2017年06月14日

名古屋の人妻ヘルス


人妻ヘルスに行った話だ。

もう数年以上ヘルスには行ってないので随分と前の話になる。その店は名古屋の中心地にあった。名古屋の人妻ヘルスは普通のヘルスと違いやや怪しげである。まず人妻ヘルスなんで結構年齢層が高い。
その割には値段設定がやけに高い。何か起こりそうな予感がある、もし何も起こらなければただの割高な年増ヘルスだが結構何も起こらなかったりするんだねこれが、わはは(笑ってる場合か)

そしてもう一つ名古屋人妻ヘルスの怪しげな特徴としてあるのが部屋の鍵だ。なんだろねあれ。結構風俗系では個室に鍵掛けるのはご法度な伝統があるのだが(そもそも入り口に鍵付けちゃダメだったような、、)なぜか名古屋人妻ヘルスは嬢が部屋に鍵を掛ける。2人で個室に入ったあとで嬢がドアに振り向き『がちゃり』と鍵を掛けるのだ。

そして一瞬の静寂。

なんでしょうかこの『何かが起こりそうな予感』わ。。

で、結構何も起こらなかったりします。(あかんやん)
※もちろん普通のヘルスサービスはありますよ。
それ、入れてんのと一緒じゃねーの?っていうぎりぎりスマタもあります。

ただね、たまに何か起こるのは本当です。(意味深
高かったり低かったりする様々なハードルを越えれば何かが起こる場合が結構あります。まぁ言ったモン勝ちみたいなところもありますよね実際。



ご案内された俺はカーテンの向こうに居る魅惑の美女と対面した。
(お店のキャッチフレーズ)
『ああ、』と思いながら老化を、、間違えたよ、廊下を嬢と歩く。

「アンアンアンアンアンアンアンアン」他の部屋から漏れ聞こえる声

アンアン言うとる。
いったい何したら嬢がこんなアンアン言うねん。
ワシャこんなふうに嬢をアンアン言わす自信無いよ。
するとその俺の雰囲気を察したように嬢が言った。
「大袈裟だよね、演技丸出し(笑)」
ははっ。ぼくはこの嬢がすごく気に入りました。

素直にぼくは嬢に向って「君が気に入った」と軽く伝えました。
するとサービスの終わり際に特別な事が起こりました。
「君を選んでほんとに良かった、ぼくはすごくツイてた」
と、最初に言っただけですよ。

まぁ嬢がコンドーム用意してる時点でそんな特別でもないかもしれませんけど、、

この店はその2ヶ月後に閉店しました。
またこの嬢を指名しようかと考えていたのでしばらく残念でしたね。
他店に移籍してないかも調べたりしましたが結局見つけられませんでした。
まぁよくあるパターンですよ。

人妻ヘルス系は三振かホームランです。(個人的にはね)


でわ股。。






小出.jpg
小出大先生語録。※真偽は不明。






posted by 隊長 at 20:57 | Comment(10) | 風俗体験記

2015年09月16日

アフタヌーソの閃き


あるアフタヌーソ。

俺は急にンープに行きたくなった。(ソープな)

いや、なにか遠くから呼ばれてるような気がしたのだ。


プルルルル(電話の音)

「夜だがあるのか?」 俺
「1人しか空いてません」店員A
「よし、何でもいいそいつを押さえろ」 俺
「御意のままに」店員A

一応言っておきますがこのご時世で平日の特殊浴場です。そんな流行ってません。むしろ流行らないから出勤が少ないのです。流行らないから女の子も集まらん、という悪循環なのです。でもね最近は劇的にHが割と本当に好きな趣味嬢がソープには増えています。ええ俺(だけ)の浅すぎるデータですけどね。うん、19の俺の未来予想図ぐらい浅い。こないだの麻雀の駆け引きぐらい浅い。いやそれはまぁいいけどそういうデータからすれば「あらやだ〜」みたいな意外なお宝嬢に当たるケースもあるんですよ。うんそんなお宝特浴嬢は日本の宝やね、宝田明やね。(宝田明カンケーねぇ)

まぁともかくその売れ残り、、いや違ったお茶ひき、、いや残り物?いやいや。
とにかくALLフリーで誰でもいいから押さえといてくれ、と言うことですよ。ほら俺って博愛主義じゃん?フランス人じゃん?(仏国に謝れ)





おしまい。






ん?



プレイ内容?

えー聞くのそれ?

まぁ。。





ご対面 = 『うわぁ』(膝から崩れ落ちた男)


「ナマでする?」 嬢
「いや是非ともゴム着きで!」 俺
「ナマでもいいよ」 嬢
「つ、け、さ、せ、ろ、」 俺




なんだろう?
もしかして俺ってバカなのかな?

て言っても俺って博愛主義じゃん?
ナポレオンやん?(叱られるぞ)





なぜかナマでしてきました。(しかも2回な(ニヒル




お、し、ま、い


※人生終了って事じゃないから!(涙声

posted by 隊長 at 19:04 | Comment(4) | 風俗体験記

2014年07月29日

女体のアミューズメント力。


例によって弾丸ツアーで大阪へ行ってきた。
おっと、これは出張ね、シャチョサン、ビジネスネ。

うん。お仕事じゃないの。
むしろ強引にお仕事をぶん投げて行ったの。そりゃあもう投げっぱなしジャーマンってぐらいに無責任にぶん投げて行ったのよ。

今回は珍しく友人が1名帯同。
ただし俺たちはほとんど別行動である。(抜き以外な)
ヘタすると現地集合、現地解散みたいな。

それがまた珍しく同じ電車で行きました。
そこでしばらく人生の意味と言うか、「生きる」という事について話した。(全然違うが)

「ハリポタ一色だね。おかげで電車は込むし人は込むし、学生夏休みだし、宿取れんし散々ね」たいちょ
「USJっていくらなん?」友人
「6000円ぐらいじゃね?」たいちょ
「それは高すぎるだろ。」と言って友人はアイほんで検索。
「税込みで6970円だって」友人
「おいおい、もうちょっとで信太山行けるやんけ」たいちょ
「さらに+4000円ぐらい払うと人気アトラクションに優先的に入れるってさ」友人
「アコギやなぁ。それならかんなみ行ってもお釣りくるやん」たいちょ



俺たちは丸1日遊ばせてくれる約7000円のUSJをDISり、合計11000円で人気アトラクションを幾つか指名できるサービスをDISりながら大阪へ向かった。

1日遊べるんだよ?

USJを高いわボケ!と言いながら俺たちは15分7500円の信太山に金を払う事に躊躇しない。
30分(ぐらい)で10000円で指名が出来るかんなみでも金を払う事に躊躇しない。

そう思うと女体のアミューズメント力というものに感服せざるを得ないのです。

女体ってすげー。ホントすげー。

と言う訳で今回は天王寺駅で乗り換える時にアベノハルカスをチラ見して「ふん」と思いながら信太山へ行きました。なお女の子はパイパンでした。なぜか2連続でパイパンというキセキが起こりました。

ぼくはフサフサが好きナンすけどね。

「あ、これ剃ってんじゃないね、脱毛だよね。『V.I.O』全部やったの?詳しい?あはは。俺ってば無駄に女子力高いからあはは(そうでもない)」たいちょ

てな訳で脱毛女子と脱毛についての話に花が咲きました。

咲かせてんじゃねーよ。


でわ股。。まさに股。。



あ、お仕事じゃないとか言ったけど、ここで記事を書く以上、お仕事とも言えなくもないよね。(違うだろ)

posted by 隊長 at 10:08 | Comment(2) | 風俗体験記

2014年06月26日

大阪から景気を占う。

と、言う訳で大阪へ行ってきました。

毎度の事ながら弾丸スケジュールです。

定期的な大阪遠征は趣味もありますが本物の街角景気指数を自分で見定めるという大義名分もあります。
政府の発表する景気指数なんてもんは全くアテにならんので自分の目と足で確かめないとならんのです。
(当然チンコでも確かめるがな)

結論から言うと難波界隈に関して言えば景気はよくありません。ただ、テナントを壊して新しい店が入るなどの新陳代謝は活発です。(ただこれは昔からなんですよね)
付け加えますと外国人観光客の数は凄まじいです。観光産業においては良い事と思われます。
よく外国人が多く来ると治安が心配と言う声も聞きますがミナミ界隈においては大丈夫です。むしろ返り討ちにするだけの潜在能力がありますから。(知らんけど)

ただ観光で潤うというのも、彼等も安宿に泊まるバックパッカーが多く見受けられるのでそこの所はどうでしょう。奴らは西成の安宿(安過ぎる)にも平気で泊まられますからね。(カマ?カマノドコガ危険ナノ?みたいに)

さて、

週末だというのにミナミに人が少ないんですよね。

前回来たのは確か3月の最終週でした。(最近ぢゃねーか)
いいえ、そこから大きな変化があります。消費税増税です。
しかももともと内税だったのを外税に表記を変えるだけの業者が続出して全体の値上げ感が半端ないです。

まぁそれはさておき前回の増税前に比べると人が激減しています。
ホントアジア系観光客の方が多いんじゃないかと思うぐらいです。その中でもガールズバーらしきキャッチは昼間から俺をピンポイントに狙って声を掛けてくるから不思議です。俺ってやっぱコテコテの日本顔なのかね。
ていうか昼から飲み屋のキャッチすんな!それも「キャッチにあったら警備員に相談してくださーい」と拡張器で注意喚起してる横で声かけてくるから彼女らも逞しいね。

ていうかそんな必死にならんといかんほどそんな景気良くないの?


なお、アベノハルカスとかUSJは混雑してるそうです。(これは文字通り股聞きな話w)









で、今回はかんなみに行った。




あ、く、ま、で、景、気、の、ちょ、う、さ、な、の!





人居ねぇ。(夜9時半)




いや居るけど少ない。お決まりの冷やかし野郎共も居ない。
心なしか嬢の出勤も少ない。

まぁそんな中。

1周すると俺のハートに電気が走った。(チンコだろ?)
ひと際若い、いやむしろ幼い、オーストラリアじゃアウトだろ?的な女の子が居たのである。しかもミニモニ。じゃんけんぴょん。な(背格好の話ね)


ていうか、お前はサービス悪いから若い子いややと日頃言うてるやん。


無視


「歳いくつ?」


俺が聞いたのではない。
嬢に聞かれたのだ。だから正直に答えた。

すると。。

「じゃぁ、わたしと22歳違いだね」 嬢

な、なんてこった!
俺は加藤茶か!(そこまでではないだろ)

平成6年生まれって事?それ最近。それ最近の話だって!
Hey! Say! JUMPやーん。(関係ない)

ていうか本当はもっと若いんじゃないかと疑ったぐらいである。


あらまぁ良い脱ぎっぷりだこと。
ほんの少しだけ何も無かった自分の青春の1ページを取り戻したような気分だった。
なお、サービスは最低でした。


でもそれがなんだ!?って話!ですわ!

平成6年生まれの風俗嬢にどんなサービスを期待しろというのか?
思い出の他に何が残ると言うのか?(しまったこれは尾崎だ)


やばい。軽いダメージを受けている。


もぅマヂ無理。。。
かすうどんでも食べょ。。



だから年相応の子にしときゃ良いんだよ。(それはいくつなのよw)


またひとつ勉強になった。
なお、かんなみの値段は変わって無かったので安心しました。そこは評価する。



そのあと真夜中にタイ古式マッサージに行ったのですが70分古式+足ツボマッサージで6000円。
みっちりやってもらってなんてお得なんだろう、と思いました。
ていうかミナミは全体的にチェーン店じゃない所は値上げしてないトコが多かったです。
俺はそこに関西人の気概を見たのである。素晴らしい!
蛇足ですがかんなみの嬢はナンバから歩いてすぐの1ルーム(ユニットバスでない)に住んでいて家賃4万5千円だって。お値打ちですよね。。

でわまた。。


ああ、そういえば大阪行く前より帰ってきた時の方がお金が増えてたの。
そんな自分の博才に感謝いたします。






iphone から送信  ← 噓です。なんとなく書いてみたかったのw
posted by 隊長 at 17:51 | Comment(4) | 風俗体験記

2014年05月29日

すこっしも寒くないわ♪


激安ピンサロ行くやん、ヒドイ目に遭うやん。
「もう2度と行くかボケ」ってなるやん。
しばらくすると忘れるやん。
「今回は可愛い子に当たるかもヤーヤーヤー」って思うやん。
激安ピンサロ行くやん、ヒドイ目に遭うやん。
「もう2度と行くかボケ」ってなるやん。 ← イマココ 



ユアマソウソウ、いつもすぐそばにある、ゆずれないよ誰も邪魔できっない。
か、ら、だ、中、風を集っめて、まきおこーせ。嵐!嵐!フォーディーム。


その日はそんな嵐だった。


『何もこんな日に行かなくても』、と誰かが言った。



『えー本日のぉワタクシ共の祝い事のぉ為だけにぃ、足元の悪い中ぁ、あー、また皆々様の貴重なお時間をお借りする事をお詫び申し上げると同時にー、うー、誠に恐縮でありますっ!』(絶叫)



いやいや足元が悪いとかいうレベルではない。
何しろ吹きすさぶような雨なのだ。傘が守ってくれるのは上半身だけで靴はおろかズボンも濡れてしまう。
車から降りるだけで勇気がいるような風とアメダス。

『何もこんな日に行かなくても』、とまた誰かが言った。


いや、


「こんな日だからこそ行くんだよ」、とぼくは言った。





俺は下半身濡れ濡れでピンサロの前に居た。
先っちょもヌレヌレである。

相変わらず雨と風がすごい。とくに風がすごい。





なぁーにぃーもぉー!こぉわぁくぅーなぁーいぃぃっ!
風よぉっ、ふぅーけぇぇぇーーーーーーーーーーーーーっ!!!!

す、こっ、しも、寒くないわ♪  バタン(ピンサロのドアが後ろで閉まる音)





ここはカオスだ。

花びら大回転するんだもん。多いと4人付く。
で、7千円弱なんだから激安にもほどがある。レベルはお察し。
でもね、俺ぐらいの上級者になってくると可愛いとか若いとかどうでもいいの。(よくないだろ)
俺の前の席では別料金を払ったお客が三輪車プレイを愉しんでいた。
※客1人に対して3人の女の子がフィニッシュ時に付くって事ね。

カオスだ。それなんてエロゲ?それなんてAV?

それも周りの客に見えるとか。。

そしてだ、まだ俺のトコの嬢が付いてない訳だからあの前の3人のうちの1人が俺の担当になるのです。
なるのです。。なんだかな。。

暗くてよく見えないけどあの子だけはやめて、お願い神様。

「こんばんわ」 嬢

よし、あの娘じゃなかった。ふぅ。
そして気持ちの良さそうな子だからOK!(キモチって気持ち良いの方じゃないよ、心の方だよ)

だんだん目が慣れてくる。

うーん、なんだか誰かに似てるなこの子。この子とかって言ってるけど年上かもしれんがw

どこかで見た事かある顔に似てるんだが思いだせん。
まぁでも良い子でした。不満はありません。楽しませてくれる人ならOKなの。
そのあと3人の女の子がめまぐるしく交代で来ましたがフィニッシュは最初の子と決まっています。
あまりのカオスぶりに初めて来た人は、わけワカメな事受けあいですが俺はベテランなので勝手知ったるものです。

「お客さんでお酒飲んでない人珍しいよ…」

と、嬢が言った。
うん、酒の勢いが無いと入れない店である訳だね。(お察し)
まぁ他のヘルスとかだと酔っ払いお断りとかあるしね。うんうん。

- お見送り -

女の子がドアのトコまで見送ってくれます。
そしてそのドアが開いて振り向いた時にこそその嬢の全貌が明らかになるのです。
うん。『振り向けば奴がいる』ヤーヤーヤー。的な。

『あっ』(心の声)

『うん』(2度見)

分かった誰に似てるか!

カピパラさんや。(ある意味愛らしい)





すこっしも寒くないわ♪ バタン(ピンサロのドアが後ろで閉まる音)



















カピパラ.png

さむいっちゅーねん。


でわまた。。
posted by 隊長 at 18:55 | Comment(2) | 風俗体験記

2014年03月25日

ピンサロ話。。


あ、オレオレ!元気?あ、オレ? …あはは。



どうも、隊長です。


一時期、ピンサロの話を頻繁にしてたら広告代理店からこんな内容のメールがきた。


『ピンサロのネット広告ならウチにお任せください!』 ○○広告会社


って誰がピンサロ経営者やねん!

まぁそれはさておきピンサロ店の看板キャッチコピーで今までで一番心が揺さぶられたのがこれです。



「キャンパブ○○」 年中ムギュっと営業中!

※名古屋圏ではピンサロをキャンパブ(キャンパスパブの略)と呼びます。



うん。思わず入りたくなるよね。そりゃムギュっとされたいよね。
さらにその店が年中無休である事と何屋なのかが同時に分かるナナメ上かつ秀逸なキャッチコピーだと思う。

ところで、、、

ところでピンサロと言えばだ。



ショックだ。

たまーに行くピンサロが消費増税に伴い4月1日から300円値上げするそうだ。残念なお知らせではあるがあえて言わせてもらうなら、その中途半端な値上げ幅がこの店の良心でもあり気概でもあるのだ。本来なら500円上げたいところだろう。それが『300円』という数字が断腸の思いが伝わってきてもはや粋なのである。何と言ってもここは19時までに入れば40分6000円だったからね。ああ土日もだよ。土日だけ値上げしてる風俗店なんて潰れてしまえばええねん!いやマジで実際。


で、そこで付いた嬢なんだけど、、久しぶりに『君とは暗闇で出会えた事を感謝するぜHAHAHA。』 みたいな嬢だった。まぁ察してくれ。でもね、俺は付いてくれた子にはその時間内は恋するの、で、店を出ても恋してたらオキニになるんです。よく考えたら射精したあともまだなお、心が惹かれてるってすごくない?行きずりは勿論、自分の彼女だって射精したあとアレ?って思うメカニズムが男にはある訳だしさ。

で、まぁ恋に落ちた嬢なんですがね(落ちてねーよ)分かりやすく言えば見た瞬間に『あ、オレ相撲なら負けるな。。』と思う感じです。まぁ可愛らしくはあったので何とかそこに恋する事にしました。

その嬢の巨乳はアバラを遥かに飛び越えてヘソぐらいまで来てるんじゃねーか?というぐらいの巨乳。巨乳と言うか爆乳?いや練乳?いやいや全然違うわ!むしろ固くて重かったです。肩コリするだろうな、と本気で心配しました。

いいんですよ!

だってね、帰るときに違う嬢とすれ違ったけどね、『あ、オレ今日の子が付いてラッキーだったかも』って思ったもん。

しかし値上げラッシュやなぁ。
よっしゃ便乗値上げや。俺のサイトも値上げするぞ!

ってタダやん!もともとタダやん!

だから4月1日以降もみんな遊びに来てね☆


でわ股〜
posted by 隊長 at 09:35 | Comment(6) | 風俗体験記

2013年12月23日

チバリヨー

寒いですね。

外のトイレで立ちションしようと思ってチャックから手を入れたんだけど縮みすぎてなかなか見つかりませんでした。いやマジで。マジで手探り状態。メガネ、メガネ、みたいな。いやマジで。(むしろ嘘であってほしいわ)

どうも、隊長です。

そういや、12月の初めに大阪行ったんですよね。
体調不調で書きそびれてたので今書きます。

強行日程で大阪へ行きました。

それであくまで『関西の女の子』と、『お、は、な、し、』がしたくて某料亭へ行きました。えぇえぇ、俺ぐらいのトップクラスの、言うならば全盛期のアイルトンセナのようなチンコを持つ男はですね。15分で射精をしてシャワーを浴びて、なおかつ女の子と『お、は、な、し、』する時間も残せるほどに調整できるんです。ええ俺ってホント何かとデキル男なのです。(ただの早漏やがな)



何度も言うが、俺は関西弁と女の子と『お、は、な、し、』がしたかったの。



- デキル男の余った時間 -


「大阪の人?」たいちょ(にこにこ)

「えっ?ずっと千葉だよ」嬢



ちば?



千葉だと?



ちばりよー



違うそりゃ沖縄だ、随分と南に飛んじゃってる。



立てー、立つんだ、ジョー


それは『ちばてつや』明日のジョーだ。



「アタシはぁ。走るのがぁ大好きなんですよぉ。」(アニメ声)

そりゃ千葉ちゃんだ。文字だからボケが全く伝わらねーよ。





とにかく俺は関西弁の嬢に萌えたくて来たのに千葉とは何だ千葉とは。
ディズニーやんロッテマリーンズやん。中山競馬場やん、有馬やん、外したやん。
※千葉の方気を悪くなさらないよう。その日の気分ですから。


まぁ良いか。もう射精しちゃったあとだし。



「この辺りって和歌山近いけど超ガラ悪いの。あたし心斎橋に住んでるけどここ超ガラ悪い。」嬢

「あ、 尼崎より?」たいちょ

「ああ近い、でも尼崎よりガラ悪いかも。」嬢


そうかな?


「何度も歩き回ったけど一切そんな感じしないけどね」 たいちょ


「ううん。来る若い客、みんな超エグザイルなの!」 嬢


なんだ超EXILEて。

「どうみてもエグザイル好きでしょアンタ的な人が多いの!」 嬢

男でそんなエグザイル好き多いかスゲー疑問なんだが…

ていうかキミのその統計は、店の客限定やないか…


まぁいいや。。


と、言うわけで信太山の若い客はみんな超エグザイルだそうです…
※あくまでこの嬢の私感です。





ああ今年もカウントダウン入ってきたなー。


仕事終わんねーなー。


「みんなチバリヨー!」隊長より ※沖縄方言の頑張れの意


でわ股。。
posted by 隊長 at 17:04 | Comment(4) | 風俗体験記

2013年07月16日

誰やねん。。


どうも、隊長です。

俺には得意の奥義があります。
一般に知られる指名奥義としては気に入った女の子に出会ったら3日以内に再び入るというもの。そうすると嬢も忘れていないしすぐにまた来てくれた客という事で深く記憶に刻まれる。オキニと常連という関係の完成である。(そもそもそんな奥義あるんかい)

俺の場合まったく忘れた頃(半年〜数年後)に行くという奥義である。

ていうかタイミングが合わなかっただけなんですがね。
しかし『前に入った事あるよ』というと女の子が割と慌てます。思い出せなくて申し訳なさそうな雰囲気になります。でもこれもまたある意味覚えてもらえます。で、脱いでチンコ見せると『ああっ!あの時の!』みたいな。ってなるか、バカ!そんな記憶に残るような粗チンぢゃねーよ。(見栄晴)

まぁいいや。

ただ、単に遠いから行けなかったとか、久しぶりにお店のHP見たら、『まだあの嬢居たんだ』という感じで懐かしさと良かった思い出が蘇ってきたりして再び入ったりするだけの事です。そう、、思い出は美化されます。まるであの初恋の廊下の出来事のように。(どの廊下だよ)

そんな訳で実に3年という月日を挟み再び入る事になった。
ていうかただ、今日の俺は失敗したくないから良い印象のあるその子にしたのであった。(保険的な意味で)


対面。   ※3年ぶり

















だ、誰だ貴様!







いやいや、まじで誰やねん。。
面影が無いどころの騒ぎじゃないぞ。

その子はとてもスレンダーでおっぱいも控え目ですごく大人しめな嬢だった。

しかしそこで対面したのは完全なベテランソープ嬢だった。
いや、多少のお肉は着いたけども結構スレンダーのままではあります。
しかし凄い巨乳になってる。それもすごく人工的な巨乳であります。
そして顔が。。
はっきり言って別人です。
だからといって可愛くなった訳でもないし、もう、うまく言えないけど別人なの。

よく初恋の人には会ってはいけないと言うけども。 ※初恋ではない

しかも、即尺プレイになってる〜


で、しかも。。。。


『そのままでも良いよ』


生OK嬢になってる〜



これがあの頃の君なら。
あの頃の君だったなら。。でも今は、、その、、着け、た、い。。


しかし、ああっ。


もう、、





















   *゚゚・*+。
   | 人 ゚*。
   | (_)  *。 もうどうにでもなぁーれ。
  。∩(__)  *
  + `(・∀・ )*。+゚
  ゚*。ヽ  つ*゚*
   ゙・+。*・゚⊃ +゚
  ☆ ∪~ 。*゚
   ゙・+。*・+゚












と、いう訳でナマでいたしました。

その後、冷静になってから(射精しちゃってから)考えたり思い出したり、話をしていくうちにヤッパリあの時の嬢だと分かりました。おっぱいは揉んでみると何となくというか明らかに人工的でした。
いったい彼女に、この3年間で何があったと言うんだろうか?途中まで名前が同じだけで別人だと本気で疑っていたんですが俺の知ってる3年前に聞いた彼女の情報が出てきたりしてやはり同一人物だったのです。まぁ深くは聞くまい。。


でも、さすがに「前に1度会った事あるよ」とは言えなかった。

だって君は俺の知ってる君じゃないもの…



股。。

 
posted by 隊長 at 17:07 | Comment(8) | 風俗体験記

2013年06月17日

隊長ビラビラをいじりに行くの巻。

アベノミクスが始まり棒アゲノミクスになりそして棒サゲノミクスへ。さらに期待された三本目の矢はなぜか俺に突き刺さり、俺の証券口座は真っ赤に火柱を上げております。このままでは俺の三本目の足も中折れしそうです。(そうでもないけど)

プクプクぷりーん。

どうも、隊長です。


てな訳で現実逃避をしつつビラビラをいじりたくなった俺は近場のピンサロへ行った。
安いメールイベントを見せると「そのコースは下のオサワリがありません」と言う。。まただ。詐欺メールやん。そんな事はどこにも書いてないやん。フルサービスコミコミ書いたるがな。じゃろう、に訴えるぞ。(相手されませんよ)

そんなやり取りのあとで今日はビラビラいじりたくて来たので高いコースを支払う。メールイベントの金額プラス5kだ。なんたる割高な森高千里(無関係)。シャワー付きの個室のヘルースへ行けるじゃないか!(じゃあ行けよ)


まぁ良いや、暗闇の中にご案内。


どうもどうも。かわいこちゃんだなぁ。(嘘&死語)
まぁ昼間の商店街ですれ違っても『あ、ピンサロ嬢だな?』と分かりそうなぐらいのピンサロでよく見かけるタイプである。

互いの服を脱ぎつつ俺のチンコを弄ばれながら彼女は言った。

「あたし今日アレだから下は触れないけどゴメンね」

ちょっとまて。
なんだその典型的な詐欺みたいな話は!
俺は今日、ビラビラの為に生きていてビラビラのために死のうとすら思っていた男やぞ。さっき5k高い割高な森高コースにしたがな。そんなのチェンジに決まってるやん。ワンアウト2塁バッター空振り三振でランナー飛び出してゲッツー。チェンジで次の回の味方の攻撃に期待やん。

が、すでにフル勃起で弄ばれてて理性が飛んでるので続行。ていうかもう咥えられてる。

おぅふ♪

もう止まらなーい。

で、出す。ドクンドクンドクン

賢者モード移行。


ビラビラは?ねぇビラビラは?


『やっぱあの時チェンジするべきだった、いやせめてコース変更はするべきだった、よし帰りに交渉しよう。やったるぞ!店員は聞いてはいけない過去を持ってそうなタイプだったけど…』心の声


〜嬢によるお見送りタイム〜


ってボーイがどこにも居ねぇ!
表に立ってた呼び込みまで居ねぇ!

嬢が出口のドアまで見送ってくれる。
嬢の顔を再確認。



できれば君とはこんな明るい場所には来たくなかったよ…


「じゃあね☆」嬢

「じゃ…あね…」たいちょ

ってもう絶対来ないけども…


店員は逃げ出した。
絶対あとで気付いたのだ、彼女が今日、下のオサワリNGだった事を。
しかしそうまでして金返したくないもんかね?
ていうかサワれるサワれないは別として時間で料金決まってるからお金返してはもらえないだろうけども。
そうそう、昔ピンサロの前のボーイに5000円ポッキリって書いてあったから「他にはかからんの?」って聞いたら「まぁまぁ詳しい話は中で」と入った瞬間に入場料2000円取られたあの感じが蘇る。ありゃ18年も前かよ。そりゃ隣のカヨちゃんも二十歳になるわ!

ぴゅるるるる。

『今思えばあん時はまだ景気良かったよなジョニー…』とチンコに話かける。(話かけねーよ)

6月の夜の外の空気はまだ冷たかった。



じゃあね そっと 手を振って!
じゃあね! じゃあね!
だめよ 泣いたりしちゃ
ああ いつまでも
私達は 振り向けば ほら 友達 ♪



と、なぜかおニャンコの歌を口ずさみながら俺は暗い通りに吸い込まれて行ったのであった。(色々と歳がバレるな)



でわ、股。。
posted by 隊長 at 19:24 | Comment(6) | 風俗体験記

2013年06月10日

総選挙の日の俺。

あっちゃんの悪口は言うなーーーー!

あ、どうも隊長です。
あっちゃんは出ないんでしたね。

AKB総選挙が行われているもなか(最中)いやさなか(最中)俺は大阪にいた。難波にほど近い場所に野暮用があったからだ。で、野暮用ついでに夜も9時過ぎになった頃、ツイッターでさしこが1位になった事を知った俺は尼崎方面に向かった。(さっしーは関係無いだろ)さて、そうあの尼崎だ。ちなみに尼崎は兵庫県ですが大阪であると思った方が認識としてはしっくりきます。

さて難波に話は戻りますが土曜日なのにやたら人通りが少ないです。『世間はAKB総選挙なんて大して興味ねぇよ』とかって冷めた目で言ってる人が多いですが実際問題としてどう見ても街中の人通りが少ないです。天気も良いのに店の入りも少ない。『みんなAKB総選挙見てるから土曜だけどお客さんが少ない』と、かんなみの嬢も言ってたもの。おっと行き先がバレたね。ってもうバレてましたよね。。

と、まぁそんな総選挙は観てなかった俺が言いますが、さしこの1位は「Hだってしたのにふざけんなよ!」というアイドル史上に残る名言中の名言を吐いたのが評価されたのだと個人的には思っています。まぁ観てなかった俺が言うのも何なんだけども…。とにかくスキャンダルでさらにのし上がるのはアイドルの王道かと思います。まぁ色々なご意見はおありでしょうが皆さんどうか真っすぐに受け入れてやってください。(お前は何者やねん)ていうか観てないやんお前。

ホントは観たかったの!
やむにやまれぬ事情があったの!(それがかんなみですか?)

と言う訳でね、かんなみへ行きました。

で、その途中にある自販機の写真。




値段がおかしい件.jpg




何やら見辛いかもしれませんがどう考えても値段設定がおかしいです。『お値打ち!』とわざわざ書いたコーヒーの左右のコーヒーの方が安いというひねりを加えたバックドロップ的な表示。自販機で50円はないやろ。そうすると90円の飲み物が高く感じるから不思議です。これがいわゆる欧米の恐れるデフレの中毒性というものです。

さて、かんなみ。

やはり歩いてる人が少ない。

さらに言うとここってガラも悪いけど冷やかしがやたら多いのも特徴なんですよね。しかし今回はなんだか冷やかしの姿はほとんど見られずどんどん店に上がっていく右ボクサータイプ、または右ファイタータイプが多い。(左でもええがな)どちらにしろ良い傾向です。

ふと目に入ったのがAKBの研究生に居そうな女の子。

突入。

ていうかまじでかわいい。痩せてる。20歳そこそこ。
ていうかまじでかわいい。許される事なら妹にしたい。(無理です)


こんな子がなぜ…


そうか、きっと親の借金でも背負わされてるとか、悪い親戚にでも騙されたとか、弟が難病で入院費を稼がなきゃいけないとかいうパターンだろう。うむきっとそうに違いない。

くー、泣かせるぜ。(たぶん違うよアンタ)

電気はパーパーに明るいままでローリングフェラにAV風の騎乗位。
不細工だったら電気消してくれと言いますけど何しろかわいい。ていうかどこでそんなテクニックを身につけたの?先週まで処女だったような顔してるけども。それどころかもしかしたらまだ処女なんじゃないかと思ってた。(嘘つけ)


で、なぜかSKEの曲が部屋でずっと流れてた。
何でもSKEが好きだそうで名古屋方面からきたと言ったらえらい羨ましがられた。
人の芝生は青く見えるというやつでしょうか。
ていうかSKEの研究生なら君なら入れると思う。割とまじで。だって俺の遠い、遠ーい知り合いにSKEの研究生いるけど君の方がかわいいしスタイル良いもの。年齢は若いけどね。



と、まぁ相当な思い出補正がされているので実物見直したらどこがやねん、という事になるかもしれません。


そんな総選挙の夜。


股。。
posted by 隊長 at 09:20 | Comment(0) | 風俗体験記

2013年01月16日

ピンサロ伝説。。

名古屋圏ではピンサロではなくキャンパブと言います。(豆)

どうも、隊長です。

正月早々ピンサロへ行きました。
何年かに1回ですが正月にピンサロに行きたくなるのです。
ちなみにそこはギャル系のピンサロです。正直コアな読者さまならピンサロ?それもギャル系?と聞いただけでサービス的な面ではほぼ期待が無いと思うかもしれません。ええ、あなた正解です。
それでもなぜ俺が行ってしまうかと言えば、正月に近場でやってるトコが少なくてどうしてもSTD(スタートダッシュの略であって性病の事ぢゃねーぞ)を決めるという意味で風俗に行くならそこしか選択肢がないのです。
正直この店には色々と文句もあって、メルマガのイベントが安いと思って行ってみたら実はお触りナシの超やっつけコース限定で結局普通のコースを特別に1000円値引きまっせとかって言いくるめられたりします。

さて今回、メルマガのイベント画面を開きながら入店したわけですがやはり「そのコースには入場料と10時過ぎ割り増し料金と正月料金がかかります」という返答でした。
何が割り増し料金やねん。お前はタクシーか。
さらにイマドキ正月料金取るとか…
潰れろ。お前なんか潰れてしまえ。

と呪いをかけながら総額14000円を支払う男。(文句あるなら帰ればええやん)

ってどう考えてもピンサロで14000円って高すぎでしょ?
まぁ30分コースにしとけば11000円で済んだんですが、「おいこの俺が30分でおさまると思うなよ」と、いう訳で40分コースにした訳です。(これが大いなる伏線です)

で、出てきたのがちょいぽちゃギャルのかなめちゃん21歳(推定+3歳)でも若いしちょいぽちゃと言ってもホントに『ちょいぽちゃ』です。いわゆる出会い系にありがちな、『ややぽちゃのプロフが会ってみたら問答無用のぽっちゃりていうかただのデブでした隊長!』みたいな感じではありません。顔はつけまつ毛つけまつると言ったギャルで店内の暗さのアシストもありましてまぁまぁ可愛らしいし巨乳です。

で、まぁサービスが始まるのですがサービスってほどのサービスもなくイキナリ がふがふされます。

『あーそうだ。ピンサロってこんな感じだよね』

と、やけに冷静に考えながら身を任す。

すると嬢が口を離してティッシュで口を拭った。

「お兄さん、我慢汁多すぎ」 かなめ嬢

「すんません」 たいちょ

「そんな我慢しないでカルピス出して」 かなめ嬢

カルピスて。。
安いエロ本かお前は。逆に興奮せんわ。。
と思いながらも早くイッてほしいんだなと思い、早めに出す。

「かなめちゃんのお口にたくさん出すよ」 たいちょ

こちらも安いエロ本ばりに応戦。
ていうかコレ言わなかったらこの子たぶん最後手コキでおしぼり発射させてたと思う。
たぶんこの俺の予感は正しい。仕方なくかなめちゃんは口で受け止めた感じ。

男は負け戦を強引に勝ちへと導いた。(つもりのたいちょ)


「寝転ぼうよ、すごく時間余ってるから」 かなめ嬢

ggg…

いいパンチ持ってんじゃねーか、五輪目指して拳闘やってみるかい?

ここはソファタイプのピンサロじゃなくて寝転ぶ事ができるマットタイプのピンサロなのです。
まぁ時間は余ったけど若い女の子と新年早々ピンサロで並んで寝転ぶのも悪い気もしないものです。
で、結構真っ暗で、静かな音楽が流れる空間でもあります。そして時間は夜の11時。
あー射精しちゃったしなんかうとうとしてきたあーヤバイ、マジで眠たす。。ていうか30分コースにしとけば良かった。。眠い。。意識が薄れていく。。

「カー、クー、ぴーひゃらら、、」

と、隣から寝息が聞こえてきた。ってなんでオメーが寝るかな?
しかも本気で寝てる。ヘルスだったらイタズラしちゃいたいぐらい本気で寝てます。
しかしここはピンサロ。しかも壁は1mも無いので周りからは丸見えなのです。悪い事できません。
お正月だし。(関係あるか?)


ピピピピピピピピ

10分ぐらい経ったころでしょうか。サヨナラを告げるタイマーが鳴りました。

ピピピピピピピピ

かなめちゃんは起きません。

ピピピピピピピピ


気持ち良さそうに寝てるけども。起こそう。

「かなめちゃん!」 たいちょ

「え、んあ、?んん?んなに?」 かなめ嬢

なに?じゃねーよ。朝でもねーよ。お時間ですお嬢様。

「あ、え、うそ?寝た?まじ?あー起こしてくれてありがとう」 かなめ嬢


可愛いとこあるじゃないの。
で、見送ってもらう。

「またきてね☆」 かなめ嬢

「うん♪」 たいちょ (違う子選ぶけどね)




『隊長、ピンサロで時間を余らせて嬢が眠るの巻』 でした。

また伝説を作ってしまったわい。





そんな新年のSTD(スタートダッシュ)の模様をお送りしました。
※ダッシュしたのは射精だけですやん。


でわ股。。

posted by 隊長 at 09:43 | Comment(8) | 風俗体験記

2012年12月17日

脂肪を揉んだら叱られた話。。

おっぱいは脂肪なのかなぁ。。

何度も言ってますがおっぱいが好きです。
本当はお尻が好きなんだけどね。(どないやねん)

で、女の子のお腹の肉も結構好きなんですよね。
もしかするとおっぱいよりも好きかもしれんぐらいです。

ただね、わりと普通の体型でお腹にお肉があるのが好きなんです。

それで某イメクラに行ったときの事です。

そこでは目隠しの夜這いプレイを楽しんでいたのですが、この女の子が太ってないけどお腹にお肉がある子だったんですね。それで嬉しくなっちゃって女の子が座った状態だったんですがおっぱいよりもお腹のお肉をものすごく触ったんです。揉むのはもちろん上下にタプタプさせたりして楽しみました。
その後、目隠しを取ってから普通にサービスをしてもらいまして、非常に満足でした。

最後のシャワーのときに女の子がぼくのお腹の肉をギューッと摘んだんです。痛い痛い痛い。

「あなたもお腹に肉あるじゃん」 嬢

なんか顔見たら軽くキレてるんですよ。
どうやらお腹の肉を揉まれたのが凄いイヤだったみたいです。

『そうか、』と思ったんですが何となく何を言って良いのか分からなくて笑って誤魔化しました。
だって「お腹のお肉が好きだから」と言っても何のフォローにもならなさそうだし余計叱られそうな気がしましたもん。でも今思うと相当俺はその子のお腹の肉を揉んでたのかもしれません。上下にタプタプさせたのがまずかったのかな…。でも楽しかったんだもの。。



さて、久しぶりに欲しいアダルトグッズがある。

おっぱいだー!


ガチでリア乳作っちゃいました。
ガチでリア乳作っちゃいました。



本気で欲しい。
って12000円〜

たけー。本物揉みに行けるやんけー。でも欲しい。でもでか過ぎるような気もする。
商品の詳細を見ると揉んでる写真が凄まじく本物っぽいんです。
でも今の季節が。。触ると冷たいんじゃなかろうか?

これって壁に掛けられるでんすかね?

たとえば仕事場の壁にでもこれが掛けてあれば士気が高まる事間違いなしではないかい?



買うかもしれません。買ったらまたレポートします。


良いクリスマスラリーを。


でわ股。。


posted by 隊長 at 09:06 | Comment(4) | 風俗体験記

2012年07月04日

不思議ちゃんなソープ嬢。。

言いたい事も言えないこんな世の中じゃ。ぽいずん♪

どうも、隊長です。

まさかの2日連続の風俗体験記です。(書いてる本人すら予想外です)

当ブログのタイトルは「風俗裏奇行」になってるのに風俗体験記が少なすぎる事に今さらながら気付きましてね。少しぐらい風俗体験を書かないとただの「奇行」なオッサンになってしまうので連続で投下してみようかと思いました。





ソープで付いた子が不思議ちゃんだった。

まぁ付いたとか言ってるけど俺が指名して来店したのだけども。
と、いうのもこのお店に前回きたのですが、上がり部屋でボーイさんが(ハゲたおっさんだけど)俺に言ったんです。

「お客さんのタイプなら、このヒカリちゃんがお勧めです。次回は是非!」 ボーイ

なるほど。
ってお前は俺の何を知っているというのだ?
まぁ良い。乗っかってみよう。風俗で『店員のお勧め』とかで当たりだったためしはないけど。

と、いうような経緯からこのヒカリちゃんを指名する事にしたわけです。



ホアンファファファポワワワーン ←場面の切り替わる音




この子はアソコがとっても狭い子でした。
なんといっても俺がそう言うぐらいだからその狭さが分かるというものだろう。(泣くぞ)
かと言って名器だという訳ではないけどね。

この子はなんと言うか『天然』だった。
いや良い言い方しちゃったな。とにかく不思議ちゃんだ。
何かよく分からないコスプレをしていて手には謎のスティックを持っていた。
たぶん何かのキャラクターなんだろうけどそのキャラクターが何なのかまったくもって謎だ。
部屋に入るとその謎のスティックを風呂敷のようなモノに大事そうに包んだ。

きっと大切な物なんだろうね。。

彼女は不思議ちゃんと言うのかある意味宇宙と交信しちゃってるというのか、何を言っているのかよく分からない会話もありましたので適当に相槌を打っていました。(いつもの俺)

話の流れで彼女が前はヘルスに居た事が分かりました。


「みんながあんまり本番させろ、って言うからめんどくさくなってソープにきたの。うふふ。」 ヒカリ

「へー( ゚Д゚)」 たいちょ




で、上がり部屋。


ズズズ ←茶をすするたいちょ

「どうでした?」 ボーイ(おっさんでハゲてるけど)
「ええ。まぁ。。満足ですね」 たいちょ
「そうですか〜。私なんか彼女が何言ってるのかわかんないんですよね」 ボーイ
「あはは☆」 たいちょ&ボーイ

って笑ってんじゃねーよ。
そんな訳のわからん奴を俺に付けるな貴様。前回ぷっしゅしてきたやんけ。



まぁ良いんだけどね。。ズズズ ←茶をすするたいちょ



でわ、股。。



posted by 隊長 at 17:30 | Comment(4) | 風俗体験記

2012年07月03日

つっこみたいヘルス嬢。。

幸せには3つの瞬間がある。

『オナニーする前』 と 『オナニーしてる時』 と 『オナニーし終わった後』 だ。

って、し終わった後は微妙じゃないのか?


どうも、隊長です。
びっくりするぐらい関係ないけどヘルスへ行ったときの話。





「ご飯食べた?」 嬢

時刻は夜の9時だった。
今日は夕方4時ぐらいにコンビニのおにぎりを1つ食べたきりだった。

「まだなんだ。もう食べたの?」 たいちょ

「うん。お弁当持ってきたから。」 嬢

「へぇ。もしかして手作りとか?」 たいちょ

「うん。コンビニとかだと防腐剤が入ってるでしょ?あたしあれだめなの。口に入れるとすぐに分かっちゃうのよね。拒否反応しちゃうんだ。だから基本外食はヤなのね。だって知ってる?売ってる食べ物とか飲み物って全然腐らないんだよ。」 嬢

腐らないなら良いような気がするんだけど。。

そして話が終わると彼女はプレイに入った。
ねっとりとキスしてくれて。ねっとりとフェラしてくれて口の中に出させてくれた。

うん。なんか色々ツッコミを入れたいような気もするけど気持ち良かったのでいいよね?

「このあと何食べるの?」 嬢

「うーん。ラーメンでも食べて帰ろかな。」 たいちょ

俺の頭の中には豚骨ラーメンのばり固が思い浮かんでいた。
うん。替え玉もしよう。替え玉は普通麺でよろしくね。(勝手にしろ)

「ふーん。」 嬢
彼女の眉間に心なしかシワが寄ったような気がした。




俺の友人にね。

「俺は科学調味料が嫌いだから中華料理は食べたくない。」
と、言う奴がいるのだが俺は知っている。

『ヤツの一番好きな食べ物がカップヌードルだという事を…』
彼とはとても付き合いが長いからね。


なんか今回そのケースを思い出してしまった。



逆に言えば俺のチンコは腐ってないみたいで安心したけども。
あ、自然食品だから腐ってても問題ないのか!(食品じゃないし…)

どちらにしろそろそろ防腐剤でも塗った方が良いかもしれんな。。


でわ股。。
posted by 隊長 at 18:08 | Comment(0) | 風俗体験記

2012年06月21日

ヘルスにて候。。

「どうする?ここで1回出しちゃう?」 嬢

俺はシャワールームでヘルス嬢にチンコを弄ばれていた。
その前にキスから始まって乳首舐めとフェラをたっぷりされていた。

で、現在はローションを付けてヌルヌルと手こきされていたのである。
なお、今回は60分コースなので2回発射も可能なようだ。※嬢によるみたい。
嬢はイタズラな目つきで俺を見ていた。

「うん。どうしよっかな?」 たいちょ

うん、どうしようかな?
何となく今日は2回も抜く気分じゃないしシャワールームで抜くのはあんま好きじゃないのです。
ベッドじゃないとなんだかひどく損をしたような気がするからです。
でもなんかヌルヌルして気持ちが良いので出しちゃいたい気もしてしまう。



でも。




「いやあとにとっておくね」 たいちょ












どぴゅ。

言った2秒後に発射していました…














「あれ?なんで?」 嬢

なんでじゃないよ…、手を動かし続けるからそうなるんです…
というかコントロールできなかった。優しくヌルヌルされるのに弱いしね。

「んん…」 嬢
しかも彼女は言動と行動が伴わない俺にびっくりして手を離してしまったのである。
なんかまだ半分ぐらい残ってる感じ。。


ああ、なんか中途半端。すげー残尿感みたいな。。



で、、、


「…」 たいちょ


なんかとっても恥ずかしいんですけど。。










「出ちゃいました…」 たいちょ(照)

「気持ちよかったんだね」 嬢
彼女はニコニコしながらシャワーで流してくれました。優しい子です。

それでその後、ベッドで2回目を出させてくれました。


俺がヘルスに通い始めたのはこの嬢の優しい対応があったからかもしれません。
これはもう20年ぐらい前の話なんですけどね。
これが俺にとって『大当たり』な最初の嬢だったのです。



なんかそんな事を本日の雨の中で思い出しました。

ちなみにこの子を(と、言っても当時俺よりはるかに年上だったと思います)次の月に指名しようと思ってお店に電話したら「もう辞めました」という返事が返ってきました。もう会えないんだと思うとショックでしたね。割とリアルに落ち込みました。
同時に風俗では結構『一期一会』なんだな、という事も悟りました。
本当は次の週にでも会いに行きたかったんですが当時は『出ちゃった』のが恥ずかしかったんですよ。使える時間もその程度のお金もその当時はあったのに恥ずかしくて自分の中の時効を待ってた。
まったく。すぐにでも会いに行くべきだった。
本当。もし風俗で気に入った子がみつかったらすぐにでもまた会いに行くべきだと思います。とか言いながら俺も今、また会いたい風俗嬢がいるのだけどね。なかなか会いにいけません。何かが俺を止めるのです。もし居なくなったらひどく後悔するのが分かってはいるのですが。。

風俗好きなら一度は経験のある話かと思います。(早漏のくだりじゃねーぞ)


でわ、股。。

posted by 隊長 at 09:55 | Comment(6) | 風俗体験記

2012年06月01日

ヘルス嬢のあずちゃん

ヘルス嬢のあずちゃんはこの夏で27歳になる。ちなみにお店のプロフィールでは22歳だ。なお3年ほど前から22歳のままである。風俗ではありふれた話だ。

そんなあずちゃんも最近結婚を意識しているらしい。
なんでも彼女の母親が言うには30近くになると羊水が悪くなるので早く結婚して子供を産むように勧められているようだ。(それどっかで聞いた話やな。。)

「彼氏いるの?」たいちょ
「去年まで居たんだけどぉ。別れたの」
「残念だね」※出しちゃった後なのでとってもジョースター家状態の紳士な隊長
「彼氏と去年付き合って〜2週間経ってもセックスなくてぇ。これじゃダメだと思って私から誘ってホテル行ったのぉ。で、まぁヤッたんだけどぉそしたらぁ、、あたしヘルス嬢じゃない?結構長い訳ぇ。だからぁ大抵の男の人のタイプは知ってるんだけど、有り得ないほど気持ち悪いセックスだったの。わたしすぐシーツにくるまってタバコに火を点けて、ゴメン無理。別れてって言ったの」

『ピピピピ』※タイマー音

『プルルルル』※フロントからの電話

「はい。お客様お帰りです〜」あず嬢


えええええええっ!?


スゲー続きが聞きたいんだけど!
現役ヘルス嬢すら震撼させるセックスとは一体どんなんなんだよ!?

何だか抜いたけどスッキリせんな。。
まぁ無駄に俺が時間を余らせたからこんな話を聞く時間があった訳だけども…(ほっとけ)




で、彼女は結婚に向けて今年から生まれて初めて貯金をする事に決めたらしい。
というかヘルス嬢歴10年近くで貯金経験ゼロというのも愛すべき話だ。
とはいえ彼女が言うには「私は出勤少ないし指名も少ないから手取りはOLさんと全然変わらないよ」だそうだ。週に3日しか働いてないけども。。

なお現時点では貯金はまだゼロだそうだ。


なんかよくわからんが幸せを願う。


でわ股。。





業務連絡。

携帯アドレスが多いんですが俺の返信が届かないケースが増えています。
一応マメにメールチェックはしているので広告依頼以外にはすぐに返信が届くはずです。(1日以内ぐらい)
もし「返事がないよ。」とかありましたらご一報くださいね。間違って削除してしまうケースもありますのでよろしくお願い申し上げます。


posted by 隊長 at 08:55 | Comment(2) | 風俗体験記

2011年05月27日

クンニをする時、

「クンニをする時、目を閉じませんか?」


どうも、隊長です。

あらヤダ。またあいだが開いちゃったわね。

なんか頭がうまく回転しなくてですね、大人しくしてました。
ほら元々回転悪いじゃない?余計回転しないもんだから花びら回転みたいな、ね。
意味が分からんでしょ。うん俺も俺も。

で、あるからしてだ。ナニガ?

HPの更新に専念しておる訳です。しかも投稿レポートばかりだけど。
でも、今年は本当にたくさんレポートが届いていて嬉しいかぎりです。
そして皆様のバイタリティには感服いたします。


さて。


で、前回も言ったけどここ最近の俺は早漏なんです。
いや昔から、だ、け、ど、も、

にしてもコントロールが効かなさ杉様。

杉様なんとかしてもうホント。杉様関係あらへーーーーん。



先日ピンサロへ行った。(唐突ですが)

オープンフロアは大変賑わっている。
イベント発動メールを受け取った常連たちが駆けつけたに違いない。
俺もその選ばれし者の一人である。周りの光景は以下だ。


69を決めているもの。
マングリ返しをキメているもの。
しゃぶらせて頭を撫でているもの。
抱きついて舐めまわすもの。
酒池肉林の様。


アツい。アツ過ぎるぞ。








で、


1分で出した男。(俺)






嬢は後片付けをしていた。

「ちょっと待っててね。お茶持ってくるから」嬢※時間が大幅に余った為。

俺には聞こえていた。

『このお客〜らくwww』(嬢の心の声)

1スペースに1人残された俺は周りのアツさを感じていた。

69を決めているもの。
マングリ返しをキメているもの。
しゃぶらせて頭を撫でているもの。
抱きついて舐めまわすもの。
酒池肉林の様。


アツい。アツ過ぎるぞ。

で、

なんで俺だけこんなに寒いんだ?だれかカイロ持って来てくれ。
違う!心のカイロだよ店長〜




俺は店を後にした。
5月だと言うのに寒い風が吹いていた夜。


でわ股。。


※ちなみになぜこの日ピンサロへ行ったかについては次回の日記にリンクします。



最近更新頻度が高い読者レポートはこちらですとも。






posted by 隊長 at 00:00 | Comment(0) | 風俗体験記

2011年03月31日

嬢の名言、隊長の迷言。。

ある業界のある業種の嬢との会話。

「今年セックス何人目?」嬢
「じつは今日が今年初めてだったりして(笑)」たいちょ ※本番の事ね。

「きゃはは。まじで〜」嬢
「まじまじ。そう言われるとそうなの。んじゃ君はプライベートでは今年何人したん?」たいちょ

「ホンマはアタシもゼロ人なーん」嬢 ※関西の子
「うそうそ。いくらでも誘われるでしょ?」たいちょ

あたし仕事以外でセックスしたないモン」嬢

きた…

きたよ名言。まさかの名言。しかも名言中の名言(?)頂きました。
ちゅーかそれ、思ってても言ってはいけないひと言のような気もするが…



これはいかん。俺もなにか気の効いた名言を吐かねばならんだろう。

でわ。。

俺は相手を満足させなきゃならんセックスなら別にしたくはない」隊長

きてない…

こりゃきてないな… 

少なくともカッコよくはないな…(当たり前だ)

しかし発言的には彼女と完全に利害が一致しているような気もする。
ついでに言うと結局同じ事を言っているのではないだろうか?
俺たちは必然的に出会ったのだよ、ジョゼフ。みたいな。。(誰ですかそれ?)



でも違う…

たぶん違う…

なんか違う…


例えるなら『加藤あい』と『阿藤快』ぐらい違う…
似てるようで全然似てないって話。っていうか例え自体が間違っとるわい。。



なんだかな。。


でわ股。。
posted by 隊長 at 00:00 | Comment(4) | 風俗体験記

2010年11月02日

肌で感じる。。

「ホント、今景気悪いのよね」

ソープ歴20年(推定)のじゅん姐さんは景気の悪さをまさに肌で感じるそうです。
いやあなたが言うなら間違いないですよ実際。

世の中はどうなって行くんでしょう。

フと考えるんですよね、

もし俺が失業したら雇ってくれるトコはあんのかしら?
学歴はない。資格なんて運転免許ぐらい。特技はオナニーだけ。

俺なら使わねぇな、こんな奴。あっははは。



さてこんな時は勃起サプリ。(なんでやねん)

なにしろ当HP、勃起サプリの要望が相変わらず高いんですよね。
なので現在隊長は新しいブツで人体実験中です。

そもそも隊長が勃起サプリを探し始めたきっかけもソープでした。
ある日、ソープで2回イケなかったんですよね。。
これは当時ショックでした。
中2の夏に自分のチンコの長さを定規で測ったときぐらいショックでした。

さらに追い打ちをかけたのがそのとき付いた女の子の言葉でした。


「わたしに付いた男の人ってみんな2回イケないの…」
「さっきのお客さんもそうだった…」
「わたしヘタだから…」
「それでね…」(←死んだ魚のような目の女)







「今度のお客さんが2回イカなかったらもうソープ辞めるって決めてた」(←俺の事)



ちょっっと、まって、よ、(・∀・;ノ)ノ オオグロマキカ


やーめーてー、そういう事言うのーーーー。
アンタよりゼッタイ俺の方がショック受けてるってばよ。
それを俺が2回イかなかったからソープもう辞めるってどういう事だよ。
辞めるのはいいよ、もしかしたらイイ事なのかもしれないしさ。
でもそれを俺のせいにするのはやーめーてー。
俺だって2回いけなくて凹んでるんだよ。追い打ちをかけるな。崖から押すな。



まぁこんな訳だった訳です。そんな訳です。
だから強い勃起が欲しかったんです。


ちなみにその後、そのソープ嬢がどうなったかは知らん。知る由もない。
とか言いながら「また来るから辞めないでね」と、
心にもない事を言ってしまったような気がする。。
俺は昔から発言がテキトーだ。。


偉い人たちに告ぐ。
みんな懸命に生きている。聞こえているか?


でわ股。。


posted by 隊長 at 09:25 | Comment(10) | 風俗体験記

2010年05月10日

ちょんの間の話。。

GWも明けました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?
ナニ?5月病?
取りあえずオナニーして寝なさい。それが一番のお薬です。

さて、オナニーといえば、どうやら俺はしばらく抜かないとニキビ的な吹き出物ができるようです。今まで理にかなってたんだとしみじみ思う長い休み。(←カレンダー通りの休みの男)

GWは基本的には出かけませんでした。やったと言えばエロ本の仕分けぐらいです。でもエロに関しては完全に日本はぶっちぎりの1位です。ありがとうございました。



ちょんの間の話。(GWの話でなくて古い話)

某遊郭を歩いていたときの事。。。
一通りは冷やかして歩くのが俺の遊郭の歩き方。
ババァの呼び止める言葉には耳を貸さない。信じるのは己のシックスセンスのみ。(いつもそれでえらい目に遭う)


が、



「兄ちゃん、新人やで」

やり手ババァのひと言で俺の足は完全に止まっていた。
見ると確かに新入り丸出しな女の子が座っている。笑顔もぎこちない。
迷わず入るでしょう。

ババァいわく。

「この子、経験浅いんや。ほんで大きい人はまだあかんねん。わかるやろ?兄ちゃんは大丈夫か?」















「はい。大丈夫です!」















久しぶりに力強く自信を持って答えちゃったよ。
っておい、ばばぁ。俺を誰だと思ってるんだ?
粗チンの化身とまで呼ばれた男やぞ。(誰がじゃい)






30分後。。















俺の自信は確信へと変わった。


1999年の夏の事だ。



涙拭けよあの日の俺。(今もやんけ)


股。。
posted by 隊長 at 08:48 | Comment(6) | 風俗体験記