2014年02月10日

ぼくらはそれでも種を蒔く


小説や映画のタイトルではありません。(念のため)

どうも、隊長です。

気が付くと2月になっていて節分に後厄でお寺さんで豆蒔いて、昨日は昨日で人妻ヘルスでマメを転がしていました。ああなんてサイテーな話の流れなんでしょうか。

いや、ナニね。気付いたのよ。

「たぶん俺去年はヘルスに行ってない」って事に。

まぁ他の各風俗には行ってたんですが、ヘルスだけが俺の選択肢から漏れてたの。
まぁ大厄だから自分比で大人しくしてたのもあんだけどね。
これはいかんと思ってヘルスに行きました。

結果は可もなく不可もなく。

そこがヘルスの良いところでもあり弱点でもあると思います。

斉藤一人さんが言ってたけど『大厄は大役』であって、今まで良いことをしてきた人には大きな役回りが来てむしろ雪崩のように良い事があるのが大厄の年なんだそうです。ああ一人さん、良い事言わはるわ。でもそれって俺には関係無さそうな…

まぁ良い。

とにかく大厄は終わった訳です。
後厄にむしろ気をつけろ?ウッセーボケ終わったんだよボケ、後なんて知るかボケ。あほんだらあほんだらあほんだら。(口悪いな)



面白い話を聞いた。
面白いと言っても笑える話でないけども。


ある人妻がね、出会い系で恋人が出来たんです。

この人妻には子供が居なくてね、不妊治療してたけどやっぱ出来なくて、これは旦那のザーメンに問題があるんじゃないかと調べさせようとしたら旦那が拒否して俺は種がある!と自信満々だった訳です。でもやっぱ出来なくて数年が過ぎていてついに人妻は疲れた。疲れて癒しを求めて出会い系をやった。
そこで出会ったのはまぁまぁ誠実な妻子アリの男性でお互い既婚で安心なのでした。

当然ナマでする。(なんで当然やねん)

そのうち中で出すようになる。(ワタシできないから)

すると妊娠したんです。

「ワタシ産むし」人妻

男は何度も確認。(ていうかヤメロ)
しかし人妻はこう言うのである。

「彼の親もワタシの親も孫孫うるさいし、ワタシも欲しいしみんなハッピーじゃない?」
「もちろん、旦那の子供として産むわよ。こないだ不妊治療の医者に指定された日に旦那としたからOKよ」

何がOKなのかサッパリわからん。

「血液型とかでバレへん?」(チンコ縮み状態の男)

「それがね、旦那がA(O)でわたしB(O)な訳。そうすると前種類の血液型が産まれるんだよ(ニコニコ)」人妻

人妻はこうも続ける。

「ワタシが産むんだからワタシの子なんだからOKよ(るんるん)」


めでたし、めでたし。






まぁそんな話もあるって事で、どこかの誰かのようにDNA鑑定まではしないですから確かにバレませんよね。でも本当に旦那の子供の可能性もゼロではないので、あ、いや、限りなくゼロらしいけども。。嗚呼。。



z二股.jpg


女には女にしか分からぬ事があるというお話でした。


※当然だけど俺の体験談じゃねーぞ。


でわ股。。


posted by 隊長 at 18:35 | Comment(2) | 日記

2014年01月29日

競輪場の熱。。


たぶん今年、NISAじゃなくても非課税です。

どうも、隊長です。今回はお金にまつわるエトセトラです。

ええ、何と言ってもチンコが冬眠中なんでね。ああ、お金が余ってしょうがないわ。(嘘)


昨年末の話から。





「競輪やってる(賭ける方)奴にロクな奴は居ない」と、誰かが言った。

それはそうでもないと思うが賭博場としての熱量が残っているのは確かだと思います。
やはりギャンブルとしての競輪は人間の力で自転車を漕ぐのでそれだけ賭ける側も熱くなるのでしょう。

去年の年末に競輪GPを買いに場外へ行きました。

そこでアツいジジィが居ました。
まぁ堅気で無いっぽい雰囲気が漂う元殺し屋みたいな風貌ですが相当くたびれてはいます。
そのジジィのお札がどうも機械が読み取れないみたいでどうしても戻ってくるのです。

発走時間が近づきジジィは慌てている。

券売機の中からババァが覗き「機械が読み込めないんならしゃあないね」みたいな話。
ジジィは「じゃあ札を交換しろ!」と言うがなぜかババァが拒否。



ジジィがキレる。

「ワシの金が偽札やとでも言うんか、たわけーーーー!」

「ほならワシ、どこで車券買うたらええんやボケーー!」

ジジィの怒りおさまらず。

「オメー謝れ!外出てきて謝れやーーーーー!」

ババァ苦笑いで奥へ引っ込む。

「謝れやー!外出てきて謝れやーー!外出んかいィィィィッ!」

「出て来いッ!たぁわぁけぇがァァァァァァッ!!」


なにやらジジィが新手のスタンド使いに見えてきたが同時に少し感心もした。

俺がジジィになったとき、あんな熱量と怒りを持続出来るだろうか?と。


否。


しかし、地方(JRAでない)のギャンブル場へ行くとやたらキレてるジジィを見かける事が多い。
昔はJRAだって結構な鉄火場だった。だってギャンブルだもの。タマ張ってんだもの。



女や酒より、サイコロ好きで、すってんてんの、あのじいさん。
アンタこそが、正直者さ、この国ときたら、賭けるものなどないさ、
だから、こうして、漂うだけ。
みやげにもらった、サイコロ2つ、手の中で振れば、また振り出しに、
戻るたびに、ひが沈んでゆく。  吉田拓郎「落陽より」



まぁ正確に言うとギャンブルのあとで女がくるのが常なような気もしますがw





破れたお札.jpg

某無人駐車場でね、お札が詰まってしまって針金使って取り出したら見事に破れましたの。
当然読み込みもしなかったので近くの自販機で買いたくもないジュースを買ってお金は支払い脱出しました。本来なら管理者に連絡して待つべきでしたが、そうはいかない。だって某エロティックマッサージに予約が入ってて時間ギリだもの。待てない待てない。ごめん次の出庫のお客さん。ホントごめん。でも俺のチンコがキャンセルは出来んと言い張るんだもの。(チンコ冬眠しとったんとちゃうんか?)


まぁまぁそんな話ですよ。

あとから銀行の人に聞いたらね、電話で聞いてくれたんだけどね、

「半分だから500円だそうです」銀行員

ほんとかお前?テキトーだろ。
なんだよ、その千円札半分だから500円とか言う小学生みたいな計算は…



「ワシの金が偽札やとでも言うんか、たわけーーーー!」(その話とは違うぞ)



※持ってくとこ持ってくと換えてもらえるみたいだけど当分お守りにしときます。(何の?)

※2 某所で写真の指が長いと言われましたが写真の写り方もあると思います。



でわ股。。









posted by 隊長 at 17:33 | Comment(6) | 日記

2014年01月15日

『全力オナニー』※新曲のタイトルではありません




「今年はなんや調子乗らんのう。」 チンコ

「またお前かよ。お前今年喋り過ぎやぞ」 たいちょ

「ちゃうがな、お前がイマイチ乗ってへんから禿げ増しとんねん。」 チンコ

「励ませよ、なんか禿げ散らかしそうやないか。」 たいちょ

「おっと、ますぞえさんの悪口はそこまでだ!」 チンコ

「言ってねーし。」 たいちょ

「何しろ冴えんツラやねなんか。」 チンコ

「まあね。なんかこう納得のいくオナニーができんというかね」 たいちょ

「そうは見えんけどな」 チンコ

「いやあのねチンコ、俺ぐらいのレベルになるとね、他人の目から見たらホームランでもなんか違うんだよね。会心の当たりじゃないというか芯で捉えてないっていうかね、すくい上げるような落合のホームランも美しかったよ。松井の豪快なスイングのホームランも素晴らしい。でも俺はどっちかって言うと真正面から芯で捉えて投手もセカンドもセンターも一歩も動けないような気が付くとバックスクリーンの真下の壁にドスンと突き刺さるような当たりを放ちたい訳、当たりが良すぎてシングルヒット的な。でもそれが今年まだ出来てない。出来てないならまだしもデキル予感も無いんだよね。」 たいちょ

「語ったね、語り倒したね、全然野球関係あれへんけどな。」 チンコ

「じゃあ、例え変えるわ…」 たいちょ

「もういいよ」 チンコ

「ガンダムで言うとミノフスキー粒子がさ、」 たいちょ

「だからもういいって!(怒)」 チンコ

「チンコ、その調子で勃起してくれんかな?」 たいちょ

「…」 チンコ




どうも隊長です。
お寒い中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

俺はですね、今から何かが始まりそうなのか、それとも終わろうとしているのかよくわからん状態です。
雰囲気としては後者っぽいのですがここは悪あがきカードでも使って海底(ハイテイ)ツモを狙っていきたいと思っています。

やっぱあれだ俺。

スカートが短くなってこないと調子出ないわ。
いやいや真冬のコートとブーツも捨てがたいよな。

まぁいいや。

何しろゼッタイに人に見られて困るような全力オナニーをしないと。
いいね!
『全力オナニー』
このタイトルで誰か曲出してくれんかな。(出さねーよ)
「いいね!」と言えば「いいね」と「フォロワー」は結構お安い金額で大量に買えるってしってた?
商材系とか楽して儲ける系のアカウントのフォロワーをじっくり見てみると面白いよ。
まぁそんなことはどうでもいいわ。



「人に見られて困らないオナニーなんて無いやろ?」 チンコ

「また出やがったなチンコ。お前は寒さで縮んどけ!」 たいちょ

「それで困るのはお前だけどな。」 チンコ

「そりゃそうだ。」 たいちょ


「わはは」 たいちょ&チンコ





今年はチンコとよりいっそう仲良くしようと思っています。


でわ股。。

posted by 隊長 at 18:46 | Comment(8) | 日記

2014年01月07日

打ち始めと馬始めと姫始めと。


1月3日の俺。

真夜中に俺は他県の神社に行く。
つまり1月2日に出発をして日付が変わる頃だ。
そこの神社の初恵比須は3日えびすなのです。
あ、そういえば七福神ってえべっさんだけが唯一の日本の神様だって知ってた?おや誰だい、日本人は昔から排他的だとか言ってる奴は?排他的な奴が他国の神を祭るもんかね?

神殿にて玉串を奉納して終了します。
この神社には伊勢神宮系のお宮と縁結びのお宮と出雲大社系の大黒恵比須のお宮が並んでいます。その節操の無さ、、いやいや、良く言えばこの神社のそんなカオス感が気に入っています。縁結びのお宮の裏には「まんこ石」がありエロスもあるのです。(マジ)

それでいてこの神社にはご神気のようなものもかんじるのですわ。

さてさてそれを済ませてから1月3日は朝から競馬へ行く事にしました。だって馬年だし。(いつもやん)
やっぱ正月といえば地方競馬だ。

少し早いからお風呂屋にでも入ろうと思ったのですが偶然にも(?)その隣にパチンコ屋があった。北斗を打つ。「この世に兄より優れた弟など存在しねぇんだよ」というジャギの言葉を聞いて何か某国を思い出してしまった。悪い事する時はケンシロウの名を語るしね。
と、言う訳でここではほぼプラマイゼロでした。

で、風呂に浸かると、やばい時間無いわ。
俺は競馬場に向かった。

「おい方角違わね?」 俺
「合ってるよ」 チンコ
「いや違うって名古屋で開催してるのに笠松向かってるやん」 俺
「笠松の方が色々と都合がええやん」 チンコ
「今おるの名古屋市内やぞ。無理あるだろ」 俺
「どうせ負けるやん。どうせ初抜きやん。そしたらソープやん。近いやん。」 チンコ
「賢いなお前」 俺
「現場に馬走ってないけどな」チンコ

「わはは」チンコ&俺



そして久しぶりにソープでえらい目に遭った。

一言で言えば、

「どすこい!」だった。

もう一言加えるなら、

「がっぷり四つ」かな? ※まぁ面白かったけどね。





そして仕事が始まり銀行口座を見て愕然とした。


年末年始調子こいて金使いすぎたは。

チンコ外して銀行に預けたいぐらいだは。
いやまじで。

「外すな外すな」 チンコ
「喋るなチンコ!」 俺

でわ股。




姫石.png

参考画像「まんこ石× 姫石○ 」



posted by 隊長 at 09:25 | Comment(6) | 日記

2014年01月01日

新年のご挨拶

みのもんた.jpg



明けおめこ。
たちちんこ。




明けましておめでとうございます。

裏モノ探検隊:一風堂の隊長やらせてもらっている管理人です。

改めて申し上げますとこちらおよび本体HPはエロサイトというジャンルになっております。
もちろんフィルタリングされております。わはは。

さて、調子こいてパチンコの建前とかソープの建前とか料理組合の建前とか書いてると特定秘密保護法に引っかかりそうな不安が無くはないですが気にせずに今年も頑張ってイキたいと思っております。

元旦に更新する事は今まで無かったような気がしますが今年はなんとなく更新してみました。


で、だね。

早速だけどうちの本体は裏モノ探検隊:一風堂というクソサイト(殺す)なんですが、ここのブログはその残像に過ぎません。言わばスタンドみたいなもんかもしれません。(じゃあ主役みたいなもんやんけ)いやいや本体が死んだらスタンドも死ぬでしょ?と、言うわけで本体の安定的な維持のためにも今年も皆さんの投稿レポートが大きな力になります。
俺のHPは普段なかなか人には言えない話ばかりで構成されています。
風俗。裏風俗。出会い系。勃起サプリ(薬)レポートなど。
下半身にまつわるもしくは人間の欲望にまつわる怪しい話なら何でもOKです。
広くご投稿をお待ちしております。詳しくはHPをごらんください。



さて、無事に『お願い』と言う名前の乞食行為も終わりました。(正月早々卑屈やのう)


改めて今年もよろしくお願い申し上げます。

ここを見てくれてる人たちすべてが幸福な1年でありますよう。


※大変にご利益のある神社にて私めが代表して、『男子には勃起の神様』が、女子には『ヌレヌレの神様』が、それぞれ降りますように強く祈っておきますのでご安心を☆


でわ今年も〜 股!

posted by 隊長 at 00:00 | Comment(12) | 日記

2013年12月27日

年末のご挨拶。

俺は12月が大好きです。

1年の中でバカみたいに忙しくてバカみたいにイベントが凝縮しててバカみたいに浮かれます。
俺は元来ヒマよりも忙しい方が性に合ってるんでしょうね。
そしてその楽しさは年末にピークを迎えます。
その先には何があるかはわかりませんが無事に年を越せそうな事に無上の喜びを感じるのです。

以前からそうではあったのですが、さらなるキッカケとして俺は10年ぐらい前に心臓に突然異常が見つかった事があります。とにかく脈拍がおかしいのです。あまり自覚症状は無いのですが調べるととんでもない数字が出ていてバカみたいに高い心臓の薬を飲んでも全く効かなくて大学病院で精密検査を受ける事になりました。当初ペースメーカーを埋め込む手術をする事になるかも知れなかったのですが精密検査の結果、臓器自体の機能には問題は無く送られてる信号に大変な異常があるけど、取りあえず薬飲んでも効かないのだから薬も飲むのもやめて様子を見ましょう。『ただし少しでも異変があれば迷わずに救急車を呼べ』と言われました。同時に医者からは「朝起きれずに死んでる可能性も普通の人に比べれば何倍も高い」と言われました。

この時が初めてですね。

「死」というものを自分の中で意識したのが。
それからというもの朝起きる度に生きてる事がうれしくなりました。

まぁ時が経ちまして5年ぐらい前に突然心臓の異常は治ってしまって今に至ります。不思議なほど今は検査でも全く異常が出ません。医者が首をかしげます。何と言っても俺を診た数人の医者が口を揃えて「一生付き合っていかなきゃならん病気だ」と言ってたんですからw
そう思うといったいあれはなんだったのか?何かの警告だったのかもしれませんが、逆に言うと突然なって突然治ったのだからまた突然なる可能性は大いにあるとは思います。経験上そうなった場合は当時より相当ひどい状態になるだろうな、とも思っています。

この時の経験とその時期に身近な人の突然の死などが重なり、自分の死生感というものが一気に変わったような気がします。ただし誰かがしたり顔で言うように、俺は別に『生かされてる。(誰かに、何かに)』つもりは一切無いです。俺は自分自身の意思で生きているんです。メシを食って栄養補給して水分を取って毎日呼吸をして自分の意思で生きています。
その気になれば俺は俺自身を殺す事だって出来る訳だから。(笑


あの経験があって逆に心臓に毛が生えたのかもしれません。
ハートを強く持て、というメッセージだったのかもしれませんね。


さて俺の周りにも年を越せなかった人が何人か居ます。
それは天寿だったり不慮であったり突然であったり様々です。

めでたく俺は越えられそうです。
俺だけじゃなくてここを見てくれている人達も越えられそうで何よりです。

やはり生きていると言うのは素晴らしい事ですよ。

死者に対する敬意と供養はもちろん大切です。
お墓参りも大切です。仏壇に手を合わせるのも大切です。

でもね、それよりももっと大事なのは『生きている人とどう向き合うか』だとも思うのです。ハッキリ言って死んだ人の事は後回しでも良いんです。別にお墓まで行かなくても寝る前に簡単に手を合わせる事でも供養になります。ぼくは故人に対しては『思い出してあげる事』が最大の供養だと考えています。別に花持って饅頭持って背広着てお墓参りに行かなくたって供養の方法はいくらでもあると思うんです。

そんな事よりまずは生きている自分と、生きている身近な人と、どう接して、どう向き合っていくか、が本当に大切だとぼくは思うのです。(生意気言って申し訳ありません)



ぼくたちはひとりひとり、本当に様々な不安やトラブルを抱えて生きていますよね…





でも、、


でも、年末年始ぐらいは深く考えないで 『HAPPY!』 で良いんじゃねぇの?

日本人は23日に陛下の誕生日を祝って24、25と「クリスマスー!」と叫んで年末にはお寺へ行ったりお墓参りをしたり、そして年が明けると大挙して神社に参り盛大にお金をぶん投げる訳です。この節操のなさと宗教観は外国人には理解できませんよねw





今年1年ありがとうございました。


読者の皆様はもちろんのこと!


ツイッターのみなさーん。(まだつぶやくけど…)
ついでにパズドラのみなさーん。

今年1年お世話になりました。



「そして来年もお世話になります。」

「そして来年もお世話してやるぜ!」



良いお年を!


裏モノ探検隊:一風堂の隊長でした。



股!
posted by 隊長 at 19:28 | Comment(10) | 日記

2013年12月24日

たいちょうのサンタおじさん。。


たいちょうのサンタおじさんだよ。
いいこにしてたかい?
いいこにしていたおじょうちゃんにはプレゼントをあげるよ。

ほら、いま履いてるくつしたを脱いでおじさんに渡すんだよ。
そこにプレゼントを入れてあげるから。

ところでおじょうちゃん…、もちろんそれは朝から履いてるくつしたなんだよね?





自分で書いてて怖くなってきました。

どうも、たいちょうサンタのおじさんです。

ぼくは良い子にしてなかったからサンタさんは来ないみたいです。
ああ、でも今頃風俗行くと結構な確率でサンタコスプレで迎えてくれるかもな。
ボーイがサンタコスプレだったらテンション下がるけど。(たまにあるから注意)

プレゼントくれる嬢も結構居るよ。

どっちが一体サンタでどっちが与えてどっちが与えられてるのか考えさせられますよね。

※考えちゃダメだ。


で、


「メリークリトリス!」


ああっ、やっぱどうでもこれ言わないとクリスマスこねーもんな。


日本人とすると23日がクリスマスな気分なんですけど個人的には。。


関係ないけど。。(以下)




なるほど.png


なるほどな、と思わされた写真です。

同時にべつに垂れててもむしろ自然でエロティックな気もしました。



んじゃ股〜

posted by 隊長 at 18:09 | Comment(4) | 日記

2013年12月17日

年越せるんかっ!

ホモ以外帰ってくれないか?.jpg

ホモ以外帰ってくれないか?




さて、

病院に行ったら先生に「お正月食べ過ぎないように」とクギをさされました。
いつからおれはそんなデブキャラになってしまったのでしょうか?
さらに正月明けに「血を抜くから」と宣言されまして今から憂鬱です。

どうも、隊長です。

体調イマイチだったのでボーっと過ごしておりましたら、気が付くと週末有馬記念だよ、みたいに時間が過ぎていて、何から手をつけて良いのかわからんほどやる事が山積みな状態です。なので取りあえずブログを書きます。(なんでや)

あだもすて…

こんなんで俺は果たして無事に年を越せるんでしょうか?


それでも生きていかねばならない。

とか言いながら先週もピンサロと回春マッサージ行ったけどね。(行くべき順番が逆なような気がする)


股。。


みなさまもお風邪等召さぬように…

posted by 隊長 at 18:42 | Comment(10) | 日記

2013年12月03日

狂気と破綻と混沌と。

※この文章は破綻と狂気と憶測に満ちていますのでそこのところよろしく。
 でもせっかく書いてあったからUPしてみます。


俺は生野菜が好きである。

新鮮なサラダをいただくのは何となく贅沢感があるのだ。
かといってとりたたてヘルシーだとか健康的だとも思わない。
生野菜を食べる時はなるべく一人で、知ってる人に見られないところで食べたい。なぜなら俺にとっては生野菜を食すのはとても野性的かつ破壊的な行為に感じるからである。
口の中で中でバリバリと繊維と野菜組織を破壊する音を聞くとアドレナリンが分泌されるのを感じる。もちろん生野菜を大量に食すには上質なドレッシングも必要である。ノンオイル?なにそれ。バリバリにオイリーかつマヨネーザーでチーザーなドレッシングも必要だ。一体生野菜を喰らう行為のどこがピースフルだと言うのかね?これのどこが草食的平和的行為だね?むしろ破壊的にして攻撃的かつ創造的ではないか。
付け加えて言うと最近「人間は生物学的に先天性に野菜が好きではない」研究が発表された。子供はそれを先天的に知っているからこそ野菜嫌いが多いのだと言う。野菜嫌いに関して反対する向きへの論破としてはこれがある。さっきも言ったがドレッシングの存在だ。誰しも、ベジタリアンであっても目の前にただの生野菜を山のように積まれてもドレッシング無しでは食が進まないという事だ。これが人間が基本生野菜嫌いである証左だという。

さて俺はサラダを自分の想定以上に喰らうとまるで自分が青虫にでもなったような気分がする。実際青虫が葉っぱを食べる様を間近で見るとそれがとても激しくエネルギッシュで破壊と狂気に満ちた行為だと気付くだろう。
咥内の野菜が破壊される音と消費されていく量を見ていると俺はこのままサナギになってしまうのではないかと思う。いつか眠りとともに口から糸を吐いてまゆになり動けなくなるのだ。運が悪ければ他の補食動物の餌食になるだろう。いやむしろ運が良ければまゆから還る事ができる。アゲハ蝶ウォッチャーとして有名な俺ではあるが(初耳)最近のアゲハ蝶の成虫率は相当低くなってしまっている。ある種の蜂が寄生したり鳥に狙われる場合ももちろん多いが何の危険も無いまま還らないサナギが増えたのだ。あまりにも小さい身体のままサナギになろうとする者も多い。だからアゲハ蝶が優雅に舞う姿を見つけるとある種の感動を覚える。そこからそのアゲハがまた良いパートナーと出会えるようにも願う。

俺は繭になる。

でも俺は運が良くサナギから還る事が出来ても醜く嫌われる蛾に生まれるのかも知れない。でも俺は飛ぶ事が出来るんだぜ。それで一体なんの不満があると言うのだろう?(ある種の蛾は飛べないけど)


ああ肛門が熱い。


今俺は真夜中に腹痛に襲われトイレでこの文章を携帯で書いているのだ。いかんせん昨日喰った激辛ペヤングを舐めすぎていた。肛門熱い。むしろ『熱いの頂戴』的な。(嘘だ)
  

まぁ何が言いたかったのかと言うと書き初めは寝ぼけてたのでよくわからんがちょっと目が醒めてきた今思う結論はこうだ。


「やっぱり俺はナマが好き」


アナルもアツいしな。(関係ねー)


股。。
posted by 隊長 at 19:07 | Comment(4) | 日記

2013年11月29日

アイヤーイイアルヨ。。

中共関連が騒がしいので中華ネタでも書こうず。


これね、人に話すと「嘘つけ」とか「ふーん(嘲笑)」とか『あースベってる、スベってる』みたいな空気が流れるんですよね。でも、ホントなんだよ武田君!(誰?)

俺はその昔、江古田に住んでいて、と言っても40日間ほどなんですがちゃんと週貸しアパートで生活していたの。そうあの江古田。一応新宿区だし音楽の街と言われる江古田だ。俺都会人じゃん。東京人じゃん。してぃボーイやん。

むなしいのでやめとく。

で、非常に脱線するけど江古田には当時(1994年?ぐらい)京都に行かないと食べられなかった天下一品があった。今やどこでも見るけどその頃は非常に珍しくてしかもその店は京都本店の味を究極に再現している店だったので滞在中は通い倒した。(結果3キロ太る)

また当時その近辺は(今は知らん)中国人だらけで悪い中国人もたくさん居た。都内で働く他国の外国人風俗嬢でさえ口を揃えて「中国人とだけは付き合ってはだめだ」と言っているぐらいヤバかった。(注)当時中華マフィアが相当幅を利かせてた時代で洒落にならん犯罪を平気でするグループがいたからです。(今はしらん)



さて、


で、江古田でパチンコに行ってたんですね。(その頃の毎日の日課)
スロットやってたんですが、今の若い人たちには信じられないかもしれないけど当時のパチスロは1回かかって終わると電源が落ちてブラックアウトするのでそのたびに店員を呼んで台をリセットしてもらわないと電源が入らなかったんです。メンドクサくもあり古き良き時代でもあります。さらにですよ。パチスロなのに「1回交換」という店が非常に多かった。(パチンコだって基本1回交換でしたよ。3、7で当たると継続できるとか)で、まだその台がやりたければ自分のお金をまた入れるのです。



しかしこの店。。


周りを見るとみんな交換しないで続けている。


店員が俺の台をリセットしにきたので聞いてみた。

「交換?」たいちょ
「ファ?」店員

店員は中国人らしかった。

「こ、う、か、ん、シナクテヨイ?」たいちょ(なぜかカタコトで対応)

すると中華店員はこう言った。


「アイヤー続けてイイアルヨ」





言ったの!確かにそう言ったの!
誰も信じてくれないけど確かにこう言ったの!
嘘じゃねーよ、スベってねーよ。本当にそう言ったんだもん。プンプン




まぁそれはいいや。(話と時代は現代へ)


最近地元にクッソ怪しいマッサージ屋ができてね。

表の壁に赤い手書きの字で「中 国 式 マサージ」って書いてある。なんだマサージて。。
「手もみ」とも書いてある。マッサージ屋入って電気マッサージ機に座らされたら驚くよね。


ああ怪しい。。


俺が行かない訳にはいかんでしょう。ある意味。
俺がリサーチしなかったら誰が行くのだ。友人たちも報告を待っている。

『がしゃん』

俺がドアを開けると『ビーーーーー!』というけたたましい音が鳴った。
ビビるわハゲ!

「イラサイマセ」マッサージ嬢(まぁまぁ若い)








結論から言うと抜きは別料金で手コキのお店でした。

マッサージ60分 6000円
延長(という名のエロス) 5000円

相変わらず高い。延長がえげつなく高い。
ジョンソンベビーオイルつけてこねくり抜くだけで5000円だぜ。高い。
そんなんで5000円貰えるなら俺がやるわい。

マッサージはとても本格的でお得です。

それに比べてテコキが高すぎるので延長はやめて、、おきませんでした!

うん。抜いてもらった。抜かなきゃ裏風俗へ行ったって話が完成しないもの。




それは良いけどこの嬢マッサージ中にずっと謎の中華スマホでハンズフリーで会話してたのね。
分かるかねこの状況?
おれはうつ伏せである。
相手の声も聞こえるタイプである。
どうやらお母さんと喋ってるみたい。笑いながら。しかし長い。

30分は喋ってた。

なにこの孤独感。地元でこんな海外トリップ感まで味わえるなんて。

途中…

『お母さん、娘さん、日本で怪しいマッサージ屋で働いてますよ…』
と、横から口を挟みたくなった。

そんな、ある意味「らしい」中華サービスを受けてきたのでした。

もう2度と来るかボケ!
とか言いながらマッサージだけならまた来ても良いレベルだった。







俺の中でアジアンエステの国別評価感覚はこんな感じ。


台湾エステ>韓国エステ>中華エステ


ああ、タイエステにも行かなきゃな。

誰か名古屋近郊で良いタイエステ知りませんかね?(軽いエロありで)

情報求む。 info@ippu-do.com  まで。


結局最後はクレクレ君やん。


でわ股。。


posted by 隊長 at 18:34 | Comment(2) | 日記

2013年11月14日

他人の見た夢の話はつまらんよね。。

どうも、隊長です。

健康優良児ならぬ肉体疲労児です。
ってリポビタンDかお前は。ていうかそもそも児童じゃないだろ。

さて俺は普段から口を酸っぱくして言っています。

『他人に自分が見た夢の話をするな。とにかく聞く方は退屈だから」と。
しかも密に語る人が多い。で夢だから意味不明な訳で、オチまできても、『そこで目が覚めたのよね』とか言われてもどう答えていいのか反応に困る。『料理作ったよ』とかってフェイスブックとかツイッターで写真UPされててどう見ても不味そうな出来栄えだった時ぐらいコメントに困る。それはさておき個人的には他人の詳細な夢の話は映画や小説の詳細を語られるに次ぐテロ行為だと思っています。

で、それを踏まえまして本日はぼくの見た夢の話をします。(なんだそりゃ!)

2日連続イカした夢(イカレタ?)だったのでどうしても書きたくなってしまった。
このブログは俺の一昔から続いているオナニー日記なんで許してください。



1日目

女医に俺は診察されていた。
まぁ内容はAVの見過ぎな感じな設定だ。
いつのまにか俺は下半身が脱がされていて女医がマッサージと称してその殺人的な柔らかさの巨乳でなぜか俺の両膝をプニプニと挟んでいた。(俺は口に拘束具を着けられていた)

その瞬間俺の意思とは無関係に俺に射精ならぬ男の潮吹きが襲った。
それも1分ぐらい続いたと思う。最初はおしっこかと思ったけど何かが違って射精に近い快感を伴ったものだった。女医が汚れていく中で俺はただただ気持ちよくも申し訳なく思いながら目が覚めた。



起きた瞬間は焦った。俺はこないだのうんこに続いておしっこまで漏らしてしまったと思ったからだ。
急いで触ってみたらパンツは濡れていない。(勃起状態で我慢汁は出てた。尿意はなし)夢精した訳でもないみたい。なんか今思うと夢でドライオーガズムが襲ったのかもしれないと思う。先日夢うつつでドライに持っていく試みを一度したのでそれが成功したのかもしれません。俺はまた1つ上のステージに上がったのかもしれんな。(?)



2日目

豪快にうんこ漏らした夢をみた。(以上)

これはただのトラウマのような気がするけど… 夢で良かった…



ああくだらない話だ。(こないだ下ってたやん)


では股。。

posted by 隊長 at 09:41 | Comment(4) | 日記

2013年11月11日

ヤリチンの思考というもの。。

人からよく「意識高い系ですね」と言われます。


う、そ、で、す


ああ、もう嘘つき疲れました。
そのうちに何が嘘で何が本当なのか分からなくなりそうで怖いです。


そ、う、で、も、な、い、わ、い、


どうも、隊長です。

ここんとこ食べ物と現実が消化しきれてない感が半端ないです。





まぁそれはさておきフと昔友人のヤリチンが言ってた事を思い出しました。

「俺はナンパでも遊びでも女の子が最終的にマ○コ見せてくれたら満足なんだよね。まぁつまり挿入にはこだわらない訳。滅多に(?)人に見せない場所を俺に見せてくれた事が達成感なんだ」(酒場で力説)

で、その後でね、違うやりチンの人がおんなじ事を言ったんですよね。(偶然)


「俺はマ○コ見れれば挿入にはこだわらない」


うーむ。と、感心しましたね。※当時は20代前半ぐらいだった。
タイプはまるで違えどやりチンの思考は同じなのか…


わかる〜


そういえば俺も挿入にはこだわらんもんなぁ…。(お前とは色んな意味で世界観が違うぞ)


でもね、俺は知ってるんです。
そのヤリチンが同じ口で言ったの。
ホテルまで連れ込んでいざ挿入という段階で「やっぱりダメ」と拒まれて次の日ぶち切れてたの。そりゃもうナニ言ってんだかわかんないぐらいにブチ切れてたの…
お前挿入にこだわってんじゃねーかよ…。

でもあいつは良い奴なので、相手に拒まれたから挿入しなかったそうです。

まぁでも彼が切れてたのはそこまで要した労力とコストについてでした。

『メシ代+BAR代+ホテル代+交通費+メンタルダメージ』

多くは語らなかったけど全部で2万ぐらいでしょうねぇ。。


色々と考える点はありますね。(何でホテルまで入ったんだろ?とか)





だから俺は基本、デリヘルより箱ヘルを好むのです。(関係ないやん)


でわ股。。

posted by 隊長 at 17:43 | Comment(8) | 日記

2013年11月05日

ソープの設定年齢

えーソープには設定年齢というものがありまして。あーありまして。

これは嬢が嘘ついてるんじゃなくて店側が「○○歳でいけるね☆」という感じに決めるみたいです。

それでその設定年齢なんですけどね。なんですけどね。

恐ろしいい事に。。恐ろしい事に。。

はぁ、はぁ、はぁ…

ggggggg

何年経っても変わらない事が多い。。。




どうも隊長です。永遠の19歳です。ウンコ漏らしても良いですか?(ダメだろ)

さて、こないだソープへ行った時の話。

「私、28なんだけどね。友達が結婚して子供産む子が多くてね。遊んでくれなくなっちゃったのね。それで結婚はしたくないんだけど子供だけ欲しくてね。」嬢

「へー、そうなんだぁ」たいちょ


って待て待て。

『子供だけ欲しい』はどうでもいいんだ。
むしろ産めよ育てよの精神で少子化に立ち向かってほしい。
ただし教育と一般常識だけは教えるのを忘れないでほしい。
なに、お前が言うな?ああそうだ俺が言うな。

それは良いのよ。。

それよりも…

さっき店員が君のことを「22歳です」と言ってアルバムで説明されたんだけども、、




うむ。


いやー読んだね。しかし豪快に読んだね。
「お母さーん、サバ味噌定食1つ!ご飯大盛りでお願いね〜」
ってぐらい読んだよね。

6歳サバって言うと小六なのに幼稚園児だって言うようなモンだぜ。(なんか違うだろ)

、とは言え落胆した訳ではなのです。

ソープ嬢で若い子選ぶと大概失敗するという経験則があるのですが今回はあえて冒険してみたんです。
ほら、俺19歳だから冒険してもいい年頃じゃんね?そろそろね。 

でも冒険したけど不安だった俺です。

28歳と聞いてなんか安心して結果オーライ的な気持ちになったのはここだけの内緒です。

しかしだね〜、ここで疑問が出る。

他のアルバムの嬢には28歳って人が2人いたんですよね。29歳も居たなぁ。。
じゃあその人たちは一体何歳なんでしょうか。今度入って確かめたいと思いました。

28?

28?

28なんてメチャメチャ若いやん。
俺より13歳も年下やん。(お前19やなかったんか)

そう思うと13歳も年下の女の子に翻弄されてるってなんか良いよね。(プレイ的に)


「あんまり激しく動くと出ちゃうからゆっくりお願い」たいちょ
「うん、うふふ。(しょうがないなぁ)」13さい年下の嬢


くわぁ、なんかPCのブルーライトが滲んで見えるけどなぜだろ?


でわ股。。



※ていうか俺その嬢、初見で子供居るかと思ってた…
posted by 隊長 at 18:03 | Comment(8) | 日記

2013年10月31日

チンコ増大&勃起薬スパム。


最近粗チンに磨きがかかってきたのは気のせいでしょうか?(知るか)

どうも、隊長です。


どうやら、うちのHPの管理人が粗チンであり、なおかつ勃起サプリなどを研究してる事がワールドワイドでサテライト的に(?)そして盛大にバレてるみたいです。
そんな訳でまぁそういったスパムメールの多いこと多いこと。
しかも最近では外国からのお便りが多くてですね。


チンコチンコ

クスリクスリ

勃起勃起

増大増大

強化強化


と、まぁうるさいのです。(もちろん英語でですよ)

開かないのでタイトルしか見ないんですけどね。
ロシア語で書いたやつも結構みるけどきっと似たようなものに違いない。ああ違いない。
もちろん普通に日本語のやつとかカタコトの日本語の中国語混じりなんかもある。
あーワールドワイドなワールドサテライトだ。


それはさておき。

先週の週末の事なんですが、、

車で出先でね、急にうんこしたくなり、緊急避難としてパチンコ屋のトイレを借りたんです。
無事に(漏れずに)用を足し、店を出たときにはなぜか財布から1万円減っていた…。

なに?このオカルト現象?


そしてさらにだ!


パチンコ屋で服がタバコ臭くなりこのままでは気持ち悪くなるので風呂へ行った。すると風呂屋から出てくると財布から3万弱が無くなっていたのである!


なに?なんなの?すでにワールドエンドが始まってんの?




どうやら俺が動くと俺の意思とは無関係に財布が軽くなるらしい。
いやむしろチャリ銭で重くなっとるんだが。





パチンコ屋のうんこ事件は心が寒くなりましたが風呂屋のちんこ事件は身も心も温まりました。



「やっぱギャンブルで無くすより風俗で無くした方がお金は有意義だぉ」


というお話でした。


でわ股。。
posted by 隊長 at 09:33 | Comment(2) | 日記

2013年10月24日

深夜のすし屋の男女交差点。


俺は金曜の深夜。行きつけの寿司屋で一人。人生のリセットまたはリスタートについて考えていた。(ピンサロ帰り)

途中の車内では井上陽水が『人生が2度あれば。じーんせいがっ、にーぃどぉあーれーばーぁ』と唄っていた。

人生は2度となくても風俗は何度でもあるから、大丈夫と俺は自分に言い聞かせながら大将が握る寿司を喰らっていた。(早い話、ピンサロで地雷を喰らった男)

あと、俺はもう一度人生をやり直すとしても幾つかの軌道修正はあれどまた同じ道を歩く自信があった。自分が選んだ人生に間違いなんてないのだ。おれたちが出した答。選び取ってきた答はいつだって正しかったのだ。そうだろ兄弟?

ああ金玉がモゾモゾする。(毛じらみじゃねーの?)

すると寿司屋のカウンターで少し席を置いた隣で男女2人が話をしていた。どうやらカップルではないようだ、女が会社の先輩らしき男に彼氏のグチを言っている。


「彼氏と付き合ったのはぁ、大学の時からなんですよぉ、それでぇ、もう6年なんですけどぉ、ユーゾーはぁ、あたしが初めての彼女だったみたいなんですぅ。あたしは、それまでもそれなりに色々あったけどぉユーゾーの純粋な所に惹かれてて付き合ってたんですけど、途中1回別れてるんですよねぇ、半年後によりが戻るんですけどその最初別れた時にぃ言われた言葉がぁ私どうしても胸に刺さってるっていうか、どうしても許せないんですよねぇ。『あ、レモンサワーください』で、それがあってどうしてもぉ結婚に踏み切れないって言うかぁ心を許しきれてないみたいなぁ。あとユーゾーは別れてる半年間に他の女の子ともなんかあったみたいでぇ、あたしはその間傷付いてたのもあってぇ遊んだりとかは何もないんですよねぇ。だからぁ6年間もユーゾー以外に他の人を知らないっていうかぁ、あっ!6年ですよ!うーん。そんなんで結婚しちゃって良いのかなぁ?ってのも実はあるんですよね実は、うーん。あーん、飲み過ぎですよねあたし。ちゃんと今日帰れるか心配になってきた。えへへ」


「大将。ごちそうさまでした」

俺はここで帰る事にした。

帰り際、その2人組を見た。
先輩をちらり。なかなか爽やかな仕事も出来そうな男だ。

で、

その隣に居る女を見て俺は思わず叫んだ。(インマイハート)












『お前、くそブスやないか!』

いや失礼。でももう一度。

『お前、くそブスやないか!』













俺はちょっと先輩を呼んで話をしたい気分になった。(インマイハート)


『センパイ。さっきから聞いてたんですけどあのブス、パイセンの事好きなんすよ。完全にロックオンしてますぜ。会話の中にいくつも罠が仕掛けられてます。パイセンほどの男なら気付いてるとは思いますが老婆心ってやつです。あのブス酔っ払ったフリして持ち帰られる気マンマンです。安全日だとか言ってフィニッシュで大好きホールドキメるぐらいの勢いですわ。で、間違いなく次の日から彼女気取りになるタイプです。やれそうだからってうっかり部屋まで送っちゃダメです。ここはタクシーの後部座席に放り込んで運ちゃんに任せましょう。なんなら良いピンサロ紹介しますよ』(お前今日地雷踏んどるやないか)


いやでも割りとマジなアドバイス。


店を出る時、引き戸を開けながらまた思った。


『おまえ、くそブスやないか…』



様々な人間模様が見えるので寿司屋のカウンターって結構面白いもんです。(お安い店だよ)


ちなみに終始女が喋っててパイセンはテキトーな相槌打ってた。パイセンはイケメン風だからこのリアル地雷には引っ掛からないとは思いますけどね。パイセンは早く帰りたいオーラが漂ってたし。





どうも、隊長です。

昨晩一晩中うんこが止まらずずっとトイレに居て寝不足です。
もっと言うと寝てるときにうんこ漏らしました。※41歳。

で、うんこ漏らしながら寝ながら携帯で書いたのが冒頭のお話です。
まったく書いた記憶がないのですが朝起きたら書いてあってご丁寧にPCに転送までしてあったのでこちらにUPいしたしました。事実関係はすべてその通りなのですが何しろ書いた記憶が無いのでまるで誰かが俺の代わりに書いてくれたような気分さえします。でもホントの俺は女の子をブスなんて言わないから!(ほんまかいな)


ああ不思議だ。


ちなみにうんこだらけになった原因はすし屋ではなく昨日食べた『俺の他に誰も客が居なかった中華料理屋のチャーハン』だと思われます。


でわ股。。 


ああっ、うんこもれそう。(もれたけど…)
posted by 隊長 at 09:49 | Comment(4) | 日記

2013年10月16日

つわりじゃないよ。



出来る事ならばぼくはモスキートに為りたひのです。
さうしてモスキートに為ったぼくは君のその白い首筋から赤い鮮血を搾り取りたひのです。

何度だって。何度だって。

さうして最期には君の掌でぼく自身を叩き潰してほしいのです。
さうすればぼくは君の鮮血の海にまみれてもがき苦しみながら幸福に死ぬ事でせう。
もしも願ひが叶ふなら首筋に何日も痒みが続きその美しい白い肌に疵がつくのです。
いつしか瘡蓋は取れてしまふだろうけどぼくはそれで本望なのです。

ではごきげんよう。貴方に幸多かれと願いつつも。





はっ。


蚊で血を吸うのメスだけだったか。それやとレズ行為やな。





どうも、産まれた時から黒歴史の隊長です。


こないだ全身を蚊に食われる悲劇が起きましてね。30ヶ所は喰われたでしょうか。この時期の蚊は必死なんです。まさに死を恐れずに襲って来る。なぁジョジョ、これは『勇気』と呼べるだろうかねェ?

俺はたくさんの人が回りに居ても蚊に刺されやすい体質なんですよ。臭いから?ばか。メスにモテるんだよ。フェロモン的なモンがたくさん出とんねん。オエッてなるぐらい何かが出てんだよ。そりゃもうしゃくるぐらいに。(あかんやん)

さて、

なんかここ書くの久しぶりな感じしますね。

なんというか祭日が多すぎると調子狂っちゃうんですよね。(月曜張り付きの)
基本ぼくは日曜と祭日がお休みでして土曜は仕事してます。
個人的には週休2日も休んだら休みすぎだろ、と思う古いタイプの人間です。

賛同は得られんでしょうが土曜授業の復活と週休1日制復活が日本人の気質としては合ってるような気がします。週休2日じゃ日本は救えんぞ、みたいな。それで平日の仕事をのんびりやれば良い。何となく合理主義は日本人には合わんのだ。ただしまとまった休みは必要ですよ、お盆とお正月ね。

本当は先週に出会い系の話を書きかけてたんだけどネット絡みの残念ニュースが続いたので消してしまいました。

と、いう事でエロスもなく近況報告。生きてる事だけ近況報告な日記でした。

あとね、、

なんか気持ち悪いの。食べると気持ち悪いのね。なんかオエッてなってしゃくると言うかね…

で、逆にお腹すいてくると調子良くなったりします。蚊に血を吸われ過ぎたのかもしれんよホント。。

皆さんも体調管理には十分お気をつけくださいね。
※今日のお前が言うな日記はここです。

でわ、股。。
posted by 隊長 at 20:33 | Comment(4) | 日記

2013年09月24日

おい、続きはどうした?

3ヶ月ほど前に読者さんからもらったメール。



件名:発見しました!

本文:たいちょ!凄いイイ店見つけたんです。ほぐぅ






以上。


ほぐぅ? おい、続きはどうした?


で、その後、続きが一向に送られてこないのですよね。

ほぐぅ、って…

まさか書いてる途中で誰かに消されたんじゃないでしょうね…

なんて、まぁ冗談混じりに、

「どうしました?www 落ち着いたら続き聞かせてくださいね」

と、返信しましたがその後も連絡がありません。

誰かに襲われたんじゃないことを祈っています。
(仮に襲われても『ほぐぅ』とは打つ余裕はねぇだろ)

まぁいいや。(ええんかい)もし、見てたら連絡くださいね。



それはさておき。タイトルって大事だなって話。

先日の事。

『声も出せないほど感じ過ぎる人妻』

というタイトルの付いたAVを観たらただのマグロで不感症の女が出てきました。

男優は頑張っているのですが、いくら笛吹けど踊らず。みたいな。そもそも演技なんだからそれすら出来んので、ダメだこりゃ的にタイトルで買わせようとした製作側の苦労が伺えます。っておいここにそれに見事釣られたアホがおるのだが。。


でもタイトルって大事ですよね。


そもそもネットのニュース欄なんてタイトルが並んでるようなもんなのだから読んでもらえるかなんてタイトルしだいです。映画だってそう。洋画なんて結構邦画タイトルをどんなん付けるかで客の入りが全然違うと思うんですよね。パッと今思い出したのが『郵便局員は二度ベルを鳴らす』これなんて素晴らしいタイトルだと思います。観た事ないけど。(無いなら言うな)でもタイトルをレンタル屋で見ただけで記憶に残ってるぐらいだからインパクトがあります。ああ、そういやインパクトと言えばね、






ほぐぅ







でわ股。。 ※今回これといったオチが思いつかなかった為に強制終了いたしました。
posted by 隊長 at 18:03 | Comment(6) | 日記

2013年09月18日

洞窟の話。。

放送禁止.jpg

どうも、隊長です。川口探検隊ではありません。

さて、遅ればせながら東京オリンピック。
様々な意見は御座いましょうがまずは朗報だと思います。
勝つと金で買ったとか言う御仁もおられますが金で買えるなら今までにもう3回ぐらいは誘致できてるんじゃないかと思いますけどね。これを外交の勝利だと考えるとマグロに続く外交的大勝利だと素直に喜びたいです。箱ヘル潰して裏本&裏DVD屋を駆逐した甲斐があったというものです。さらに都内のコンビニのエロ本が消えるとかいう話も出てますね。世界から見た日本はありのままの日本が魅力なんじゃないですか?世界よ、これが日本だ!みたいな。どうせ「HENTAI」が日本のイメージの1つである事は消せないですしね。調子こいて吉原まで潰さない事を願います。古き良き建物なんかも消えない事を願っております。ていうか7年後、俺はいろんな意味で生き残っているのでしょうか?まいったまいったマイルドセブン。(って今はメビウスか)



それはさておき洞窟ってエロいよね。 みたいな話です。


洞窟3.jpg

洞窟ってエロティックでどうしても女性器を思い浮かべてしまいます。

柔らかい洞窟なんて無いでしょうからどちらかと言うと性的な興奮の意味合いではなくて、もっと神聖な、いや畏れに似た畏敬の念とでも申し上げましょうか。
つまりは神秘を感ずるのです。

恐ろしくも美しく近付きたいし、できれば中に入ってみたい。しかし一度中に足を踏み入れると生きて帰れるかどうかも不安になってしまうような恐怖も感じます。

この感覚は女の人にもあるんでしょうかね?
女の人でも子宮から産道を通ってきているのだからきっと同じように思うんだと勝手に思っておきます。

洞窟2.jpg

果たして中から何かが出てくるのか、それとも吸い込まれてしまうのか、みたいな。

ていうかピンサロの入り口みたいに見えてきた…






洞窟6.jpg



嗚呼、エロい。とにかくエロい。いや神々しい。



洞窟5.jpg


何かが俺を呼んでいる。





このままでは俺は古墳マニアにプラスして洞窟マニアになってしまいそうだ。

鍾乳洞もイイよな。


でわ股。。
posted by 隊長 at 09:31 | Comment(4) | 日記

2013年09月11日

起き抜け

今朝の夢はイカンかった。ショックがデカかったわ。

俺はヘルスに行き入場料を払い、サービス料を払い、いざご対面という瞬間に目が覚めたのだ。

うん。そこで目が覚めたの。。

起きた俺に残った感覚は金を払った感覚のみ。
そりゃ、財布のお金は減ってないよ。減ってないけどご対面は無いからね。
何だかお金だけ取られたような気がしてしょうがないのよ。


どうも、隊長です。
のっけからセコさ丸出しの様子をご覧いただきました。(泣けるわ)

あとね、目が覚めても勃起してなかった、という事実が俺を苦しめるのよ。
(これは分かるひとだけ分かってくれ)



話は飛ぶ。(射精は最近飛ばないがね)


ちょいと今日はマニアックにウルトラマンの話をします。

俺が好きなのは初代ウルトラマンは基本全話。
あとはウルトラセブンの途中ぐらいまで。

その理由は脚本家にあるのですがそこはマニアックが過ぎるので詳細は省きます。

そしてマン&セブンの話の中には現代を予告。予言するような話がたくさんあるのです。
そこが興味深くてそそられるのです。
※うろ覚えの部分もありますので記憶の相違などありましたらご容赦ください。

たとえば、鉄不足で地球の自動車を鉄を目的に奪いにきた宇宙人の話であったり、石油ももちろんあります、ウランを奪いにくる話もあります。
これはウルトラQになりますが人口増加で食糧危機を防ぐために人間を8分の1のサイズにする計画の話があって、それもまた1つの現代の姿ですが、一番印象深いのが『自分の住む星が年寄りばかりになってしまい未来が見えないので地球の若者を奪いにくるという話(正しくは若者の命を奪う話)』です。

うーむ。と、思わずうなってしまいます。

何といっても1966年から1968年のあいだに描かれた物語なので驚きます。
今から45年前ですよ!それらを空想とは言え予測できているのがすごいと思うのです。

鉄不足。原油不足を含む資源戦争、人口増加についてはまぁ予測の範疇にあるのかもしれませんが、少子化を思わせる内容だけはなんとなく物悲しくもあり笑えない話になって俺の心を激しく揺さぶるのです。

ああ、おっぱい揺さぶりたい。(関係ないがな、お前は金玉でも揺さぶっとけ)


そう言えばAKIRAでも2020年の東京五輪を予言してましたね。
これはちょっと種類が違うのですが揺さぶられます。

俺の趣味の1つは未来を予測する事であったり予想したりする事でもあります。
その延長線上に株や競馬を含むギャンブルがあるのです。

競馬予想の世界では「よそうはうそよ」という回文がありますが俺の事ですわ。


ああ、秋のG1が始まってしまう…(色々と欠乏しておるねアンタ)


てなわけで、股〜



posted by 隊長 at 10:00 | Comment(4) | 日記

2013年08月31日

小さい男の小さい話。


全国の粗チン同盟の皆さんこんにちは。

どうも、隊長です。

何?俺はデカくてすごいって?

ぶっとばすぞ貴様!

それはさておきこないだ友人と竿ありニューハーフは女性ホルモンを打ってるからチンコがものすごく小さくなると言う案件について話し合っていました。(他に話題は無かったんか)確かに、体験者から聞いてもその手のDVDを見ても竿ありニューハーフのチンコはとても小さくなっています。(マニアの間ではペニクリと呼ばれています)

では!

逆に男性ホルモン打ったらチンコでかくなるんでしょうか…



さて、とうとう8月も終わりますね。
生暑いのでイライラしています。更年期障害かしら?

昨日それほどでもなかったのに今になって急に納得がいかんというか怒れてきちゃった話を1つ。



さっき、うん子産んだら何か熱かった。そうだ昨日の夜にカレー食ったっけ。…回想…


某カレー屋にて。

「野菜サラダ1つ。クリームコロッケカレーにイカフライミックスで!」 たいちょ

「はい、分かりました」 店員

出てきたカレー。

『クリームコロッケカレーのうずら卵フライミックス』

なぜだ?

俺の滑舌が悪いんか?

にしてもイカフライとうずら卵フライを聞き間違えるか?

悩みながらも食べ始める俺。

まぁ良いじゃないか今日はうずら卵フライで…と、思いながら。。
なにか新しい世界が開けるかもしれないし。。

でもなんか半分食べたあたりで納得いかなくなってきた。
というのもうずらの卵は1つで十分なのね。なんか5つぐらいあるし。。
俺は中華丼にうずら入ってなくても良いタイプでして、、
ていうかむしろイカフライが食いたくて今日俺は。。

こうなると俺は店員を責めるタイプではなくて自分を責めるタイプである。

そう、俺はイカフライが食いたかったんだ。

つまり。  

イカフライ > クリームコロッケ

なのだ。

じゃあ、正解としては、

「イカフライカレーにクリームコロッケミックスで!」

と頼むべきだったのだ。最初のメニューは写真に指差し注文してるので間違わないからだ。クリームコロッケは他と間違える事はなかろう。



ご馳走様でした。

なんとなく腑に落ちないが食べ終わり帰って寝た。



で、さっきうん子が熱くて思い出す。

ていうか、店員が復唱せんのがアカンだけやないか!
何で俺が自分の頼み方が悪いみたいな反省しとんねん!



あーイカフライ食べたい。できればイカげそフライ食べたい。



以上。小さい男の小さい話をお送りしました。


でわ股。。
posted by 隊長 at 15:10 | Comment(12) | 日記