論家が『危険だ、危険だ』と騒いでもその本人の体験談も無しに語られても『何がどう危険なのか』と言う物事の本質は見えてこないし、その(経験ド素人の評論家)が『体験者から聞いた話ですと、、、』などと言われても我々には何ら伝わってこないと言う事です。

そういう意味ではうちのサイトは読者投稿を含めてそういう商業本や金儲け主義のクソメディアに対するアンチテーゼだと自負しております。

いや別にね、「セックス描写を入れろ」と言ってる訳じゃないんです。

ただいかにも「俺はそういう店とか使わないよ、出会い系とかやんないよ、でもそういう女の子たちに話を聞いてみたらこんなだったよ」みたいな、このスタンスが気に入らんのです。それは逆に彼女らに失礼に感じるの。



まぁ。本になると色んな『大人の事情』が出てきちゃう事は重々承知してますけどね。















利いたふうな口をきくなーーー.jpg



す、すいません。。




でわ、また。。






posted by 隊長 at 10:00 | Comment(8) | 日記

2015年01月19日

ストレスフリー


えッ!?

隊長さん、お酒飲めないの?
ええッ!?煙草も吸わないの?

それで一体どうやって日々のストレスを解消するんですかぁ?



と、マジ顔でエステ(表)の店長やってる女の人(年上)に聞かれたのですが「俺ストレス無いんですよ。バカだからストレスとか溜まらないんですよね、ハハッ」 とミッキーマウスばりに答えておきました。

ていうか俺のストレス解消法は女性受けが悪すぎて一つも言えないのよね。こりゃなんか新たに女子受けする趣味でも始めるかね。うん。無いわ。今2、3思い浮かべたけど無いわ。色んな意味で無い。中2で書いたラブレターぐらいないわ。夜中にノリノリで書いたラブレターを朝読み返したらソッコーで破り捨てたくなるのはなぜなんだぜ?

それはまぁいいや。

今回、ただの出会い系が大好きな女の子がいわゆる『お願い有り』でしか募集しなくなった罪深いお話。

彼女はナンパされるのが大好きで(相手は選ぶ)出会い系も使い倒すような愛すべき女の子でした。まぁ少々寂しがり屋さんが過ぎる感じもあるのです。だって彼氏も居たし。
フツーの見た目の若い女の子がナンパされるのはそんなに難しい事ではなくて、そんな場所へ行けばしょっちゅう声がかかるし、気に入った男が居たらちょっとモーションかければ良い訳です。

その日もどこかで声をかけてきた男と一晩を過しました。

そして彼女が朝起きたら、男は居ない訳です。
ホテルのチェックアウトも済ましててまさに立つ鳥後を濁さず。

ところが濁してた。

彼女のバックの上に封筒があって中には2万円が入ってたのです。

彼女は少し混乱したけどすぐに理解しました。
そして彼女はその日から出会い系で「お願い有り」の募集をするようになったのでした。

こう思うと、その男は非常に罪深いね。

。。。とも、思うし、これは彼女にとってはただのきっかけに過ぎなくて、いつかは発動(デビュー)してたようにも思うし、それが必然であったように思う。

そんな彼女はその後、無事にヘルス嬢になりました。(現在の事は知らん)


なお、この話には何の教訓もございません。


でわまた。。
posted by 隊長 at 09:42 | Comment(8) | 日記

2015年01月12日

成人式


隊長です。

2回目の成人式を迎えてからすでに2年が経過しました。
成人式の頃の俺より今の俺が優れているところはどこだろうか?

うーん。

逆ならわかる。あいつは童貞だった。童貞には限りない夢がある。
童貞は最強だ。今の俺では勝てる気がしない。

世の中にはね、童貞を馬鹿にする人種が多い。(まぁとくに大学生な)
まさに『馬鹿言うな!』だ。むしろ大事にしろ。ていうか「お前、童貞かよ?羨ましいな!これから童貞喪失できるなんでホント羨ましいよ!」と思うのが真の成人した大人の反応だ。未熟なガキだから童貞を馬鹿にして自分が優位になったつもりで悦に入るのだ。または心理学的側面では『俺は童貞じゃないアピール』をしたいが為に(自己防衛的に)童貞を馬鹿にしたりする行為でもある。むしろコンプレックスを抱えているのは童貞を馬鹿にする連中の方なんだよ。

と、言いつつ成人して童貞であるのは本人にとっては大問題でした。
その点は日本は割と先進国の中でも格差が最も少ないくせに昔からそちら方面では大らかな国なので少しの勇気と3日のバイトでなんとかなるよ。(裏技だけど)



ところで!

年末年始とさ、同じような夢を見たんです。

11月に海用のカーボンロッドを買ったんですよね。
まだ使って無くてケースにしまったままなんですが夢で他人に勝手に使われてしかもロッドが折れて帰ってくるという夢なのです。それを2回、夢で見たんです。

『ロッド』=『竿』=『ちんこ』

この方式を思い浮かべるのは俺だけでしょうか?

なんか不吉だろ、おい!
しかも夢で俺の竿を折ったのは2人とも女なんだよ。

いやいや。

こういう時はプラス思考で行こう!



ロッドが折られる。



竿が折られる。



ちんこが折れる。





うん。

なにひとつ良い方に思い浮かばねぇ!



。。。。。


ん?

海用の竿が折れる?

海用? 海? うみ? 膿み?

なにぃぃぃぃ!?



だーれーかー、たーすけてくれーーーーーー!












まぁ安いロッドなんだけどね。(だからナンだよw)

でわまた。。

posted by 隊長 at 12:25 | Comment(12) | 日記

2015年01月02日

明けたのかっ!オイっ!(2015)


皆様、あけましておめでとうございます。

中には新年におめでとうが言えない方もいらっしゃるでしょうが皆様の2015年が輝きに満ちた1年でありますように心からお祈りいたしております。




ああああぁぁぁけけけけけけぇ!



おめこーーーーーーーーーーー!

どうも、隊長です。
今年も絶賛不謹慎だよ。(絶賛されてねえよ)
でも良い子は真似しちゃダメだぜ。


ドーーーーン!


『はい。ここで今年HPとブログでやりたい事を発表っ!』

1.とくに無ーーーーーし

2.場当たり的にテキトーーーーーに


『ついでに目標と抱負を発表っ!(公私ともに)』

1.現状維持

2.変化の無い俺である事と反省しない事


こんなもんかなぁ。※ここまで威張れる要素ゼロ。


と、言う訳で皆さん、皆さんだけが頼りです。
急がしい中でたまにはぼくのトコ遊びに来てくれるだけでいい。
読者投稿なんか送ってくれたら、さらにいい。
肴は炙った烏賊でいい。(それ関係ないし酒飲めへんし)


新年早々卑屈やのう。。


と、まぁ今年もこんな調子だけどよろしくね。


あ、そういえばなぜか今年はどんだけぶりかに母ちゃんからお年玉をもらったよ。
(10k)


うん、早速風俗の姫始めに使うね。
うん?うんうん。産まれちゃってごめんね。
子供を育てるには3千万前後かかるから、『子供を産むのは1回3000万のレアガチャ回すようなもんだ』とか言うらしいね。うん、出たねぇ、あんた。凄いの出したね。でもアンタの息子は愉しく生きてるから。



で、



もしも、自分を『ダメだダメだと思ってる人』へ。

たった1つの卵子にたどり着くのはね、1回の射精で平均3億という精子の中からたった1人だけ。基本的にはたった1人だけです。あなたは真っ先にトップでゴールテープを切って優勝したから産まれて来たのです。これは選ばれたというよりはあなたに運と実力があったからこそ勝ち残って自分の意志で産まれて来たのです。3億の中の1人ですよ。3億っていったらアメリカの人口ですよ。アメリカの人口の中で1人だけ勝ち残ったのに匹敵するのです!そうですある意味アメリカ代表です!(その例えメリケンに謝れ)

でも、

だから自信を持って。そうやって考えると自分も捨てたもんじゃないと思えるから。

※この1節は高校時代の教師が言いました。(俺の言い方とはじぇんじぇん違うけどw)
 この言葉だけは今でも良く覚えていて時々その意味をかみ締めます。


そう、俺はエロスとギャンブルを極める為だけに産まれてきたのだ!
(他にも色々あるはずじゃぼけ)



と、まぁ2015年もこんな調子ですので奇特な方は今年もこんな俺を生温かく見守ってくださいね。


裏モノ探検隊:一風堂の隊長でした。


でわまた〜

PS.メールとかツイッターとかで「あけまして〜」をくれた奥ゆかしい方々もありがとう。その中の数通のお返事が戻ってきちゃったけどちゃんと届いてますしゆっくりと咀嚼しながら拝読させていただいております。今年もよろしくお願いしますね。





神事?.jpg

今年もよろちんこ&よろまんこ





posted by 隊長 at 17:30 | Comment(18) | 日記

2014年12月28日

欠けたピース。(年末のご挨拶に代えて)


風俗嬢の多くは、何かが欠けているというか、ヒトとして何かが決定的に足りてない人が多い。そしてぼくも同じく決定的な何かが足りてなくて、何かが致命的に欠けているのを自覚している。
同時に彼女達は何かに対して復讐をするために業界に足を踏み入れている人が多い(本人が気づいてない場合も多いけど)それは家族に対してであったり過去の男、いやオトコという存在そのものであったり、社会のシステムであったり。

ぼくはそんな嬢たちを時に面白おかしく書いたりする。時にはばかにしてるように感じるかもしれない。でもぼくは同時にそんな彼女たちを深くいとしくも思っている。だからいろいろと許されているのだと勝手に思っています。



たまに。

たまにだけど『俺にはあとどのぐらいの時間が残されているのだろう?』と自問自答する時がある。もちろん答えは出ないのだけどね。

好むと好まざるとにかかわらず、人間、年齢を重ねると出会いより別れの方が多くなるものです。ぼくは運良くネットのおかげで去り行く人よりも出会いが多いように思うのですが実生活では別れの方が圧倒的に多いものです。

もちろん人の生き死にもそうです。ぼくの愛する人たちにはあとどのくらいの時間が残されているのか。
人だけじゃない。あのお店は?あの国は?この国は?そして俺自身は?

など。

俺のHPだってね、2年持つかな?と思っておったんです。昔やってたHPは1年で潰しました。まぁあれは飽きたというかそのサイトをたたき台にしてまとめて本にして出版したので区切りをつけました。まぁぶっちゃけ本の印税は労力の割には30万にしかならなかった訳です。(おい、30万も?とか思った奴、ぶっとばすぞ)

それをただの趣味のサイトでこんなに続くとは夢にも思いませんでした。

続けられたのは思ってたより遥かに多いアクセスがあった事は大きいですね。だって前のサイトは1日平均30HITに満たなかったんですから。やる気も出るってもんです。あとは読者の皆さんが思った以上に(想像より遥かに)HPに参加してくれた事。これが1番大きいです。俺が書けない時にご投稿を送ってくださるもんだから本当に助かりました。

HPも来年で10年なんでどうしよかなぁ?と思ってるんですが、まぁ流れに任せる事にしますw



2014年の閲覧者数(HPのみブログは含まず)

『918443人(訪問者数)』
 ※1月1日から12月28日まで。同一カウントは1日1回の計算。

今年も多くのアクセスをありがとう。
多くのご声援と罵声をありがとう。



今年もお世話になりました。
そして来年もお世話になるぞ。



と、言う訳で2014年は割とまじめに〆てみました。






ハート.jpg

またね〜

(今年のブログの更新は最後だけどHPの更新はたぶんあるよ☆)


※言っておくがさっきの緊急更新が原因で真面目に〆た訳じゃねーぞ。
 あれはぁ、ハァー! イレギュラーでぇアー!
 こっちを先にぃヒー!書いてたのアー!ワーァーアガギャガギャガャ!(号泣


posted by 隊長 at 17:06 | Comment(14) | 日記

2014年12月24日

12月っていいな。


亀は夜更け過ぎに、亀頭に変わるだろう、サイレンナイ、うぉーいえい、ほりーない(ry



うぉーいえい、ぢゃねーよ。
ホントに叱られるわ。ちゅーかお前なんぞむしろ叱られたらええねん。

どうも、隊長です。12月大好きです。
慌しくてやる事がいっぱいあって楽しいです。
なんとなく年末を目指してみんなが突き進んでいるのも良いですね。
皆さん運転は殺気立ってるけど。。

で、忙しい時ほどくだらない事を考えます。

これを俗に、いにしえより、

「バカの考え休むに似たり」

と言います。

でもこれはもっともらしくて間違ってると思います。
バカな事ばかり考えつくのはとても楽しく幸せな事なんですよ。
それが人から見てどうなのかは関係ないのです。
人から見たら面白くもなくてアホだと思われるような考えでも『考える事自体』は素晴らしい事です。

一番いかんのは思考停止に陥る事です。


コレ!


まさにこれが休んでる状態です。これが良い訳ないじゃない? don't U θink?

i 罠 B wiθ U 此処に居て ずっとずっとずっと
明日のことは判らない だからぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてねダーリン

しまった、なぜか椎名林檎のギプスに移行してもうた。
(叱られろ、お前はホントに叱られろ)

とにかく、やる事があって考える事が出来るのは幸せな事です。
だってそうすればイヤなことも考えないで済むじゃない? don't U θink?

あいわなびー(ry



もういい、ほんともういいから俺。

ただね、核心を言いますと、『バカの考えは休むには似てない』けど、実際に行動に移す時はまた話は別ですからね。(自戒を込めて)









どらえもん22.jpg




とにかく、俺は2014年も無事に生き残れそうな雰囲気です。
(修羅場は2,3あったがな。。)

皆さん、なにしろ良いクリスマスをお過ごしください。

でわ、また。

※年内まだ、このブログも更新しますので年末のご挨拶はのちのちいたします。




「業務連絡」
ご投稿いただいた。「ま○・ご○う」さん。
返信メールが戻ってきてしまいますがこちらには無事届いております。
ありがとうございました。



posted by 隊長 at 13:48 | Comment(8) | 日記

2014年12月16日

日本昔話。


むかし、あるところに大変仲の良いおじいさんとおばあさんが暮らしておりました。
ある朝、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川で洗濯をしておりました。
するとどうでしょう。川上から桃がどんぶらこ、どんぶらこ、と流れてきました。
おばあさんはよいしょとよいしょとその桃をうちに持ち帰りました。

その夜、おしいさんが桃をスパッと切るとあら不思議。
なかからバイアグラが出てきました。
それを見たおばあさんの目は輝き、おじいさんの目もギラつきました。

「まぁ明日のお楽しみにしよう」じじぃ
と、おじいさんは言いました。
「今日はゆっくり寝て体調を整えねばなるまい」じじぃ

次の日の朝、おばあさんは川に洗濯に、ついでに念入りに水浴びもしました。

なお、おじいさんは芝刈りに行くフリをして山を下り遊郭へしけ込みましたとさ。

めでたしめでたし。



他にも川に洗濯行ったバァさんがそのまま逃げ出すオチのバージョンもあるけど、、
まぁいいや。。



どうも、隊長です。

いやぁ年末だね。参ったね。
俺は筆まめじゃないし、書くのが好きでしょうがない訳でもない。

なのに何やら書いてると色々とスッキリするのが不思議です。
で、前のサイトを含めトータル13年ぐらいくだらない事をネットで書き続けてる訳です。

学校の感想文も大嫌いでした。
読書感想文も日記もね、嫌い。
レポートなんてもっての他ですわ。

ただね、中学の担任が1人だけ俺の文章を褒めてくれたんです。(たぶんな)

「お前の書く感想文や修学旅行記や卒業文集の文章は文法も漢字も全くなっとらん。とても褒められたもんじゃない。先生の悪口は書くし友達の事もボロクソに書いててとても学年広報には載せられん。」

褒められてねーじゃねーか。

「ただね、私はお前の書いたヤツが一番面白い。上手いと思う文章を書ける頭の良い子はいくらでも見てきたけど毎回笑ったのはお前のだけだった。」

と、言われたのです。

その時は「ふーん」としか思いませんでした。
だったら国語の成績もっと上げろや、みたいな。(成績は散々ネー)

実際、卒業文集だって「センセの悪口書き過ぎだから書き直して!(キレ気味)」と言われたもの。
※言ったのは生徒会長だけどね。
まぁ俺としてはセンセへの愛に満ちた文章のつもりだったので書き直したフリしてそのまま印刷コーナーへ紛れこませたりましたけどね。

で、その文集を読んだ先生が俺にさっきの言葉を言ってくれたのです。
書き物を褒められたのなんてあれが初めてだったな。。

そんな事をフと思いだしました。(師走って事で)
あ、こんなん思い出すなんてあのセンセもしかして死んだんかな?
いや、殺しても死なないだろうと思う。(ちなみに女の先生でした)

めでたし、めでたし。

でわまた。。


あ、忘れてた。これから先HPの勃起サプリ系のレポートが(やや)充実していくと思いますのでその告知をしたくて冒頭に無理矢理バイアグラ話をねじ込んだんでした。
posted by 隊長 at 18:55 | Comment(12) | 日記